FC2ブログ
 

管理栄養士のローカーボ・キッチン

12月16日 オーソモレキュラー栄養医学の集い

オーソモレキュラー栄養医学は、
病気や不定愁訴など、
何か症状に対し、
投薬でその症状を一時期的、おさえるだけでなく、
その病気や症状を起こしている原因を
血液検査データをもとに分子レベルで解釈し、
過不足は栄養素という生命をかたちづくる分子レベルで整合しょうとする
根本治療法です。

海外では1960年代より、
精神疾患領域の治療として応用され始め、
今では、その応用範囲はほぼすべての医療分野に及ぶまでになりました。

現在、日本でも
多くの医師やコメディカルがこれを学び、
全国の医療機関(約2,400施設)において、
オーソモレキュラー栄養療法が日常診療に取り入れられてます。

オーソモレキュラー栄養学を学ぶ講座のうち、
国家資格有資格者向けの講座や、
栄養や食事指導に興味のある方に向けた講座の受講者が、
今回、一同に集う会が開催されます。

講座の受講者ではなくても、参加可能!とのことでしたので、
取り急ぎご報告いたします!

私は、当日、講座の講師を務める者として、
プロテインのとり方をご説明します!

プロテイン、苦手な方、多いです。
必要な方ほど、苦手です。
でも、ご安心ください!
無理ない飲み方、おいしい簡単レシピを盛りだくさんでお伝えします。

以下、事務局からのご案内です。
皆さまに、お会いできますことを楽しみにしております!!


_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

12月16日(日)東京開催

オーソモレキュラー.jpフォーラム
オーソモレキュラーを体現する勇者の集い!
~ドクター・プロフェッショナル・エキスパート・サポーターが一堂に会する祭典~

★大好評につき、会場を増席して申込み受付を延長いたしました!
https://www.orthomolecular.jp/info/seminar20181216/

/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

こちらは、オーソモレキュラー.jp関係者(ドクター・認定ONP/ONE・受講生)のイベントですが、

一般の方の方におかれましては、「ONS養成講座」、
https://www.orthomolecular.jp/ons/

または「ONE養成講座」の受講申し込みをいただくことでご参加が可能です。
https://www.orthomolecular.jp/one/

受付終了日は12月12日(水)となります。

一般社団法人オーソモレキュラー栄養医学研究所が主催する、
2018年を締めくくる最大のお祭りイベントに是非!いらしてください。

豪華プレゼントを用意してスタッフ一同、皆様のご参加をお待ちしております。

以上

スポンサーサイト

PageTop

らかん・果(東京 神宮前)

糖質オフしたい時、
でも
甘みを楽しみたい時、
クリニックでは、
食品添加物ではない自然派甘味料をおすすめしています。
サラヤの「ラカントS」です。

食品添加物に分類される
カロリーゼロ、血糖値もあげない甘味料も
多く目にしますが、
あまり1食あたりに量を摂取することなく、
ましてや、たまにしか甘味料を使用しないのであれば、
ティースプーン1杯の
自然な蜂蜜であったり、
自然なメープルシロップなど、
自然な甘味を楽しむようにしています。

普段の煮物などの料理には、
本みりんを使用することもあります。
発酵食品としての良さも、得られるのではないかと考えます。

そして、11月30日、
神宮前、外苑西通り沿いに、
「らかん・果」というカフェレストランがオープンしましたよ。
サラヤさんのお店です。
IMG_3688.jpg


ランチに伺いました。
ワンプレートに、和食を中心としたおばんざいが並びます。
IMG_3692.jpg
1200円です。

ご飯は、サラヤさんの「へるしごはん」と白米、雑穀米から選べます。
私は「へるしごはん」を選びました。
「へるしごはん」は、
血糖値を上げにく"高アミロース米"と食物繊維が豊富な"大麦"、
"うるち米"の3種をオリジナル比率で配合することによって、
カロリー・糖質をカットし、食物繊維を強化したごはんです。
https://family.saraya.com/herushi/

店内もおしゃれです。
IMG_3689.jpg

ディナーでは、前菜、サラダ、酒肴、主菜、ごはんもの、甘味など
アラカルトで楽しめるそうです。
お酒もありましたよ〜。

1階には、
羅漢果で甘みをつけたコンフィチュールや、
無農薬栽培された羅漢果の実も購入できます。

羅漢果は
中国の民間療法では、
あらゆる病の予防と治療に効果を発揮する不老長寿の神果とまでいわれています。
この実を煮出すと、
やさしい甘みのお茶になります。
花まつりの時にお釈迦さまにかける甘茶に似た味わいです。
羅漢果も、購入できます。
IMG_3694.jpg

カフェレストランで提供される全ての料理には、
砂糖は一切使わず、
羅漢果の甘味が使用されるとのことです。

糖質オフだけでなく、
できるだけ安心、安全な食材や食べ方を選ぶことも、
健康維持には、
血糖コントロールと同じくらい、
大切な要素であると考えます。

PageTop

昆布酢

IMG_3659 (1)
京都、下鴨神社の紅葉は、まだこれからかな、といった感じでした。

IMG_3658 (1)
ひとり足元をパシャり。

先週末、大阪での仕事の帰りに、
今春から大学生で京都で1人暮らしの娘と、
京都で待ち合わせして会いました。

京都駅ビルの地下街で買い物をしていると、
娘がなんと生まれてはじめて倒れてしまいました!!
私が近くにいたので、
倒れる際に、
頭と体を少し支えられたので、
大したことにはならなかったのですが、、、。
すぐに意識も戻り、
迷走神経反射が出たことによる意識喪失でした。

次の日、仕事があったので、
その日は、一旦、東京に戻り、
冷凍しておけば解凍して食べられそうなおかずをいくつか作って、
保冷バックに詰めて、
京都へ持って行って、
掃除をしたり、
近所のスーパーで買い物でして
夜ご飯を一緒に食べたりして、
昨夜、東京に戻りました、、、。

娘の部屋に行くのは今回が2度目で、
ちゃんとやると言っているのだから、
ちゃんとやるだろうと、
放任していたのですが、
おくってある食品はそのまんま。
サプリメントもそのまんま。
流石に本人は反省したようではありますが、、
その反省が続いて、
習慣になると良いのですが、、、

娘もそうですが、
料理を作ることに
興味がある方ばかりではありません。

若い女の子であれば、
仕送りが、
食費ではなく、
服やバックなどに消えてしまうこともありますね。

でも、食べるという行為は、そのまま健康に、命に、直結します。

しっかり、毎食、栄養を確保してほしいと願います。

栄養は、野菜ではありませんよ。
野菜も大事ですが、
たんぱく質があってこその話です。
たんぱく質も肉さえとっていればいいものでもありません。
EPA、DHAは脳機能に欠かせない栄養素ですが、
魚からしか摂取できません。

カルシウムやマグネシウムなど
ミネラル摂取に心強いのが大豆製品です。

そこに野菜や海藻、きのこ、こんにゃくなど
食物繊維を主食がわりに添えることが大事です。

主食は、エネルギー必要量に応じて、増減しましょう。
やせがあり、成長期であるなら、
主食は、たんぱく質を心身の材料にするためにも、
エネルギーとして有効活用できます。

ということで、前置きが長くなりましたが、
今回、紹介したかった、
昆布酢です。
IMG_3661 (1)

ドレッシングを作るようなガラスの容器を用意し、
中を清潔に洗ったら、
昆布をスティック状に切っていれて、
好みの酢を注ぐだけ。
冷蔵庫にいれて1日もすると、
昆布の旨みが酢の酸味をまろやかに、
特別な調味料のような味わいに大変身です!
このまま、薄めて飲んでも、さっぱり、しゃっきり美味しいです!

もちろん、
焼き魚にかけたり、
サラダにかけたり、
料理の酸味漬けに使えます。

昆布酢の良いところは、
酢に含まれる酢酸が、
昆布に含まれるカルシウムの吸収率を上げることです。

昆布には、カルシウムとセットではたらくマグネシウムも含まれます。
もちろん食物繊維も豊富。

つけた昆布は、
細切りにして、サラダにあえるなど、
汁を出したくないお弁当の酸味漬けに、
美味しく役立ちますよ〜

昆布酢、ぜひ、お試しください!

PageTop

グルタミン〜運動、腸管、飲酒〜

ご無沙汰しております。

先日の豆パスタ、まだ試食できていません、、

先週末、アスリートのための栄養講座に出席したり、
今週末、美容業会の方を対象とした栄養講座で講師をつとめるなど、
バタバタしております。

アスリートのための栄養素はたくさんありますが、
今日は、グルタミンのご紹介です。

アスリートだけでなく、
グルタミンは心強い栄養素です。

グルタミンはアミノ酸です。
体内で合成されることから非必須アミノ酸に分類されています。

グルタミンは
腸の粘膜の大事なエネルギー源です。
腸管のバリア機能を強化したり、
免疫力を高めるのにも不可欠です。
しかし、グルタミンは
ストレスで非常に消耗されやすいことが知られています。
ストレスとは、
例えば、
マラソンなど運動による身体的ストレスや
緊張などの精神的ストレスなど。

ストレスが続くとグルタミンが欠乏するため、
下痢を引き起こしたり、
風邪をひきやすくなったりします。

アスリートなど
ストレス過多であれば、
需要量は増しますから、
タンパク質をしっかり食べるだけでなく、
アミノ酸として
サプリメントで上手に補うのもオススメです。

またグルタミは、
筋肉低下を防ぎ、
筋肉痛や筋肉疲労を和らげるアミノ酸としれも知られています。
BCAA(バリン、ロイシン、イソロイシン)と
一緒に摂るとより効果的と言われています。

こうやってみると、
グルタミン、
やはり、
アスリートは特に摂取しておきたいですね。

大好きな野球も、
オフシーズンに突入ですが、
来シーズンに備えて、
みなさん栄養強化、頑張ってくださいね〜

そしてグルタミンは、
肝臓でのアルコール分解効率を上げて
二日酔いの回復に役立つとされています。
これは、ものすごく、実感したことがあります!
辛い二日酔いが、グルタミンを飲んだ後、みるみる回復して、
驚きました。

まあ、飲みすぎなければいいだけの話ですがね。
この数年、年々と、酒量が減り(正確には減らし)、
ほぼ、毎日、素面で床につく日々ですが、
たま〜に外で飲酒すると、
たま〜に飲みすぎて、
だいたいカラオケに行ってしまうほど飲むと、
翌朝、二日酔いになっていることが多いのですが、、、
引き続き、
飲み過ぎないようにして、
ヨガを継続して、
グルタミンとBCAAを味方につけておきたいと思います!

PageTop

糖質オフ&グルテンフリーの豆パスタ

JR恵比寿駅東口改札を出てすぐ左側のみどりの窓口の隣にある、
月替り?なのかな?
駅ナカショップが、
オーガニックコスメや食品を扱うお店に変わっていました。

そこで昨日、みつけたのが、こちら。
IMG_3644.jpg

原料は豆と水だけという
豆パスタです。
黒大豆を選びました。
高タンパク質、低糖質、高食物繊維。
ゆで時間は2分で、
時間がたってものびない、とのこと。
お弁当や作り置きにも良さそうですね。

栄養価がこちら。
IMG_3645.jpg

1食100gとありますが、
まで、茹でていないのでわかりませんが、
生野菜やきのこなどの食物繊維や、
ゆでた海鮮やチキン、ローストビーフなどなど具をプラスすれば、
1食50g程度でもよさそうな気もする茹でる前のボリュームです。

100gあたり
エネルギー 336kcal
タンパク質 43.8g!
糖質    12.7g
食物繊維  19.2g!

食物繊維、1日の成人の目標摂取量を、この100gで摂れてしまいますね。

お味は、、、、
近日中に、食べてみたいと思います!
改めてご報告しますね!

PageTop