管理栄養士のローカーボ・キッチン

お米の糖質を考える

先日、新潟、魚沼市へ伺う機会があり、
そちらでは、
せっかくなので
おいしいごはんを、いただきました。

帰りは新潟駅を経由して、
駅構内にあるお店で、
やはり、
ごはん(おにぎり)をいただく機会があったのですが、
なぜか、基本、
ごはんは大好きなので、
スルスルと食べすぎを心配しないといけないはずが、
あまり入りません。
体が、もう糖質はいいよ、
と言っていたのかもしれませんが、
そのごはんは、
もちもち感が、とても強く、
まるでお餅を食べているようでした。

ごはんは、
アミロースとアミロペクチンという
2つのでんぷんで構成されます。

アミロースが多いほど、
タイ米のように、
粘りや甘みが少なく、あっさりします。

逆に
アミロペクチンは、
もち米のように、
粘りや甘みが強く、もちもちしています。

現代のお米は、
粘りや甘みを追求し、
低アミロース米などに品種改良し、
冷めても粘りと甘みが強い、
アミロペクチンが多いお米が主流になっています。

しかし、稲作が始まって以降、
元来、私たち日本人(アジア人)が
主食として食べていたお米は、
現代の粘りや甘味を追求したお米でなく、
アミロースの多いお米です。

アミロースはアミロペクチンに比べ、
血糖値上昇がゆるやかになることが報告されています。

血糖の上がりがゆるやかであれば、
インスリンの分泌量も抑えられ、
肥満や糖尿病など生活習慣病の予防には、
適した主食といえるかもしれません。

昔の人はお米を食べていたのに、
肥満も糖尿病も少なかったとして、
糖質制限理論を批判されることがありますが、
肥満や糖尿病になる暇もないほど、
歩いたり、水汲みをしたり、農作業など
活動量が現代人より多かったこと、
に加え、
このように、
昔のお米は、質が違っていたことも考えられます。
しかも炊飯ジャーなどない時代、
炊いたごはんはおひつの中で一度、冷め、
さらに、
冷めたでんぷんは
消化吸収されにくいでんぷんへと構造が変化するため、
食後級血糖はさらに起きにくかったことも考えられます。

もちろん、
すでに摂取した糖質量に比例して血糖が上がる糖尿病の方や、
すでに体脂肪をたくさん蓄えていてそれをエネルギーとして
燃焼したい方は、
糖質の質より糖質の量を控えることを考えなくてはなりません。

生活習慣病の予防として、
肥満のない方や
成長期やアスリートなど
エネルギーが必要な方にとって、
主食は、
アレルギーの心配の少ない
お米から、
しかも、
品種改良されたもちもちの
いわばハレの日の主食ではなく、
あっさりした元来の昔のお米を取り入れるのも
良いかもしれません。

昔のお米の特徴を引き継ぐ
【ミナミニシキ】というお米をみつけました。

http://oita-shizen-kome.com

熊本県で農薬、肥料、
その他資材を一切使用しない自然栽培歴10年、
かつ自家採種歴15年以上のお米です。
さっそく、取り寄せ、先日、食べてみたのですが、
たしかに、
子どもの頃、食べていたお米の感じで、
あっさり、さっぱりしています。
もちもち感はないけれど、
食べやすく、香りがよく、
からだが重く感じないお米でした。

今日は、ひなまつり。
こちらのお米に、
たけのこ、こんにゃく、しいたけ、こんぶなど、
具沢山の食材を混ぜ込んで、
ちらし寿司をつくって、
糖質を摂りすぎないだけでなく、
文化や美味しさも楽しみたいと思います。

そして糖質(エネルギー)を摂取するならなおさら、
筋肉をつけて、筋肉落とさず、
からだを動かし、
エネルギーを消費することも
心がけておきたいものです。
スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

進化と退化

お米に限らず、野菜や果物も昔はもっとエグく、苦く、渋く、酸っぱく、辛く…、子供が揃って顔を背ける食べにくいものでした。売れるからと、甘くて食べやすい農作物を、つくり、結果的にそれだと糖質が過多になるからと、次は糖質の低い商品に走る。なんだか、最近の食生活って企業の儲かる仕組みにまんまとはめられてる気がしますね。新聞や雑誌でいいこと書いてるなってのは大体記事広告だったりするし。そういう社会の事情をいつも大柳先生によって気づかされています。本当に体が求め、必要なものを社会の企て(大人の事情)に、騙されずに見つめていきたいです。ちなみに、今日はひなまつり。一歳の娘にエリスリトールを使って、優しい味のケーキを作りました。エリスリトールのご紹介などいつもありがとうございます。

いのうえまきこ | URL | 2017/03/03 (Fri) 11:40 [編集]


いつも大変役に立つ記事をありがとうございます。

私は糖質制限食の補助として鉄、VB、VCのサプリメントを摂っていますが、まだATP不足のようです。あまり沢山のサプリメント摂取には抵抗があるのですが、脂溶性のVAやVEも必要なのかなと思っています。
特に天然型のVEは更年期対策にもなるような気がしていますが、脂溶性となると過剰摂取も気になります。
お手すきのときにアドバイス頂ければ嬉しいです。
いつも質問ばかりさせていただき、申し訳ございませんm(__)m

まりりん | URL | 2017/03/06 (Mon) 16:08 [編集]


 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)