管理栄養士のローカーボ・キッチン

「糖質制限」で末期がん患者の8割が改善

今週は、自宅にこもって
ずっとスライドやテキスト作りをしております。
なのでヨガもキャンセルし続けております、、、。
東京、吉祥寺は、昨日、雪もすごかったです。
まだ家の屋根や車には積雪が残っています。

そして週末は
沖縄県宜野湾市で糖質制限食の講演会が開催されます。
低血糖症の糖質制限食についておはなしします。

あらかき美容医学研究所主催一般講演会[沖縄県宜野湾市]
テーマ『パニック・うつ・発達障害・不妊症・動悸…低血糖の症状と治し方』※PDFファイル
日時:2016年 11月27日(日) 14:30~16:30(14:00 開場)
会場:沖縄コンベンションセンター 会議棟B1
( 〒901-2224 沖縄県宜野湾市真志喜4-3-1 )
講師:大柳 珠美 先生(管理栄養士)
    定 真理子 氏((新宿溝口クリニック チーフ栄養カウンセラー)
    新垣 弘美 先生(新垣形成外科事務長、あらかき美容医学研究所代表)
定員: 500名
費用: 前売り券 ¥1,500
    当日券 ¥2,000
お申込み・お問い合わせ
http://www.orthomolecular.jp/wp/wp-content/uploads/d6074b34cdcbae1b9fca1dadb2e2a375.pdf

12月4日(日)は
大阪で栄養療法の講演会が開催されます。
こちらは定員800名です。
s_20161204_img_1.jpg


糖質制限の理論
糖質制限の実践
食事記録の読み取り方と問診のコツなど
まとめた内容は改めてご案内しますが、
糖質制限の実践においては、
とくに長い期間、
高血糖状態が続いていた方は、
抗酸化栄養の摂取も重要です。
また、
長い高血糖期間に
尿中に排泄され続けていたであろう
マグネシウム、カリウムなどのミネラル補給も重要です。
マグネシウム、カリウムの不足は、
心不全、こむらがえり、手足のしびれなど、
筋肉のうごきに影響します。

マグネシウム、カリウムは、
大豆製品全般、海藻全般、そして魚に含まれます。

マグネシウムとカルシウムと一緒にはたらく
ブラザーイオンと言われるミネラルですが、
肉食に偏る食事だと、
肉からリンを多く摂取するので、
リンの摂取によって
カルシウムの不足を招き、
マグネシウムとのバランスがくずれやすくなるかもしれません。

糖質制限で外食が多い方は、
ナトリウムの過剰摂取にも注意して、
ナトリウムの排泄を促す意味でも、
カリウム摂取が重要です。

いずれにしても、
基本は、
主食を食べ過ぎない、抜くなどしながら、
糖質制限によって、
食後高血糖をできるだけ起こさないようにすること。

ましてやトランス脂肪酸やリノール酸と一緒になって
しかもそれらの油が酸化しているであろう
パンやカップ麺、クッキー、スナック菓子からの糖質摂取は、
味覚しか満たされないかもしれません。

国際糖尿病連合が発表している
「食後高血糖に関するガイドライン」には
食後および負荷後高血糖は大血管疾患の独立した危険因子である
食後高血糖は、酸化ストレスを生じ、血管内皮を傷害する
食後高血糖は、認知障害に関係する
食後高血糖は、がん発症リスク上昇と関連する
ことが明記されていますが、

週刊ポスト2016年12月2日号に
『「糖質制限」で末期がん患者の8割が改善 衝撃の研究結果』
が掲載されました。

「19人の末期がん患者に抗がん剤などの既存の治療と、糖質制限による食事療法を3か月続けたところ、
がんの症状が消失した完全寛解が5人、がんが30%以上消失した部分奏効が2人、進行を制御した例が8人、一方で病状が悪化した例は3人という結果でした。完全寛解率28%、部分奏効や進行制御も含めた病勢コントロール率(治療効果のあった患者割合)は実に83%に達しました」

とのこと。

世界初の臨床研究を行なったのは
多摩南部地域病院外科医の古川健司先生です。

精製、品種改良された消化吸収の良すぎる糖質食品が、
いかに、
ヒトの消化管機能にまだ適応できていないか、
いかに
現代病の発症に関係しているかということを考えさせられる
貴重な研究ではないでしょうか。

スポンサーサイト

PageTop

『ためしてガッテン』を整理する(2)


先日、
NHKで放送された
『ためしてガッテン
追跡!糖質制限ダイエットの落とし穴』
の中で、
糖質制限食が血管障害を引き起こす
という問題が提起されました。

糖質制限の何が血管障害を引き起こす可能性があるのか。

血管障害を引き起こすリスクとして知られているのが
食後高血糖です。

血糖値を上げる栄養素は糖質です。

食後高血糖を引き起こさないためには、
カロリーではなく、
糖質の摂取量を減らすしか方法がありません。

どのくらいの糖質量が、
血管障害を引き起こすほどの
食後の血糖値を上げるのかは、
個人差が大きいと思います。

少なくとも、糖尿病の方は、
お茶碗に軽く1膳の
たった100gのごはんでも、
食後血糖値は200mg/dlを超える方が多いと思われます。

我が家の糖尿人も、まさに、そうです。

クリニックの患者さんの中には、
糖尿病の診断されなくても
(空腹時血糖値は正常範囲。HbA1cも正常範囲)の方でも、
75g経口ブドウ糖負荷試験(75gOGTT)の結果、
食後1時間〜2時間にかけて、
血糖値が200mg/dlを超え、
機能性低血糖と診断される方が大勢おられます。

そういう意味では、
血糖に関する検査は、
空腹時での検査より、
普通に主食(糖質)を食べて検査する方が、
早くに高血糖(糖尿病)の傾向がわかり、
予防医学としては有効かと考えます。


血管を傷つけるリスクファクターとなる高血糖は、
糖質制限によって防げます。
糖質制限によってしか防げないとも言えます。

ケトン体についての安全性の議論は、
医師の間でも続いていますが、
『ケトン体が人類を救う』(光文社新書)
にあるように、
そもそも人類は、
血糖ではなく、
ケトン体をメインエンジンとして
生きてきた(進化して今日に至っている)という
事実とともに、
その安全性が証明されています。


ならば、
高血糖以外に、
血管を傷つけるリスクファクターとなるものは何か。

一般的には、
1 肥満
2 高血圧
3 脂質代謝異常症
(高トリグリセリド血症、高LDL、低HDL)
そして
4 過酸化脂質
5 活性酸素
(食品添加物、過度な飲酒、ストレス、喫煙、大気汚染など)

などが挙げられています。

1〜3は、メタボリックシンドロームにも通じますが、
1の肥満の解消には
糖質制限が有効であることが多くの論文で証明されています。

2の高血圧は、減塩しても肥満がある限り、解消されません。
ならば、肥満がある場合、
肥満解消には1と同様、糖質制限が有効です。

3のうち高トリグリセリド血症は、
高血圧や糖尿病に関連します。
同じ脂質異常症でも、
高トリグリセリド血症は糖質、アルコールの摂り過ぎ、
高コレステロール血症は過多の脂肪摂取が原因です。

とすると、
3のうち高トリグリセリド血症は、
糖質制限が有効であることがわかります。

糖質制限という
高血糖を起こさない=インスリンを追加分泌しない
時間をつくることで、
血管を傷つけるどころか、
血管を傷つけるリスクファクターのうち、

1 肥満
2 高血圧
3 脂質代謝異常症
(高トリグリセリド血症)

が解決できます。

3のうち、コレステロールは、
酸化=悪玉にさせないアプローチが必要です。
そういう意味では、
4の過酸化脂質を防ぐ対策が重要です。

どんな食事が過酸化脂質=体の酸化(さび)を増やすのか。

まずは、酸化した油です。
サラダ油(多価不飽和脂肪酸のうちオメガ6)全般と
考えていいと思います。
そのほか、加工品としては、
1)植物油のドレッシング
2)植物油で漬けられたツナ、いわしなどの缶詰
3)植物油で揚げられた油揚げ、厚揚げなど
そして、
4)市販の惣菜、揚げ物など、
高熱にさらしたサラダ油(多価不飽和脂肪酸のうちオメガ6)が、
さらに時間がたったものなどもさけたほうが無難です。


5 活性酸素
(食品添加物、過度な飲酒、ストレス、喫煙、大気汚染など)
こちらに関しては
「飽和脂肪酸は悪くない」
http://lowcarbkitchen.blog.fc2.com/blog-entry-408.html
を参考にしていただけたらと思いますが、
よくない脂質をいかに体内に入れないか、が重要です。

それをふまえ、
活性酸素(フリーラジカル)を除去し、
過酸化脂質=体の酸化(さび)を減らす食事を
毎食、積極的に取り入れていくことが、
糖質制限をしながら、
血管を傷つけないためには重要と言えます。

活性酸素(フリーラジカル)を除去し、
過酸化脂質=体の酸化(さび)を減らす栄養は、
ビタミンA、C、E
そして
動植物の色素成分、カロテノイドです。

これらの栄養素は、
赤身肉、レバー、うなぎ、魚介全般、
ゴマ、アーモンド、くるみなどの種実類、
緑黄色野菜、海藻から摂取できます。
きのこ類も活性酸素を除去し、免疫アップにも役立ちます。
ビタミンCは、
とれたて新鮮野菜や柑橘系果物に豊富ですが、
手間や果物の防カビ剤、果糖のことを考えると、
ビタミンCは、
サプリメントを使っても手軽で安価かと考えます。


血管を傷つけるリスクファクターとなる高血糖は、
主食を抜くなど糖質を減らすという
シンプルな方法で実現できます。

主食を抜く結果、
おかずをしっかり食べる際には、
サラダ油やトランス脂肪酸など酸化油脂まみれの
おかずや糖質オフ食品ばかりを活用するとしたら、
また、
肉や卵、乳製品など
糖質は少ないものの、
タンパク質と脂質にかたより、
緑黄色野菜や海藻、きのこなど
食物繊維系の食品が不足するとしたら、
活性酸素が増え、
除去力が減り、
結果、
血管が傷つくことになりかねません。

腸内環境を整える発酵食品、
魚介から摂取できるオメガ3系脂肪酸やビタミンD、
海藻と大豆製品に豊富なミネラルなど、
糖質を制限することだけでなく、
食品添加物や酸化油脂を極力入れない、など、
摂取する栄養を総合的に考えて組み合わせてこそ、
糖質制限食の目的、
健康のための
安心、安全な食生活が完成すのではないかと考えます。

最後に、
手前味噌になりますが、
『食べ方だけで不調をなくす』(宝島社)
では、とくに、
このような、
何をどう食べるかの実践方法を盛り込みました。
皆様の安心、安全な糖質制限の実践に
本著をお役立て頂けましたら幸いです。

PageTop

『ためしてガッテン』を整理する

先日、
NHKで放送された
『ためしてガッテン
追跡!糖質制限ダイエットの落とし穴』
の内容に関して、
いくつかご質問を頂きましたので、
本日は放映された内容をふまえ、
糖質制限について、
整理しておきたいと思います。


加工食品に頼ることが多い現代人は、
糖質=主食だけではなく、
缶コーヒーやペットボトルの紅茶、
カフェのラテ類、清涼飲料水やスポーツ飲料、
野菜ジュース、果物ジュースなど飲料からの摂取をはじめ、
調味料の甘み(砂糖や果糖ブドウ糖溶液)、
フライの衣、
惣菜のとろみ、
そしてハレの日のものではなくなった菓子の常食など、
糖質を摂りすぎやすい環境にあります。

イギリスやアメリカでは
砂糖は、
アルコールやタバコ同様に健康に有害であるとして
『砂糖税』なるものが導入され、
日本でも検討されているようです。


糖質を制限すると痩せるメカニズムは、
血糖を上げない間は、
人体は体脂肪をエネルギー源にするため、
効率的に体脂肪を減らせます。


そもそも血糖を上げるということは、
食後高血糖の弊害として、
国内外でさまざまな健康リスクが指摘されています。

「グルコースおよびインスリン値の定期的な上昇は、糖尿病、環状動脈疾患、がん、老化など多くの点で健康に有害であることが強く指摘されている」※1
・食後高血糖および負荷後高血糖は大血管疾患の独立した危険因子である
・食後高血糖は酸化ストレス,炎症,および内皮機能不全を引き起こす
・食後高血糖は癌発症リスク上昇と関連する
・食後高血糖は高齢2型糖尿病患者の認知機能障害と関連する
・食後高血糖は心筋血液量および心筋血流の減少と関連する
など※2
※1「ヒューマン・ニュートリション第10版 基礎・食事・臨床」(医歯薬出版株式会社)
※2「食後血糖値の管理に関するガイドライン」より


それなのに、
番組では、
糖質制限食が血管障害を引き起こす理由があるとして、
問題とされました。


糖質制限で血管障害が起きるのか?

そもそも、先に見ていただいたように、
高血糖とそれによる酸化ストレスが、
血管内皮をリアルタイムに傷つける原因です。

糖尿病の三大合併症にみられる
失明、透析、足の切断など毛細血管だけでなく、
大血管疾患の独立した危険因子であることは
世界的にも認められています。

つまり、
糖質を制限して高血糖と酸化ストレスを防ぐことは、
血管障害を引き起こすどころか、
真逆で、
血糖という観点からすると、
血管障害を起こさないための、
重要なかつ唯一の(投薬に頼らない)戦略であると言えます。


それでも、
糖質制限で血管障害が起きるとしたら、

糖質を制限できずに(糖質を制限させずに)
中途半端に糖質を食べて血糖を上げてしまうか、


おかずの食べ方に問題があるか、

ではないかと考えます。


1の場合、
糖質をある程度とったほうがいいというのは、
1)それでもやっぱり食べたいという嗜好の側面
2)それでもやっぱり食べて欲しいという経済の側面
3)ケトン体が危険だからという医学的な側面
によって、
そうなるものと考えられます。

1)の場合、
食べたいなら、食べるしかないです。
ダイエット期間中だから我慢するのか、できないかは、
個人の価値観の問題です。
ダイエットだけでなく、
目標を決めたら、ある程度の我慢はつきものです。
例えば、
行きたい高校や大学に行くために勉強する。
旅行に行きたいから貯金する。
肝機能の数値が悪くなってきたら飲酒を控える。
など、
目標が決まったら、
その実現のために、
多かれ少なかれ、皆、
何かを我慢して、辛い現実を受け入れます。
しかし多くは、期間限定です。

それでもやっぱり
ごはんやパン、ラーメン、お菓子も食べたい、
我慢できない、食べる〜〜という場合は、
血糖は上がってしまい、
ダイエット(体脂肪の燃焼)はお休み、
ということになります。

糖質制限を実践できるかできないか、
個人の意思の問題は、
糖質制限の理論を批判する材料にはなりません。


次に、
2)それでもやっぱり食べて欲しいという経済の側面
の場合、
ここは専門外なので明言は避けますが、
企業にとっては、
お金儲けは宿命とも言えます。
しかし、
何を買うのか、買わないのかは、
個々人の生活者が
自身の価値観に基づいて、
その都度、決めればいいと思います。


そして、
3)ケトン体が危険だからという医学的な側面
これは
宗田晢男医師の
『ケトン体が人類を救う』(光文社新書)
この名著に、
危険ではなく
その安全性が書かれています。

宗田医師は、産婦人科の医師で、
日々、妊婦さんに接しているなかで、
糖尿病に苦しんでおられる妊婦さんと
そのお腹の赤ちゃんを救いたい、
という切実な思いから、
糖質制限理論と
ケトン体の事実を突き止め、
『ケトン体が人類を救う』を
書こう、書かなければ、思われたのだそうです。

胎盤のケトン体は成人基準値の約30倍であること、
新生児のケトン体は成人基準値の3~数倍であること、
つまり、
糖尿病の方であろうと、
胎児、新生児、
つまりインスリン作用が保たれている人類にとって、
ケトン体は極めて安全な物質で
ケトン体こそ、
人類の本来の主要なエネルギー源であるということ
(いかに糖質摂取=血糖上昇=インスリン分泌という
エネルギー代謝が、人体にとって不自然=病的か、、)
が書かれています。



まとめ

血管を傷つけないためには、
糖質制限による食後高血糖を防ぐことこそ、
重要な欠かせない戦略のひとつである。

ある程度の糖質を食べたほうがいいという理由が、
ケトン体を発生させないことが目的であれば、
それは不要である。

糖質制限によるケトン体は、
インスリン作用が保たれている人類にとって、
安全な物質(エネルギー源)だからである。

となります。

それでもお菓子が食べたいという個人の価値観
それでも小麦を食べて欲しいという企業の思惑
などは、
糖質制限が血管を傷つけるかどうかとは、
別のステージの話となります。


糖質制限で血管障害が起きるとしたら、

おかずの食べ方に問題があるか、

次回、このはなしをまとめます。

PageTop

抗酸化と腸内環境

糖質制限理論を知り、実践し、10年が経ちました。
この広がりとともに、
今、少しずつ見えてきたことがあります。
それは、
健康を栄養で管理するためには、
糖質(何か)を制限することだけが目的ではなく、
もうひとつの視点が欠かせないということです。


わたしたちの日常には、
糖質摂取=食後高血糖だけでなく、
食品添加物、排気ガス、薬剤など、
さまざまな物理的ストレスがあり、
これらは、
現代社会を生きて行くうえでは
避けがたい生体異物とも言えます。

食品添加物や環境化学物質、
薬剤などは外因性の生体異物と言えます。
一方、
毎食、食後高血糖を引き起こすほどの精製された糖質摂取が、
人体にとってあきらかに不自然であることは、
人類の進化のメカニズムからみても、生理学の単なる事実であるならば、
糖質摂取による食後高血糖と
それによるインスリン分泌、糖化(代謝産物)は、
内因性の生体異物と言えるのではないでしょうか。

糖質摂取による、
血糖上昇、インスリン分泌など代謝による代謝産物を
生体異物と認識するかどうかは別として、
食品添加物や環境化学物質などの
生体異物を体に入れたくない!という意識は、
比較的、多くの方が持たれているのではないかと考えます。

糖質制限食を自ら実践されている方は、
糖質摂取による、
血糖上昇、インスリン分泌など代謝による代謝産物を
生体異物と認識し、
その上で実践したいと自ら考えた方なのかもしれません。


このような生体異物を認識し、
できるだけそれを避けたいと考え、実践するタイプの方は、
外因性の生体異物に関しては、
例えば、
できるだけ食品添加物がない食材を選んだり、
投薬に頼りすぎない治療法を選んだり、
排気ガスのできるだけない環境へと引っ越しする方もいるかもしれません。

しかし、
現代社会を生きて行く上で、
糖質摂取も含め、
生体異物を限りなくゼロに近づける生活ができる方は、
稀ではないかと考えます。

ならば、
良くないものを体に入れない!
という考え方に加え、
良くないものは体から出そう!
という考え方もあると、
100年足らずの人生、
(糖質制限が必要になる年頃からだと50年足らず?の人生)
もう少し楽に、文化的に、
人生を健康的に楽しめるんじゃないかと、
最近、考えています。

長寿村と言われる地域の方々の食事は、
食べているものがいいのか。
食べていないものがよかったのか。

主食を毎食摂っている糖尿病の方でも、
合併症もなく、
80歳を過ぎても比較的、元気に暮らしておられる方と
そうでない方は何が違うのか。

化学物質のかたまりのようなタバコも、
長い期間、吸っていても、
やはり、
80歳を過ぎても比較的、
元気に暮らしておられる方は何が違うのか。

単純な何かひとつの要因だけでそのような結果になっているのではなく、
個々人の遺伝子をふくめ、
いろんな要因が複雑にからんでいる結果であるとは思いますが、
実は、
我が家の糖尿人の家族も、
やはり、糖尿病でしたが、
糖質制限などするはずもなく、
主食も甘いものも日常茶飯事、
投薬を続け、
タバコが好きで若い頃から毎日、吸い続け、
家族麻雀では頭脳明晰ぶりを発揮し、
たまたま起こった事故でなくなるまでの
90歳まで、元気に過ごしていました。


良くないものをからだに入れない!
に加え、
良くないものをからだからなくせる!
このパワーが、実は大切なのではないかと考えています。

良くないものをからだに入れないためには、
腸内粘膜と腸内細菌叢が大事です。
そして
良くないものをからだからなくせるためには、
抗酸化力が大事です。

次回、このはなしをまとめます。

PageTop

訂正

前回の記事にあります、
ワインに含まれる添加物は、
亜硝酸ナトリウムではなく、
亜硫酸ナトリウムでした。

なので、
ワイン(亜硫酸ナトリウム)&お魚(アミン)による
ニトロソアミンの心配はなく、
ハム、ベーコンなど肉の加工品に比較的、使われる添加物、
亜硝酸ナトリウムは、
アミノ酸と反応して
ニトロソアミンという
発がん性物質ができるとして嫌われています。

でした。

ワイン好きの皆様、一安心です。

ご指摘頂きました皆様、
有り難うございました。

できるだけ、添加物の摂取を控えていくことは、
続けていきたいと思います。

PageTop