fc2ブログ
 

管理栄養士のローカーボ・キッチン

「腸からきれいにヤセる! グルテンフリーレシピ」

IMG_8505.jpeg

この度
「腸からきれいにヤセる!グルテンフリーレシピ」を
青春出版社より上梓致しました。

1食
500kcal以下
糖質20g以下
超簡単レシピ
にもこだわりました。

ジャン=フランソワ・ミレーの名画
「落穂拾い」にも描かれているように
小麦は、とうもろこしや米と並んで世界三大穀物として
人類が長きにわたって食べてきた食物です。

小麦が悪者なのではなく
品種改良や加工など
人間の都合が優先されすぎた結果
あまりにも不自然な食べ物になった事が
問題なのではないかという事を
グルテンフリーという食事療法は
教えてくれているように思います。
糖質制限という食事療法もしかり。

本著では
油脂の摂り方にもこだわりました。
サラダ油やドレッシングは使っていません。

酸化リスクを減らし
消化にやさしいお料理をご紹介しています。

甘味は
人工甘味料ではなく
アガペシロップや本みりんなど
自然な甘味を取り入れています。

グルテンを抜く
糖質を制限するのが
目的ではなく
食事で根本的に健康を叶える手段として
長い人生の
毎日の食事の考え方にも、本著が
皆様のお役に立てましたら幸いです。

IMG_7885.jpeg
とろみの片栗粉も量で調整すれば糖質も制限できグルテンフリー。
ボリュームたっぷりでも500kcal以下です。

IMG_7792.jpeg
カリフラワーライスや野菜を主食に見立て
パスタや米がなくても食物繊維不足の心配も無用です。

その他、主食、主菜、スープ、デザート、おつまみレシピが40品。
普段、スーパーで手に入る食材で
おいしく食べて体の中からきれいに!健康に!

スポンサーサイト



PageTop

著書のご紹介

IMG_6576.jpeg

「糖質制限その食べ方ではヤセません」(青春出版社)
カバーが新しくなりました。

コロナ太りで困っている方
糖質制限ダイエットに興味があるが不安もある方など
おすすめです。

糖質をただ抜けばいい、というわけではありません。
人によっては糖質をエネルギーとして使ってくことも選択肢になります。

もっとも大事なことは
糖質制限が必要になるような今の状態を招いた食べ方を変えることです。
糖質制限は、とりあえず現状を変えるための手段の一つです。
糖質(血糖)をダブつかせない食べ方や栄養摂取を心がけなければ
根本解決にはなりません。
そのためには、マグネシウムや亜鉛などミネラルが重要です。
そして市販の惣菜や外食など
加工品ばかりで構成された食生活であるなら、
そこを解決することが大事です。

そしてこちらは新著のご案内です。
IMG_6600.jpeg

『へやトレ体操』(主婦の友社)

ボディーデザイナー
森俊憲さんとご一緒させていただきました。

在宅のひまつぶし時間で
どんどん体力アップ
免疫アップできるトレーニングメニューが
写真で紹介され
全ての種目は動画でもみられます。

私はPart2の
在宅勤務、リモートワーク時代の
「体をつくる食生活」を担当させていただきました。
IMG_6601.jpeg

みなさまの健康維持にお役立て頂けましたら幸いです。



PageTop

「内臓脂肪を3週間で落とす」

IMG_5879.jpeg


Doctorクロワッサン
(マガジンハウス)
「内臓脂肪を3週間で落とす」
糖質制限ダイエットの理論と実践につきまして
監修をさせていただきました。

ご飯を抜くのはきつい、、
という方のために
ゆるく糖質オフできる主食の選び方や食べ方を紹介しています。

そして何より
消化吸収能力までも考慮した
栄養摂取が重要です。

がんや生活習慣病の元凶となる内臓脂肪を減らすためには
糖質制限は有効です。
しかし
がんや生活習慣病の予防には、
血糖コントロールだけでなく
抗酸化栄養や抗炎症栄養など
栄養摂取が欠かせません。

しっかり食べて、栄養を摂取し、
酸化油脂など入れないものにも気を配り、
血糖コントロールをハンドリングできる、
一生続けられる糖質制限食の実践に、
本著をご活用いただけましたら幸いです。

PageTop

『話題のやせ食材で糖質オフ350品』

IMG_3871 (1)

この度
『話題のやせ食材で糖質オフ350品』(学研プラス)
を上梓いたしました。

P6~30、32、76、104、124は、
我が家で作って撮影を行いました。

缶詰、おから、鶏むね肉、
きのこ、もやし、こんにゃくという、
手軽に手に入って安価な6つの食材を使って、
フライパン1つ
鍋1つ
電子レンジで加熱
トースター&魚焼きグリルで焼くだけ
など
簡単な調理法別にレシピを立てました。
そしていずれも10分で完成という時短レシピです。

皆様の、毎日に、手軽な手作り食卓に、
本書をお役立て頂けましたら幸いです。

PageTop

痛みと栄養素

続きを読む

PageTop