管理栄養士のローカーボ・キッチン

〜栄養士が語る、結果を出すためのダイエットの鉄則とは〜

東京ビックサイトで開催中の
「ダイエット%&ビューティーフェア2014」にて、
昨日、

「ダイエットフォーラム パネルディスカッション」
日本のダイエットを考える
〜栄養士が語る、結果を出すためのダイエットの鉄則とは〜

で、
管理栄養士で野菜ソムリエの
岸村康代先生とともに、
パネリストを務めて参りました。

パネルディスカッションの司会は、
管理栄養士の
伊達友美先生。

米を食べても痩せられる!の
伊達先生。

野菜ソムリエの
岸村先生。

糖質制限が専門の大柳。

アウェーな感じで超キンチョーな感じですが、
実は、そんなことはありません。

ダイエットがご専門の
第一線でご活躍の先生方は、
糖質制限の理論はもちろんご存知で、
クライアントに応じて、
カロリーだけでなく、
糖質の摂取量にも気を配るのは同じでした。

糖質を食べるなら、
小麦より、
米や糖質が高めの野菜や果物が適しているとの考え。

野菜に豊富な食物繊維や抗酸化成分の大切さ。

は、わたくしも、まさに、同感でした。


わたくしがお話させて頂いた、
結果を出すための鉄則は、

ひとつめは、
科学に徹すること。

そこに解釈は挟みません。
まずは、
痩せる生理学の事実を伝えること。
です。

3食主食抜きなんて、
どうせ無理だろう。
続かないだろう。

これは解釈です。

糖質は血糖値を上げる唯一の栄養素である。
血糖値を上げるほど糖質を摂取すれば、
減らしたい体脂肪の燃焼は後回しになる。
糖尿病の方は、リアルタイムに合併症に進む。
食後血糖値は、
がんやアルツハイマーなど健康に有害であることが指摘されている。

このような事実を、
クライアントの病態や目標にあわせて、
まずは、伝えます。

やりたいか、続くか、
それは、クライアントが決めることです。

そして、やってみるならば、
その方の味覚、これまでの食体験、ライフスタイルなど
さまざまな要因を織り込みながら、
もっともやりやすい具体的な食材や食事の献立を一緒に考えていくことになります。

なので、わたくしの栄養指導では、
一般的な栄養指導にありがちな共通の資料はありません。
糖尿病の患者さん用
高脂血症の患者さん用と
病態によって栄養指導の際にお渡しするツールがありますが、
それは多数に向けた一般的な内容なので、
とくに、食という
極めてプライベートな、
個人差のある
一個人には、
なかなか、あわないことが多いです。

あらかじめ準備できる一般的なツールだけでなく、
栄養指導の現場で話を聞いた直後に準備する
個人へのツールが必要になります。


そして、
ふたつめ。
風呂敷を広げ過ぎないこと。

高い目標を、いくつも、同時にこなせる方なら良いのですが、
主食を抜くだけでもハードルが高い方の場合、
そこに、
たとえば、
調味料の糖質も細かく気にしていただく、
できるだけ料理もしていただく、
できるだけ安心な食材も用意していただく、
嫌いなお魚もがんばって食べていただく、
などなど、
それは良いことではあるけれど、
あれもこれもとフレームを持ち出してしまうと、
挫折のもとです。

フレームは、基本は1つにしぼって。
シンプルに。
主食を抜く。
これが糖質制限食で結果を出す第一歩です。

その上で、
アレルギーがある方が乳製品の過剰摂取や、
市販の加工品や揚げ物などを多用している方は、
やめて頂く、
も同じくらい、
最初のフレームになります。
重要です。

食物繊維やたんぱく質を摂ることも重要ですが、
これは、
主食を抜くことができれば、
おのずと増えるので安心です。

最後に、
どんなにこちらが、あらゆる情報、アドバイスをご用意しても、
クライアントに、
水際まで来て頂かないと、渡せません。
本人が、それを、やる気があるのか、どうか。
ここが肝心です。

痩せたい、
薬を減らしたいなどが目標の
食事療法だけでなく、
どんな目標も、
本人のやる気がなければ、
それを達成させることは難しいと考えます。
つまり、
限界もあるのか、、、と、わたくしは考えています。

ただ、
食事療法だけでなく、
家族で旅行に行きたいから、しばらくは外食を控えて貯金しよう、
とか
この学校に入りたいから、辛いけど勉強しよう、
とか、
目標を決めたら、
ある程度の我慢がつきものです。
しかし、そうは分かっていても、
予定通り貯金ができないときもあるし、
勉強、サボるときもあると思います。
糖質制限中にラーメン、がっつり食べちゃった、
でも良いのです。

それでも、目標を諦めず、
すぐに軌道修正しながら、
続けていくことが結果につながると思います。

まっすぐ、いっさい、横道にそれずに、
目標まで到達できるならそれにこしたことはありませんが、
横道にそれて、
時間がかかっても、
糖質の過剰摂取を、
日々、気をつけていくことは、
何も気にしないより、
10年、20年の歳月が過ぎたとき、
大きな違いがでると考えます。

スポンサーサイト

PageTop