管理栄養士のローカーボ・キッチン

肝臓と糖新生

IMG_1566.jpg


今夜は中秋の名月。
東京は曇り空で、
お月見ができるか微妙とか、、。

お月見といえば、
丸い食べ物、
月見団子が定番ですが、
材料は上新粉などでんぷん=糖質です。
あんこなどを添えると、
さらに糖質はアップ。

まあ、普段、主食を抜くなど、
糖質オフをきちんとしていて、
甘いものが好きで、
久しぶりにお団子食べたいなと思う方が、
1〜2〜3個つまむ程度は、
精神衛生上もよろしいかと思いますが、
我が家では、
甘いものは家族みな、
あまり好きではないので、
今夜は、
丸いおつまみを用意して、
月見酒を楽しめたらと考えております。

丸い食べ物。
山形の玉こんにゃく。
半熟ゆで卵にイクラのせ。
鶏つくねだんご。
などなど。

鶏つくねだんごには、
みじん切りにした大葉をたっぷり加えると、
鶏ひき肉にありがちな
独特の臭いが気にならなくなっておすすめです。

菊の花が出ていたら、
さっとゆでて、
しっかり水気をきって、
水切りした豆腐と練りゴマなどをあわせた
白和えも、
この季節、おすすめです。
豆腐の白色に、
菊の花の黄色が映えて、
目にも美味しいです。
ラップで一口大に丸くつつむのもよさそうですね。

ただし、
美味しいおつまみと
美しい十五夜につられ、
お酒の飲み過ぎには注意したいと考えます。

食事から血糖を上げるほど糖質を摂取しなくても、
(何かの都合でたまたま絶食状態に陥ったときや
そして夜間も)
血糖値は常に維持され
脳や赤血球、心筋等では糖代謝が行われますが、
その血糖維持を担うのが、
肝臓に貯蔵されているグリコーゲン分解と
肝臓で行われる糖新生です。

肝臓をきれいにしておくことは
円滑な糖新生のために大切であると考えます。

肝硬変の方が、
糖質制限食が不適となるのも、
肝硬変によって肝臓での糖新生がうまく行えず、
血糖値を上げない糖質制限食では低血糖になるためです。

糖質を含まない
蒸留酒や
ブドウ糖の残糖が少ないと言われるワインは、
糖質制限食ではOKなお酒で、
お酒好きで飲める方は、
主食の穴埋めのように、
ついつい、
飲む回数も量も増えがちで、注意したいところです。

今年、
2週間の断酒を機に、
(年齢的な要因もあるかと思いますが)
糖質制限食を実践してから
年々、増していた酒量が格段、減りましたが、
自戒の念をこめて、、。

スポンサーサイト

PageTop