管理栄養士のローカーボ・キッチン

大雪

20年に一度の大雪だそうですよ。関東のみなさま。
東京・吉祥寺も、
今朝は雪が積もってます。
真っ白!
そして、寒いです!!

これから長靴を履いて、
滑らないように、
五反田のクリニック勤務へ行って参ります。

昼食のお弁当に加え、
帰宅難民に備えて、
携帯の充電器、
ミックスナッツ、
大豆粉で焼いておいたパン、
ゆで卵、
水なども準備して。

みなさまも怪我や事故、風邪など、
お気をつけ下さい。

スポンサーサイト

PageTop

かいぼり

なかなか、更新がままならず、失礼しております、、。

先週から、プライベートや講演会などで、
神戸、京都、
東京に戻って仕事、
昨日は日光・鬼怒川、
そして本日は幕張、
週末は静岡と、
西へ東へまた西への日々が続いております。

地元吉祥寺の井の頭恩賜公園の池では、
かいぼりが先週末、行われたようで、
見に行きたかったのですが、
行けずじまいに、、。

井の頭池の水をいったん抜いて、
池の底面を乾かして、
お花見の時期には水を戻して、
きれいな池に復活!というプロジェクだそうですが、
抜かれた池の底面からは、
ブラックバスやらブルーギルやら、
本来想定していた外来魚だけでなく、
スッポンやら、大量の自転車やら、ショッピングカートやら、
あれやら、これやら、、、、
いろんなものが出てきている模様、、。

まだ機会があったら、
水を抜いた井の頭池に入れる機会に遭遇するなんて、
この後の人生で、
そうそうないと思われますので、
是非、ボランティアに参加してみたいなあと思っております。
が、
今年、秋に開催予定の
大きなイベントの準備のために、
バタバタの日々が続きそうですが、
早く、皆様にご案内ができるように、
頑張ります〜〜。

3月にはラジオ出演と、
一般向けの集まり(六本木)が予定されていますので、
こちらも追ってご案内致します!

PageTop

白菜漬け

乾燥した日が続いています。
マスク姿の方も、
電車でたくさんみかけるようになりました。

乾燥した季節で晴天続き、
といえば!
白菜漬けの季節です。

ちょうど、先日、
宅配生協から、
立派な白菜が届きましたので。

白菜漬け


白菜を、
8等分くらいの、
薄めに切って、
ザルの並べて、
ベランダで干しています。

風通しと日当りが良いところに干しておくと、
4日〜5日で、
白菜の水分がぬけて、
しんなりしてきます。

表面の葉は取り除き、
ほこりを落とすイメージで、
きれいに水洗いしたら、
ホーローの容器に入れ、
塩、柚子皮、柚子果汁、しょうゆ、こんぶ、酢
を入れて、
漬け物石(プラスチック製ものを使用)を置いて、
そのまま放置。

2〜3日もすると、
水が上がってきて、
美味しい白菜漬けの完成です。

お漬け物、
買うと結構、高いですし、
添加物も気になりますが、
白菜漬けは案外手軽に自宅でもできるので、
おすすめですよ。

PageTop

ホットウーロン割り

なんだか、、、
寒いですよね。

夕方、帰宅し、
なんだか、寒くて、
今晩は、焼酎お湯割りだと、決めました。

で、
以前、
横浜中華街でみつけた
かわいいパンダのお茶用カップ。

同じく、
横浜中華街で購入した、
お茶屋さんのウーロン茶で、
ホットウーロン割りにしました。

おつまみは、
ゆば わさび醤油で。
いか刺身 煎酒で。
ほうれん草とえのきの白だし蒸し 黒ごまと干し桜海老たっぷりで。
白菜の漬け物。

晩酌


ちびちび、、と、。

娘と2人で、晩酌しました。

娘は、呑みませんよ。念のため。

彼女には、
わたくしのおつまみにプラス、
牛肉の塊を、
さいころ状にカットし、さっとステーキに。

それでも、
酒を呑まない彼女は、
15分ほどで食事終了。

ですよね、、。

で、わたくしは、その後、ひとり酒、、、。

断酒はどこへ、やら。

こんな酒飲み管理栄養士だから、
いろんな目に、遭うのでしょうね〜。

え!!?
っと思う意外なこともありますが、
いいこともありますので、
前向きに、
自分の道を
歩んで参りたい思います。

PageTop

GWのロゼワイン

BBLのロゼ

ゴールデンウィーク、
みなさま、いかがお過ごしでしょうか。
わたくしは、カレンダー通り、過ごしています。

昨日と一昨日は、
仕事はあるのですが手を付けず、
休日を満喫しました。

といっても、
我が家の糖尿人は、
法事で福井へ行っていたり、仕事だったりで、
娘と2人で過ごしました。
娘もわたしも、
人ごみ、混雑、行列嫌いなので、
近所のスーパーで美味しい食材を手に入れ、
美味しい料理を作って、
美味しいワインを空けて、
娘はジンジャーエールを空けて、
昼間っから乾杯し、
まったり、
美味しい時間を過ごしました。

写真は、
「タヴェル」。

英国王室御用達ワイン商
ベリー・ブラザーズ&ラッドのおすすめロゼでした。
http://www.bbr.co.jp

高品質なのにリーズナブルな美味しいワインもたくさんありますよ。

それにしても、ロゼ、美しいですね。
白でもない。
赤でもない。
中庸っぽいイメージもあっても、好きです。

シュリーのロゼ

こちらは
6月と7月のセミナー会場となる
「ビストロシュリー」(東京・吉祥寺)のロゼ。

尿糖検査紙で検査しても、
まったく色、変わりません。
ブドウ糖、まったく検出せず。
です。

辛口ワインは
ロゼでも、白でも、もちろん赤は、
ブドウ糖の残糖、
ほとんど見られません。

醸造酒でありながら、
ブドウを材料につくるワインは
血糖値に影響する残糖が限りなく少ない、、。
なんとも魅力的なお酒です。

PageTop