管理栄養士のローカーボ・キッチン

風邪のときの食事

11月に入っても、
本日も、
仕事が立て込んでおります。

なかなか更新できず、恐縮です。

加圧トレーニングも、週1確保がやっとです。

ベランダに干している白菜も、
漬けられないまま、
どんどん、どんどん、干されています。
思いっきり干された白菜で漬けた
白菜漬けの食感が好きなので、
楽しみです。

この後、漬けよー。

その後、都内スタジオで、
糖質オフのおつまみを作って撮影です。
こちらは改めてご報告しますね。

そんなこんなの忙しいさなか、
娘が風邪で、
金曜日から休んでいます。

食欲がないようなので、
食べられるものを食べさせています。

りんご、いちご、みかん。
乳脂肪分の高いアイスに抹茶を入れて。
うどんや雑炊は、
粉鰹やしらす、溶き卵を加えて、
飲み込みやすく、
たんぱく質やビタミン、ミネラルを確保。
青のりも便利です。

どうせ糖質が食べやすいのなら、
かぼちゃをスープにするのもおすすめです。
ただの白米だと糖質しか摂れませんが、
かぼちゃから摂れば、
ベータカロテンやビタミンEも摂れます。
豆乳でのばせば、
豆乳から、
たんぱく質やカルシウム、マグネシウムも摂れるスープになります。

しかし、糖尿病の方は、
やはり、
風邪のときも、
糖質オフが基本です。

摂った糖質に比例して血糖値が上がります。

豆腐をくずしたおかゆ風がおすすめです。

食べる煮干しをスープの具にして煮込むと
軟らかく食べやすくなり、
たんぱく質やビタミン、ミネラルが確保しやすいですよ。
そこに、なめこでとろみをつけて、
卵でとじるスープもおすすめです。
野菜は食べやすいものをお好みで。
焼き海苔をちぎって入れると、さらに、ミネラルアップ。

買い置き食材で手軽にできるスープは、
豆乳と鮭の中骨缶のスープ。
味付けは、コンソメや中華だしなどお好みで。

スープ、
食欲がないときにも食べやすく、
栄養が確保しやすいです。

こちらも、基本、すべて糖質オフなので、
これからの風邪の季節、
食欲がないときの手軽な栄養確保にお役立て頂けましたら幸いです。

「病気を治す!症状別の
おくすりスープ」(マキノ出版ムック)

風邪やノロウィルスも流行ってきたようなので、
何卒、皆様、ご自愛下さいね。

スポンサーサイト

PageTop

白菜漬け

乾燥した日が続いています。
マスク姿の方も、
電車でたくさんみかけるようになりました。

乾燥した季節で晴天続き、
といえば!
白菜漬けの季節です。

ちょうど、先日、
宅配生協から、
立派な白菜が届きましたので。

白菜漬け


白菜を、
8等分くらいの、
薄めに切って、
ザルの並べて、
ベランダで干しています。

風通しと日当りが良いところに干しておくと、
4日〜5日で、
白菜の水分がぬけて、
しんなりしてきます。

表面の葉は取り除き、
ほこりを落とすイメージで、
きれいに水洗いしたら、
ホーローの容器に入れ、
塩、柚子皮、柚子果汁、しょうゆ、こんぶ、酢
を入れて、
漬け物石(プラスチック製ものを使用)を置いて、
そのまま放置。

2〜3日もすると、
水が上がってきて、
美味しい白菜漬けの完成です。

お漬け物、
買うと結構、高いですし、
添加物も気になりますが、
白菜漬けは案外手軽に自宅でもできるので、
おすすめですよ。

PageTop

病気を治す-症状別のおくすりスープ

寒くなりましたね。
あたたかいスープや鍋が恋しい季節です。

そこで、
というわけではないのですが、
ちょうど、良いタイミングで、
スープの本を上梓しました。

投薬に頼りすぎず、
栄養によって根本治療を目指す、
栄養療法を専門とするクリニックを
日本で初めて開設された
新宿溝口クリニック院長
溝口徹先生とご一緒させて頂きました。

「病気を治す-症状別のおくすりスープ」(マキノ出版)880円です。
http://www.amazon.co.jp/病気を治す-症状別のおくすりスープ-溝口-徹/dp/4837662897

栄養と生化学のメカニズムについては、
ずいぶん以前から、
溝口徹先生にはご教授を頂いてきました。

そのご縁もあって
新宿溝口クリニックにて、
毎月第2木曜日の午後、
あたらしい栄養学セミナーと題して、
セミナーを開催していますが、
先月も、今月も、満員御礼で、
キャンセル待ちでも、
結果、ご案内できなかった皆々様には
大変心苦しい想いでおります。

来月も、すでに申し込みがあるそうで、
もし、興味がある方は、
早めに、
新宿溝口クリニックにお問い合わせしてみて下さい。


先日のセミナーでは、
糖質制限食の基礎講座
と題して、
理論を、
一般の方にもわかりやすく、まとめてみました。

糖質制限のセミナーはシリーズで今後も続きます。

糖質を制限することは、
ヒトの代謝システムからみて、
極めて自然で大切なことです。

わたくしが、はじめて体験して勉強をはじめた
2006年当時からすると、
本当に、一気にひろまってきました。

だからこそ、いまこそ、
ブラッシュアップ、
細分化が必要なときだと感じています。

糖尿病なのか、機能性低血症なのか、
痩せがあるのか、肥満なのか、
運動をしているのか、いないのか、
男性か、女性か、
子どもか、若年か、中年か、
血糖コントロール以外に、
何の疾病を持っているのか、いないのか、
などなど、
さまざまな方向から、
糖質のコントロールの仕方を変えていく細やかさも必要だと、
日々の食事のカウンセリングを通じて、
ますます痛感することが多くなってきました。

油の質、加工品とのつきあい方、
糖質を摂るなら何から摂るのか、
ナッツと一言でいっても、
その方の病態や嗜好に応じて、
アーモンドが良いのか、
カシューナッツか、くるみか、
などなど、
日々、患者さんの食事記録と血液検査データをみながら
食事のカウンセリングをし、
自身と家族で糖質制限食を実践し、
料理や買い物をするからこそ感じ取れる、
実践の細やかなコツも取り入れながら、
体系化していきたいと思っております。

その発表の場が、
現在、
新宿溝口クリニックでのセミナーになっていますが、
土日しか参加できない方もおられるとのことでしたので、
どこかで、
そういうセミナーの機会をもてたらとも考えています。

スープレシピですが、
もちろん、
糖質オフですよ!
プラス、
症状別に、
足りない栄養素を食材で美味しく強化しました。

皆様のさまざまな不定愁訴の改善に
お役立て頂けましたら幸いです。

PageTop

明治屋さんのコンビーフ

明治屋さんのコンビーフ

コンビーフって、みなさん、召し上がりますか?
我が家の糖尿人の大好物なのですが、
コンビーフを糖質制限な栄養学的にみると、
これが、なかなか、とても、おすすめの食品なのです。

写真は、
明治屋さんのコンビーフです。
パックが、缶ではなく、
リサイクルできるプラ容器なので、
軽くて、ゴミ捨てが楽で、長期保存ができ、
いちばんの、特徴は、このまま電子レンジにかけられるので、
我が家では、いつも
明治屋さんのコンビーフを使っています。

栄養成分をみると、
1個80gあたりのエネルギーは
140kcal。
たんぱく質は16.5gとしっかり確保。
たのに、
炭水化物は1.8gと低糖質。

加えて、
コンビーフの栄養を食品成分表で調べてみると、
なんと、亜鉛と鉄がとても豊富なんです〜。

そして、牛脂が使用されるので、
リノール酸やトランス脂肪酸の入る余地がありません。

コンビーフといえば、
発色剤(亜硝酸ナトリウム)が気になっていたのですが、
明治屋さんに問い合わせたところ、
ほんのわずか、
色を安定させる程度しか使用していないとのことでした。

そのままレンジであたためて、
スティック野菜のディップにしたり、
サラダにのっけたり、
オムレツの具にしたり、
アボカドと和えたり、
ノンオイルでステーキ風に焼いたり、
手軽に、たんぱく質や亜鉛、鉄など栄養を確保できる
おすすめ食材ですよ!

PageTop

亜鉛

今朝、3時に起きてしまいました。
今夜は遅くまで仕事なので、
寝ないと!と試みましたが、眠れず、
諦めて起きました。

パソコンを立ち上げると、
メールが、
ひえ〜!というくらい、
届いていたので、
そちらのお仕事をして、
それでも、ただいま、5時30分。

早起きはいいですね〜。

さて、
昨日の夕方、都内は、突然、ゲリラ豪雨が降り出し、
その後、一気に、
冬のような冷た〜い風が吹きました。
木枯らし1号だそうですよ。
冬の到来ですね。

冬の味覚で好きなもののひとつが、
牡蠣です。

お鍋の具だけでなく、
ボイルして、
ちぎった焼き海苔と和えたり、
大根おろしと和えたり、
バターでソテーしたり、
チーズをトッピングして焼いたり、
豆板醤で炒めたりと、
和洋中、いろんな味わいで楽しめます。

生牡蠣に白ワインも、大好物です!

牡蠣の栄養の特徴は、
「亜鉛」です。

亜鉛は、インスリンの構成成分となる、
重要なミネラルのひとつです。

また、亜鉛は、
細胞をつくるときに不可欠な酵素をはたらせる栄養素なので、
不足すると、
新陳代謝が活発な器官ほど影響を受けます。

たとえば、亜鉛の不足によって、
舌にある味を感じる器官「みらい」のはたらきがうまくいかず、
味覚障害が起こるのではないかと考えられています。

他にも、
亜鉛の不足は、
髪が抜けて薄毛になりやすい、
ほか、
風邪をひきやすく、治りにくくなることも知られています。
生体は、
ウイルスなど異物が入ってくると、
本来、異物を排除しようとはたらきますが、
亜鉛が不足した状態では、
この免疫反応がうまくいかないためです。

薄毛はともかく、
インスリンの構成成分でもあり、
これらの季節、
風邪予防にも、
亜鉛を含むたんぱく質系食品、
しっかり確保しておきたいものです。

亜鉛を多く含む食品は、
牡蠣の他、
豚肩肉、牛肩肉、ラム肩肉、
レバー、
うなぎ、ほたて、いいだこ、
スルメ、かずのこ、
カシューナッツ
などに豊富です。

また、亜鉛は、ビタミンCとともに、
コラーゲンの合成にもかかわりますので、
お肌のたるみや乾燥が気になる方にも大事な栄養素ですよ。

PageTop

おでんの具

本日も、早朝からパソコンに向っています。
もう夕方なんだ、、。

我が家の糖尿人は、今日は、お仕事。
我が家の娘は、今日は、友達と、
“マツジュン”が出てるという、
陽だまりのなんとかという映画を観に、
朝からおしゃれをして、
嬉しそうに出かけました。

東京は、朝から、強い風が吹いていましたが、
今は、静かになっています。
明日から、一気に、冬の寒さになるよと、
天気予報で言っていました。

マスク姿で咳き込んでいる方も、
電車の中で多く見かけるようになりましたね。

皆様も何卒ご自愛下さいね。

さて、これからの季節、
寒い日の、
糖質オフな夕食メニューで便利なのが、
鍋料理ですよね。

塩味でさっぱり、海鮮鍋。
クリーミーな豆乳で、豆乳鍋。
新鮮な鶏肉が手に入ったら水炊きを、美味しいポン酢で。
しゃぶしゃぶは、
お肉だけでなく、
鯛やブリなど、お刺身をさっとしゃぶしゃぶしても美味しいです。
ラカントSを使えば、すき焼きもOK。

このように、味付けと具材の組み合わせ次第で、
鍋料理は、飽きずに、楽しめます。

が、おでんは、どうしたらいいの?
と、ご質問を受けます。

おでんは、はんぺん、さつま揚げ、餅巾着など、
糖質が多い加工品を、よく使いますからね。

わたしも、おでんの練り物、大好きでした。

子どもの頃、
おでんの日は、
朝から、母が、大きな鍋で仕込んでいて、
今夜はおでんだ〜!と、
夕食が待ち遠しかったです。
かまぼこやちくわが大好物でしたのでね。

今は、かまぼこもちくわも、ほとんど食べなくなりました。

かまぼこは、
蕎麦屋で呑むときのおつまみと、
おせち料理で頂く程度。

それにしても、
蕎麦屋のかまぼこと、
年末に売り出される立派なかまぼこ、
いずれも、
高価ですよね〜。

と、それはともかく。

おでんの具。
練り物以外に何があるかというと、
結構、ありますよ。

我が家では、
牛すじ、ゆで卵、たこやほたてを串にさして、鶏肉のつみれ団子、焼き豆腐を
たんぱく質系の具としています。

そこに、
こんにゃく、結び昆布、大根と、
えのき(石突きを多めに残しバラバラにならないように、塊にしてほぐす)、
などを合わせます。

箸休めに、
クレソンやせり、三つ葉など、
緑の濃い野菜のごま和えを
小鉢にして添えてもよいですね。

そして
大人は、熱燗!
といきたいところですが、
焼酎のお湯割りやお茶割りにしておけば糖質オフばっちりです!

PageTop

冬が来る前に

我が家は、朝は、ラジオ生活です。
今朝も、ラジオをつけて、家事をし、
ラジオ体操第一をし、
パソコンに向かい、
仕事をしていると、
アナウンサー、

次は、音楽です。
紙ふうせん
「冬がくるまえに」
です。

と!

懐かしい〜〜。
聴き入ってしまいました。

っと、それだけです。
はい。
失礼致しました、、。

では、仕事に戻ります。
その後、クリニックで〜す。

PageTop

からだとこころをつくる たべものずかん

10月から、土日もお休みのない日々が続いています。
更新がままならず、失礼しております、、。
本日も、幕張まで、終日、外出です。

さてさて、
この度、
子どものための、
食べ物図鑑を上梓致します。
須藤海芳子さんとの共著です。

たべものずかん


「からだとこころをつくる はじめてのたべものずかん」
http://www.books-sosei.com/sp/tabemonozukan_1.html

著者:須藤海芳子・大柳珠美[著]
価格 :1,470円(税込)


須藤海芳子さんは、
ワインとチーズのプロフェッショナルです。

ホームページはこちらです。
http://www.lasaveur.net/profil/

現在はお仕事もしながら、
大学院にも通われ、
食育について、
科学的に考察されています。

同級生&酒飲み〜〜
ということもあって、
公私ともに、
家族みんなで親しくさせて頂いている
大切な友人のひとりです。

数年前から、
「食育」というものの考えについて、
単に、子どもに田植えをさせればいいのか、
野菜を育てさせればいいのか、
米や味噌や醤油など、
日本食の味覚を記憶させればいいのか、
なんとな〜く、
食育って、
大人のための政になっていない?
大人の自己満足になっていない?
そんなことを話していました。

そして、
本当に子どもに必要な、
食の情報をまとめてみたいねと、
話していました。

そんな折、
昨年末、
創成社さんからお話を頂き、
共著として上梓させて頂くことになりました。


こどもの健康を支える「食べもの」。
 
発育・発達の重要な時期だからこそ,
子どもたちに,
もっと「食べもの」に興味を持ってもらいたい。
 
そんな思いが込もった,
子どものための食べもの図鑑です。

食べ物の成り立ちから食事のマナーまで
楽しみながら読めます。

①子どもでも持ちはこびしやすいハンディサイズ
②イラストや写真を豊富に掲載した,わかりやすい解説
③親子でつくれる簡単レシピ付き


目次
1 たべもののなりたちをさぐる
2 日本の年中行事とたべもの
3 えいようってなあに?
4 五感をつかってあじわおう
5 マナーってなあに?
6 たべものずかん

子どものため、となっていますが、
「食べものの成り立ち」
「年中行事」
「栄養」
「五感」
「マナー」について,
実は、大人にこそ読んで頂きたい、
知っておきたい食と栄養の常識が満載です。

皆様にお手にとって頂けましたら幸いです!

PageTop

良い調味料

11月です!!
はやい。
来年の手帳、買わないとな。
カレンダーも。

仕事が立て込んでいて、
久しぶりに、
疲れがとれません。
眠いです。

今週で少し落ち着く予定。

そして週末は、
関西でのお仕事の帰りに、
京都によって、
おひとり様ぶらり旅の予定。
まだ紅葉は早いでしょうかね。

さて、写真は「煎り酒」。
煎り酒

煎り酒とは、
日本酒に梅干しと花鰹を入れ、
コトコトと煮詰めた、
江戸時代の食卓には欠かせなかった調味料です。

東京・吉祥寺
コピス地下の
スーパー「三浦屋」さんでみつけました。

先日、某出版社の編集者と料理の先生とライターさんと4人で
女子?会と称して、
四ッ谷の、
予約しないと入れない、
雰囲気もお値段もフツーの居酒屋
「萬屋おかげさん」へ。
http://tabelog.com/tokyo/A1309/A130903/13025617/

ここは、
お刺身をお醤油&わさびでは食べさせない、
素晴らしく美味しいお料理の数々と、
素晴らしい日本酒&焼酎&仕込み水の品揃えの
素晴らしい居酒屋なのですが、
先日、
鯛のお刺身のつけだれに、
ご主人手作りの「煎り酒」が出ました。

煎り酒の旨味と酸味が
白身魚にぴったりで、
自分で作ろうかと思っていたところでした。

煎り酒の原料は日本酒ですから、
炭水化物として100g中19.5g
とあります。
しかし、
小さじ1使ったとして、糖質1g程度です。

美味しい調味料は、
料理を簡単に美味しくしてくれるので、
便利です。

美味しい胡麻があれば、
野菜やきのこの胡麻和えが、
料亭の胡麻和えみたいに美味しくできます。

美味しい天然塩があれば、
新鮮な野菜にふりかけるだけで、
美味しい。

オリーブ油も、
美味しいオリーブ油だと、
それをふりかけるだけで、
サラダや魚介など、
本格的な味わいに。

またまた
東京・吉祥寺ネタで恐縮ですが、
中道通りの郵便局近くの「あき」という、
知る人ぞ知る、
老舗の、
渋い、
おしのぎ&お酒のお店があったのですが、
ここが、今、
「月波」という
カジュアルな、
でも「あき」の重厚で落ち着いた内装を生かした
コーヒーやランチ、
夜はワインやお料理が楽しめるお店に変わりました。
さっそく何度が通っていますが、
ここで出されるオリーブ油は感動ですよ!
柑橘系の香りが効いていて、はじめて味わう香りとまろやかさ。

前菜の
豆腐のこぶ〆に、
その柑橘の香りのオリーブオイルがかかっていました。

豆腐のこぶ〆も、
素晴らしく美味しかったですが、
食材はシンプルに、豆腐とこんぶだけ。

食材と、
美味しい調味料があると、
お家でも、
お店のような味わいが楽しめますね。

都内の大きなデパ地下の食料品店売り場に行く機会をつくって、
美味しい調味料を探してみたいと思っています。

ちなみに「月波」ですが、
コーヒーが絶品です。
コーヒー豆の職人さんが選んだコーヒー豆だそうで、
日本でそのコーヒー豆を飲めるお店は数店舗なんだそうです。

濃い味わいですが、
単に苦いというのではなく、
密度が濃く、
シルキーな口当たりで、
こちらも感動の美味しさです。

PageTop