管理栄養士のローカーボ・キッチン

2014 糖質オフ・クリスマスケーキ

2014ブッシュドノエル

先日、ご紹介致しました、
糖質オフのクリスマスケーキが、
限定300個のご注文を頂き、
完売となりましたが、
ケーキを特注で作って頂いている
香川県・高松「菓子工房 ルーヴ」さんに、
追加、200個をお願いできることになりました。

なので、再度、ご案内です。

ケーキは、
小麦粉はもちろん、
トランス脂肪酸、
人工甘味料は不使用。

カカオの香りのふんわりしたスポンジに、
さっぱりとした生クリームの味わいが好相性で、
とても美味しいケーキに仕上がっています。

香川県・高松市の
「菓子工房 ルーブ」さんは、
先日、2014年10月14日~16日の3日間、
東京都立産業貿易センターにおいて
「2014ジャパン・ケーキショー東京」が開催されました。
この催しは、国内はもとより海外までその名を広く知られた
わが国最大の製菓業界を代表するビック・イベントですが、
このイベントで、なんと、
ルーヴさんから、
2人ものパティシエが、入賞されておられます。


ブッシュドノエル梱包

このような形で届きますので、
飾り付けもお楽しみ下さいね。


「糖質制限クリスマスケーキ ブッシュドノエル風ショコラロール」
■価格:3,240円(税込み)
■内容:1本330g(6.5cm(直径)×15cm)
■追加限定数:200個
■お届け日:12月23日、24日、25日のご指定日
■お届け時間のご指定が可能です

ご注文、詳細はこちらから!
http://www.orthomolecular.jp/shop/shop1/html/

スポンサーサイト

PageTop

亜鉛と爪

東京は、一昨日からの冷たい雨が今朝はやみ、
今日は晴れるとの天気予報。
朝から洗濯機がフル回転です!

さて、
クリニックでの栄養指導で、
女性の方に多いお悩みのひとつが、
爪が弱く、
可愛らしいネイルが楽しめない。
ということ。

これ、わたくしも、
若い頃から今も悩まされております。

今は、ネイルサロンで、
自分の爪が折れないように、
トップにコーティングを施して頂き、
そして、亜鉛を意識して摂取するようにしました。

この半年ほどで、
伸びるとすぐに折れる、というか、裂けて、
深爪状態だった爪が、
徐々に強く、伸びてきましたよ。

亜鉛のおかげか、
爪が伸びるのが早く、
ネイルサロンの女性に驚かれます。

亜鉛は、
DNAやたんぱく質の合成にはたらき、
細胞の新生に欠かせません。

新陳代謝が活発な器官ほど、
亜鉛不足の影響を受けるわけです。

亜鉛不足は、
味覚障害で有名ですが、
そこまでいかないまでにも、
爪に白い斑点ができたり、
肌のかさつき、
脱毛、
胃腸粘膜障害、
そして男性では、
性能力の低下
なども起こります。

亜鉛不足は、
摂取不足だけでなく、
糖質の摂り過ぎ=インスリンの過剰分泌
でも起こります。
なぜなら、インスリンの構成成分は亜鉛だからです。

亜鉛の豊富な食材は、
ちょうど冬にかけて旬を迎える、
「牡蠣」。
ノロウイルスが気になるので、
加熱調理が安心ですね。

その他、
肉、スルメ、うなぎ、かずのこ、レバー、ホタテ貝、たらこ
などにも亜鉛は豊富です。
やはり、動物性たんぱく質系食品ですね。

爪に関しては、
鉄不足でも弱く折れやすくなります。
閉経前の女性は、注意が必要です。

鉄も、
肉や魚介、つまり、動物性たんぱく質系食品に豊富な
ヘム鉄からの摂取が有効です。

PageTop

糖新生のために

3連休、みなさま、いかがお過ごしでしたか。

長野では、また、大きな地震がありました、、。
謹んでお見舞い申し上げます。

東京でも、
久しぶりに大きな音で地震速報が鳴り響き、
愛猫・ナターシャ、
通称なたやんが、
慌てて押し入れに逃げ込んだとのこと!

3.11の時の、
大きな地震速報の警告音と、
大きな揺れは、
今も、忘れられない恐怖がありますが、
動物も同じなんですね、、。

わたくしは、
日曜日は仕事で京都におり、
翌朝のニュースで知りました。

そして昨日は、
オーソモレキュラー(栄養)療法
プロフェッショナル養成講座で、
終日、お勉強でした。

来週は、わたくしが講師を努めます。
糖質制限の理論と実践です。
実践に関しては、
バージョンアップしていますよ。

糖質制限のお話になると、
今も、
根強い心配事として挙げられるもののひとつが、
糖質を摂らないで、
血糖は下がらない?
脳の栄養は大丈夫?
というもの。

血糖値を上げるほど、
口から糖質を摂取しなくても、
人体には、
肝臓と筋肉を介して糖(エネルギー)を作り出す、
「糖新生」という機能がありますので、
大丈夫です。

しかし、
なので、
肝臓と筋肉は大事です。
とも言えます。

たとえば、
酒の飲みすぎで肝臓を酷使し、
運動不足で筋力を低下させながら、
糖質制限を長年、続けることは、
肝機能が低下し、
筋肉量が少なくなる結果、
糖新生がうまくはたらかない、
つまり、
低血糖につながる可能性も出てきますね。

酒の飲みすぎで肝臓を酷使。
運動不足で筋力を低下。
わたくし自信、
ドキッとするものがあります、、、。

糖質制限をはじめて、
あきらかに、
酒量が増えました。
なので、こちらは、最近は、減らしています。

運動は嫌いでしたが、
もういい歳なので、
筋トレは意識してするようになりました。

加圧のトレーニングに通っておりましたが、
今は、
ピラティスとヨガ、
よくに、ヨガにハマっております。
ヨガは、
1時間のレッスン時間ですが、
大粒の汗が落ちるほど。
難しいポーズだととくに、
もう筋肉がブルブルです。
そして、翌日は、筋肉痛です。

筋肉を壊し、
筋肉をつくるために、
その材料となる、
たんぱく質の摂取は重要です。

料理が苦手、
忙しいという方は、
筋トレ前に、
プロテインなども活用すると便利かもしれません。

ゆで卵や、
鶏むね肉か鶏ささみ肉のレンジ蒸しなら、
簡単にできて、どこにでも持参しやすく、
手軽なたんぱく質摂取におすすめです。

PageTop

2014 糖質オフ・クリスマスケーキ

2014ブッシュドノエル

糖質オフのクリスマスケーキのご案内です。

小麦粉はもちろん、
トランス脂肪酸、
人工甘味料を使用せずに、
美味しいスポンジとクリームで
美味しいケーキができました。

カカオの香りのふんわりしたスポンジに、
さっぱりとした生クリームの味わいが好相性で、
とても美味しいケーキに仕上がっています。

ケーキは、
香川県・高松市の
「菓子工房 ルーブ」さんにお願いし、
特注で作って頂きました。

先日、2014年10月14日~16日の3日間、
東京都立産業貿易センターにおいて
「2014ジャパン・ケーキショー東京」が開催されました。
この催しは、国内はもとより海外までその名を広く知られた
わが国最大の製菓業界を代表するビック・イベントですが、
このイベントで、なんと、
ルーヴさんから、
2人ものパティシエが、入賞されておられます。

このような形で届きますので、
飾り付けもお楽しみ下さいね。

ブッシュドノエル梱包

「糖質制限クリスマスケーキ ブッシュドノエル風ショコラロール」
■価格:3,240円(税込み)
■内容:1本330g(6.5cm(直径)×15cm)
■限定数:300個
■お届け日:12月23日、24日、25日のご指定日
■お届け時間のご指定が可能です

ご注文、詳細はこちらから!
http://www.orthomolecular.jp/shop/shop1/html/

PageTop

白菜漬け

日に日に、朝晩、寒くなってきましたね。
関東は、風が強い日が出てきました。

で、関東の空っ風を利用して、
毎年、晩秋から冬は、
白菜漬けを手作りします。

写真は、

2014年白菜


なにかあやしげな、
クリームのような物体のようにも見えますが、
白菜漬けです。
今年はじめて漬けたものです。

いい塩梅の塩加減と浸かり具合に仕上がりました。

毎年、
夏は、きゅうりとなすのぬか漬け。
冬は、白菜漬けを楽しんでいます。

白菜は、大きさにもよりますが、
1/2個を4等分にして、
ザルに並べて、ベランダで干します。

3〜4日もすると、乾きますので、
それを、よく水洗いしてほこりなどをきれいに落とします。

漬ける容器は、
直径20センチ
高さ15センチ程度の
ホーロー容器を使っています。
流しの下や野菜室にも入れられる大きさで、
少ない家族の漬け物を漬けるには便利です。

干してよく洗った白菜漬けを容器に並べ、
好みの塩をふりかけます。

今日は、
先日、高松に伺った際にお土産で頂いた
「讃岐の藻塩」
を使いました。

このお塩、
今日の娘のお弁当の鮭たっぷりおにぎりにも使いましたが、
海藻のうまみが素晴らしいです。

塩で味をつける他、
しょうゆを少し入れるときもあります。

そして、酢をどばばどばっと加えます。

最後に、誘い水を適当に加え、
重しをして蓋をして、
3〜4日。
1〜2日目に、様子をみて、
水があがってきていないようなら、
塩と水を足します。

重しを超えるほど水が出てきたら、
だいたい食べごろなので、
容器から出して、
冷蔵庫で保存します。

塩の種類や量を自分で調整できるのと、
食品添加物も加えることがないので、
安心です。

お酒のおつまみに頂いたり、
やわらかい豆腐の添え物にして、歯ごたえを楽しんだり、
サラダ感覚で楽しめますよ。

PageTop

糖質の過剰摂取と機能性血糖症


先週、日曜日講演会に出席するため、
土曜日から高松へ行っておりました。

写真は、土曜日の前夜祭で頂いた
骨付き鶏

一鶴


「一鶴」で頂きました。
http://www.ikkaku.co.jp

本店は丸亀市にあるそうですが、
高松市内のお店に総勢11名で、
1時間ほど並んで入れました。

親鶏とひな鶏と選べます。
わたしは、なんと両方、食べました。
お腹いっぱいに。
そして、わたしは、断然、親鶏派です!
もう固くしまった食感がたまりません。

香川では骨付き鶏は、他の居酒屋さんなどでも
定番のメニューで、
スーパーでは骨付き鶏用の
家庭用スパイスなども売られているそうです。


で、写真は、、、

霧の高松空港

濃霧の高松空港。

月曜日、朝から、東京でクリニック勤務なので、
日曜日のうちに、
最終のJAL便で帰京のはずが、、、、
なんと、
高松空港上空を旋回していた飛行機が濃霧で着陸できず、
羽田に帰ってしまいましたーーー!!

これはやばい!と
すぐに、空港すぐのホテルを予約し、
すぐに、月曜日朝一のANA便が空いていたので変更。

月曜日は、無事、飛行機飛んで、
羽田につき、
その足で、クリニックへ、、、。

そして、夜、
骨付き鶏の感動が冷めず、
地元吉祥寺で、
焼き鶏を食べに行きました。
が、もちろん、全然、違います、、。

骨付き鶏を食べるために、
高松に行きたいほど、
ハマってしまっております、、。

さてさて、長くなりましたが、
高松での講演会は、
2014年11月9日(日) 13:00~16:00
サンポートホール高松 3F大ホール
「女性の未来は食事で変わる!
~ストレス、ダイエット、妊娠・・・
栄養は必ず女性を変える~」

【講演テーマ・講師】
「女性の脳」からストレスを消す食事
溝口 徹 先生 新宿溝口クリニック 院長

キレイにやせたい人はサラダより焼肉を食べなさい
定 真理子 先生 新宿溝口クリニック チーフ栄養カウンセラー

に続き、大柳は
明日からできる糖質制限食の実践

と題してお話させて頂きました。

会場は700名を超える参加者の皆さんでした。

今年で3回目となる、
栄養に関する講演会を主催されている
香川県東かがわ市にある
桑島内科医院の
http://kuwajima.net

桑島靖子先生は、
不調の原因の多くは栄養欠損があること、
高タンパク質食、
そして糖質制限が大切であるというメッセージを、
先生のブログなどでも、
広く発信されておられます。

そして、
講演会の中でも取り上げられた疾患に、
糖質過多と栄養不足が招く、
機能性低血糖症のおはなしがありました。

機能性低血糖症とは、
糖質摂取後の、血糖の乱高下するなど
血糖値の調整異常の結果、
急激な眠気、
不安、イライラ、
発汗、
手足のふるえ、
などなど、
心身にさまざまな不調があらわれます。

血糖があがっても、
まだインスリンが出て、
インスリンが効くから、
血糖値の乱高下がおきますが、
これが、
インスリンが出なくなる、
あるいは
インスリンが効かなくなったら、
血糖値が上がったまま下がらない、
つまり2型糖尿病の前段階とも言えます。

食後、
会議や授業中なのに、本気で寝てしまったり、
そわそわ落ち着かなくなったり、
手足がふるえたり、
それが、糖質を摂り過ぎることで、
血糖の調整異常によって引き起こされているとわからないと、
精神疾患にも間違われてしまうケースも少なくありません。

実際、精神科で、うつ病と診断され、
たくさんのお薬を飲んでも、
原因となっている
血糖値を上げる糖質を制限するという食事ができないかぎり、
治らないし、
どんどんお薬が増えていくことにもなりかねません。

そして、香川県は、
糖尿病や交通事故の件数もワーストに近いと
よく取り上げられますが、
これも、
うどん、おにぎり、天ぷらなど
糖質の過剰摂取と、
もしかしたら、その後の低血糖による眠気が
事故の原因に何か関係があるのではないかと考察がありました。

さらに、
香川県は、
小学生の暴力事件ワースト1なんだそうです!!

自閉症、多動、暴力、不登校といった
子どもののニュースをよくみるようになりました。
これも、
多くは栄養の問題と
機能性低血糖が関係しているとの話がありました。

「家族の勝手でしょ!
 写真274枚で見る食卓の喜劇」 (新潮文庫)

「「親の顔が見てみたい!」
調査―家族を変えた昭和の生活史」 (中公文庫)
には、
現代の、
ふつう?!の食卓の状況が
リアルに調査、報告されていますが、
まさに、
お菓子だけの朝食、
具のない素ラーメン、素パスタ、素やきそばなど、、、。
糖質ばっかりで、
大人もそうですが、
成長期の子どもたちの栄養(からだとこころ)が
心配になる光景ばかりです。

今こそ、子どもたちに、
食文化を教える食育ではなく、
あわせて
食の科学(栄養学)も教えないと、
大変なことになりますね。
まあ、教える側の栄養士が、
ごはんは日本人の主食、
カルシウムは牛乳、
野菜はヘルシー、
なんて、指導をするようなら、
どうにもなりませんが。

PageTop

甘味料

連休、皆様、いかがお過ごしですか。
わたくしは、金曜日〜土曜日、
兵庫県、丹波市にある
里皮フ科クリニック
里院長にお招き頂き、
糖質制限食の勉強会で講師を努めて参りました。

写真は、
勉強会に参加してくださった
地元のお菓子屋さんが作って下さった、
糖質オフのケーキ。

丹波:ケーキ

その他にも、
丹波の黒豆や、
地元のお野菜や食材を使ったお料理の数々、
そして鹿肉などをご馳走頂き、
どれもこれも本当に美味しく、
丹波から、おいしい糖質制限食を!
という皆さんの想いも心強く感じました。

写真は、
勉強会の後、
里先生のご実家で、
参加者のみなさんと一緒に
打ち上げパーティのお料理。
参加者のみなさんが、
地元野菜やハム、チーズなどなど、
たくさん持ち寄って下さいました。

丹波:打ち上げ

そして、こちらは、
帰りの新大阪液駅で買ったお土産。
「ビリケン銀行百万円メモ帳」
「たこ焼き鉛筆」

大阪お土産

この他にも、
新大阪駅の土産売り場、
爆笑必至ですよ。

北海道の銘菓
「白い恋人」そっくりの
「面白い恋人」
しかも、味は、
みたらし味!

そして、一見、
風邪薬っぽい外箱。

「シアワセニナ〜ル」
「ホレヤスクナ〜ル」
「オモシロクナ〜ル」
の3種類がありまして、
「シアワセニナ〜ル」
は、
アンラッキーなあなたに!
とのこと。

そして
ナンカA配合。
です。

効能は
ピンチのときでも「不幸中の幸い」になる
いちいち幸せな気分になる
などなど。

ちなみに
中身は、ラムネ菓子です。

他にも面白いもの盛りだくさんで、
ひとり、
お土産売り場で、
にやにやしておりました。

そして
駅構内の串揚げだるまで、
串揚げとハイボールを楽しんで東京に戻りました。

さて、さて、前置きが長くなりましたが、
本題です。

甘味料について、
ご質問がございました。

『ラフィノース』と言うオリゴ糖の一種があるそうです。
さっそく取り寄せてみました。
「北海道産 ビートオリゴ糖」

オリゴ糖


サラサラしっとり粒子がとても細かく、
甘さは控えめですが、
エリスリトールなどの糖アルコールの甘味とは違って、
普通のお砂糖のような甘味です。

日本甜菜糖株式会社のHPによると、

「ラフィノースは、
ビート(砂糖大根)から分離精製して得られる天然のオリゴ糖」
だそうです。

「ラフィノースは甘味度は砂糖を100とした場合、
20%強です。砂糖に極めて近い上品な甘味を有しています。」

そして、
「ラフィノースは、
胃や小腸で分解されませんので、エネルギーになりにくい糖です。」

とのこと。

さらに、
「ラフィノースは、他のオリゴ糖にみられる酵素を利用した製造法ではなく、
ビート糖蜜から分離・精製して得られる純粋な天然の物質です。
公的試験機関による急性毒性試験・変異原生試験の結果、
安全であることが確認されています。」

とは!
使えそうですね。

とくに、
エリスリトールの、
冷たい甘味が苦手という方は、
試してみるのも良いかもしれません。

また、
オリゴ糖は
腸内細菌の代表的な善玉菌・ビフィズス菌の増殖因子でもあります。

市販の甘味料の場合、
糖アルコールのエリスリトールに、
ラカンカ顆粒をプラスした
「ラカントS」(サラヤ)は、
血糖値をまったく上げない
100%ナチュラル甘味料です。

その他の市販品は、
糖アルコールのエリスリトールに、
人工甘味料(アスパルテーム、アセスルファムカリウム、
スクラロース、ネオテーム、サッカリン)
が添加されています。

糖質0やカロリー0
とうたったビールやチョコや炭酸飲料やゼリーなどにも、
人工甘味料(アスパルテーム、アセスルファムカリウム、
スクラロース、ネオテーム、サッカリン)
が添加されます。

人工甘味料は、
先日、
科学雑誌「ネイチャー」にもその危険性が指摘されました。

大丈夫だと、いう日本の医師もおられます。

どう判断するかは、
個々人によるかと思います。

わたくしは、人工の甘味料はいらないと考えています。
なぜなら、
「ラカントS」がありますし、
「ラカントS」が苦手な方は、
このようなビートオリゴ糖など
天然の血糖値を上げにくい甘味料を上手に使う事で、
とくにお菓子作りなど、
糖アルコールだと成功しにくいお料理にも
活用しやすいかと思います。

ちなみに、
糖質0ビールで、
人工甘味料を使用していないのは、
調べている限り、
現在までのところ
「アサヒスタイルフリー」
だけのようです。

PageTop