管理栄養士のローカーボ・キッチン

ナタデココ Part2

市販のナタデココ、届きました。
思っていたよりすごく大きな業務用のような缶で、、。

さっそく缶切りであけて、
1粒つまんでみると、
砂糖やパイナップル果汁で味付けされているので、
甘いです。
すごーく甘いというわけではないですが、
まあ甘いです。

そこで、一部をザルに取りだし、
ボウルにいれて水をはって、
30分ほどして水をかえて、
を、
5〜6回ほどして、
ようやく、
甘味の抜けたナタデココができました。
完全には甘味は抜けきれない感じですが、
それでも、甘味はうっ〜っすら感じる程度まで抜けます。

ザルにあげておいたらこんな感じ。
IMG_1384.jpg

器に入れて、
ヨーグルトと
「ラカントS」(液状)をかけて、
風味付けに
お抹茶をトッピングしてみました。
IMG_1385.jpg

さっぱりしていて、
ナタデココのコリコリとした独特な食感がアクセントになって、
美味しいです。

「ラカントS」で甘味をつける
手作りゼリーや炭酸水で飲み物をつくった際にも、
食感のアクセントになりそうですよ。

ただし、
家族構成にもよると思いますが、
ナタデココは、
小分けの食べきりサイズの缶での購入をおすすめします。
大きな缶で買ってしまうと、
毎日、ナタデココを食べ続けることに〜〜。



スポンサーサイト

PageTop

ナタデココ

ナタデココに関してご質問をいただきました。

ナタデココ、10年くらい前に、流行りましたよね。

コリコリとした独特な食感がわたしも好きでしたが、
甘いシロップ漬けや
甘いゼリーに入っているため、
糖質オフをはじめてからは、
糖質が高いものだと
すっかりその存在すら忘れていました。
が、調べてみると、
ナタデココ自体は、
99%が水分、残り1%が食物繊維だそうです。
カロリーも糖質もゼロと言えますね。
(出典:ナタ・デ・ココ - Wikipedia)

この食物繊維は、
アセトバクター・キシリナムという酢酸菌によって作り出される
「微生物セルロース」と呼ばれる食物繊維だそうです。
(出典:ドール:ナタデココの秘密)

満腹感が得られ、食べ過ぎを防ぐとか、
万病の元とも言える便秘を予防、改善するとか、
腸内の有用菌群を増やすとか、
農薬や食品添加物など吸着し、排泄させるなど
食物繊維がもつはたらきが期待できそうですね。

ナタデココ!使えそうです。

しかし!
市販されているナタデココをみてみると、
どれも甘いシロップに漬けられたものばかりです、、、。

ですが、水につけて、何度も水を変えることで、
砂糖などのシロップ(甘味)を落とせるようです。

さっそく試してみたいと、先ほどアマゾンで購入しました。
シロップ(甘味)を抜いたナタデココを、
ラカントS(液状)でいただいてみたいと思います。

改めてご報告しますね!


PageTop

こんにゃく麺

各地で真夏日ですね。
五月なのにね。

今年は春物を着る機会がなく、
本日も夏服を着てお仕事です。

暑くなると、
ツルツルっと
そうめんや冷やし中華のCMが悩ましい
糖質オフ実践者もおられることと思います。

我が家では宅配生協を利用していますが、
この季節、
「こんにゃくそうめん」を買い置きしています。

IMG_1380.jpg

付属のタレを使わなければ糖質はゼロ。
タレを使っても
タレの糖質量は1食5gです。

ふつうのそうめんを、
こんにゃくそうめんに変えれば、
糖質はオフできます。

しかし、
そうめんしか食べなければ、
タンパク質や脂質、ビタミン、ミネラルなど、
栄養は
ふつうのそうめん同様、
まったく期待できません。

蒸し鶏や、
豚肉や牛肉のしゃぶしゃぶ、
あるいは
魚介のボイルなど、
タンパク質系食品を確保し、
きゅうりの細切り、
もやしのボイル、
貝割れ大根、
戻したわかめなど、
野菜や海藻から食物繊維も確保して、
ツルツルっと冷たくさっぱりと
こんにゃくめんを活用しながら
夏が来る前に夏バテせずに、
しっかり栄養を確保していきたいものです。

こんにゃくめんは、

ローソンや
http://store100.lawson.co.jp/product/valueline/daily/2407.html

紀文
http://www.kibun-shop.com/SHOP/46434/list.html

からも販売されていて、
スーパーやコンビニで手軽に購入できるようになっています。

PageTop

糖質オフのカップ麺

昨日、山手線車内の広告で発見。

糖質が気になる方へ
糖質50%offのカップ麺
明星 低糖質麺「はじめ屋」

発売。

なんだそうですよ。

明星 低糖質麺 はじめ屋 糖質50%オフ※ 醤油豚骨味
※【日本食品標準成分表2010より、中華スタイル即席カップめん(非油揚げ)との比較(100g当たり)】

◼️栄養成分(1食91gあたり)
エネルギー337kcal
糖質25.2g

◼️原材料名
めん(小麦粉、植物性たん白、植物油脂、卵粉、食塩、香味調味料)、スープ(豚・鶏エキス、ラード、食塩、しょうゆ、香味油、たん白加水分解物、難消化性デキストリン、香辛料、植物油脂)、かやく(チャーシュー、味付メンマ、ねぎ)、加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、カラメル色素、増粘剤(増粘多糖類、アルギン酸エステル)、香料、乳化剤、酒精、かんすい、クチナシ色素、リン酸塩(Na)、微粒二酸化ケイ素、酸味料、甘味料(スクラロース)、酸化防止剤(ビタミンE)、香辛料抽出物、(原材料の一部に乳成分、ごまを含む)

明星食品さんのHPに詳細あります。
http://www.myojofoods.co.jp/hajimeya/

昨夜、
仕事の帰りに
吉祥寺のコンビニでみてみましたが、
置いてなかったですね。
スーパーにはあるかもしれませんね。
まだ食べていないので味はわかりませんが、
わたしはもともとカップ麺も含め、
麺料理にはあまり執着はないのですが、
(米派です!)
我が家の糖尿人は麺好きなので、
とても喜ぶと思います。

ただし、
糖質量は糖尿病の方にはやや高めのような、、
でも、
比較すれば低いですからね。
良いことですが、
原材料をみると通常のカップ麺同様、何やらたくさん、、。

それにしても糖質オフの市販食品、
身近になってきましたね。

リンガーハットでは、
ついに
「野菜たっぷりちゃんぽんの麺無し」

「野菜たっぷり食べるスープ」
としてメニュに登場しているようですよ。
http://www.ringerhut.jp/menu/recommend/yasai-soup/


「糖質オフするならどっち」(宝島社)にも書きましたが、
糖質さえとらなければいい、
だけではなく、
食品の質や栄養という観点も
頭の隅においておきたいと考えます。

糖質をオフしても、
カップラーメンで食事をすませてしまうようでは、
血糖は上げずに済むかもしれませんが、
タンパク質やビタミン、ミネラルなど、
栄養不足の懸念はなにも変わらない、
ということになります。

栄養摂取というよりも、
たまのお楽しみに活用できるなら、
コンビニで買える糖質オフのカップ麺は、
手軽で嬉しいですね。

PageTop

「糖質オフ するならどっち?」

この度は、糖質制限食の実践に関する本を、
宝島社より上梓いたしました。
レシピ本以外のはじめての書籍となります。

IMG_1378.jpg

http://www.amazon.co.jp/糖質オフするならどっち-大柳-珠美/dp/4800240484

出版社からの商品紹介と、
おわりに、をペーストします。

糖質オフの実践に、本書をお役立て頂けましたら幸いです。


◼️内容紹介
血糖値が気になる方、減量したい方にかぎらず、いまや長生きするために「糖質オフ」は新常識になりつつあります。
しかし、ただ主食を抜くだけでで本当にいいのでしょうか?
本書では、イマイチわかりづらい食材のえらび方を「サーロインステーキと和風ハンバーグ、糖質量が低いのはどちらか」など、クイズ形式で一挙紹介。
話題の油や小麦の質、人工甘味料についてもわかりやすく解説。
糖質オフを楽しく学べる一冊です。


◼️おわりに
 糖質を控え、食事の度に血糖を上げることなく、たんぱく質や脂質など必須栄養素を確保する食事は、ヒトの栄養として自然なものであると考えます。
 なぜなら、本書でもくわしく述べましたが400万年といわれる人類の進化の過程で、人類が米や麦など農耕をはじめたのは1万年前。399万年という大半をヒトは、米や麦など糖質を多く含む食品ではなく、昆虫や動物の肉、骨髄、魚介、卵、種実、雑草、海藻など、たんぱく質と脂質、そして食物繊維を摂取していたと考えられているからです。
 ヒトの消化管機能にとって糖質の摂取は不自然なことであり、ましてやこの100年足らずのうちに広まった、品種改良や精製された穀物、砂糖などの甘味料、菓子類、トランス脂肪酸や人工甘味料などの摂取には、とうてい適応できないと考えられます。同時に、主食に偏った食事の弊害は、ヒトの生命維持に必須の栄養素、たんぱく質と脂質に加え、栄養の吸収や免疫の要である食物繊維の不足が心配されます。だからこそ、糖質オフに加え、オンする食品の「質」が重要であると考えます。
 もうひとつ、糖質は血糖値を上げる唯一の栄養素であるという事実も、知っておきたいものです。
 現在、世界的に食後高血糖の弊害が指摘されています。肥満をはじめ、糖尿病、がん、アルツハイマー型認知症など現代病ともいえる疾病のリスクを高めることが懸念されているのです。
 日本の医学界でも、糖質制限食は話題になっています。主食に偏った食事を続けると糖尿病だけでなく、血糖値の乱高下や栄養欠損が起こりやすくなります。それが原因と考えられるさまざまな疾患において、糖質制限食の有効性が注目されているのです。さらに、余分な体脂肪は減らしても、筋肉量は減らさないダイエットに有効な食事療法としても、テレビや雑誌など多くのメディアでとりあげられ、もはや糖質制限食は聞きなれない食事療法ではなく、誰もが知るところとなりました。
 しかし、それと同時に、糖質制限に関する情報は、さまざまなメディアを通じて断片がクローズアップして伝えられる機会も増えているように感じていました。また、糖質を減らす結果増えるおかずの質、例えば食品添加物や酸化油脂の問題にまで網羅して解説できる機会が少ないことも懸念していました。そんな折、宝島社の編集者から今回のお話を頂き、この度、本著を上梓させて頂く運びとなりました。
 糖質制限の“制限”は否定ではないと考えています。コントロールなのです。ヒトの消化管機能に適応した栄養という生命科学を知ったうえで、個々人の一生のなかで糖質とどう付き合うのか、何をどう食べるのか、その時々の価値観や生活と折り合いをつける必要があります。そんなとき、どんな視点を持っておくと日々の食卓に役立つのかを考えながら“どっち?”の項目をたてて執筆しました。
 これから糖質オフをはじめる方も、すでに糖質オフをされている方も、安心、安全な糖質オフの実践に、本著をいつも身近において頂けましたら幸いです。

2015年5月 管理栄養士 大柳珠美

PageTop

コレステロールと核酸

IMG_0529 (1)

写真は、昨年だったか、
休日、1人で江ノ島へふらりと出かけ、
昼間のビールとしらすです。
しらすはコレステロールが高いからと、
敬遠される方も多いようですが、
ついに、
厚生労働省も
動脈硬化学会も、
コレステロールは「食事で変わらず」との見解を示しましたね。
http://mainichi.jp/select/news/20150502k0000m040167000c.html
(毎日新聞)

「食事からのコレステロールは一部に過ぎず、
食事から多く取れば、体内で作る量を減らすなどの調整する仕組みがある」
「食べるのを制限しても血中の値が低下する人と、しにくい人がいて、個人差が大きい」

ようやく、
卵を、
しらすを、
煮干しを、
イカを、
タコを、
エビを、
牡蠣を、
しらこを、
イクラを、
レバーを、
堂々と?!
食べられますよ。
というか、これまでもまったく気にせず、
食べてきていますが。

10年ほど前になりますが、
糖質制限と栄養療法の知識を知ってほやほやの頃でした。
某企業の栄養指導のお仕事を受けました。
対象の中のおひとりは、
LDLコレステロールが基準値よりやや高いだけで、
家族性高コレステロール血症でもなく、
中性脂肪もその他の数値も基準値以内で、
肥満もなく、
痩せ型の男性でしたので、
コレステロールの食品を控えるのではなく、
むしろ卵や肉類などのタンパク質はしっかり確保し、
ただし、
食パン、マーガリン、
とんかつやてんぷらなどの揚げ物好き、
間食にはクッキーなどの焼き菓子の常食があったので、
そちらを控えるよう指導したところ、
その栄養指導プログラムのトップの
偉いと評判の栄養士の先生にむっちゃ怒られ、
始末書を書かされ、ハンコを押し、
でも栄養学的には間違っていないと思うと、
その仕事を降りたのですが、
事実は、
伝え続けていくことが大事だと、
今回のコレステロール見直しで
改めて実感しております。

いずれ、
とくに糖尿病の方には、
カロリーではなく
糖質のコントロールが不可欠であるという見解を、
厚生労働省や糖尿病学会が示す日も
それほど遠くはないような気もしていますが。

さて、
コレステロールが多い食材は、
核酸も豊富な食材が多いのが特徴です。

核酸は、
わたしたちのからだ(生命)すべてを形づくる
細胞の代謝に不可欠な栄養素です。

核酸は遺伝をつかさどる成分で、
DNAとRNAの2種類あります。

親の細胞のすべての遺伝子が、
必ず次の新しい細胞に正確に伝えられていきます。
これがDNAの複製です。

細胞の集合体である
わたしたちのからだの中では、
毎日ものすごい速さで細胞が分裂しています。

細胞の新陳代謝を活発にする核酸は、
老化にともなう心臓や肝臓の機能低下の回復や、
がんや認知症の予防、改善などの作用が期待されています。

核酸は自分の体内でつくることができます。
しかし、
細胞分裂が盛んな成長期(増殖)が終わると、
合成できなくなるので、
細胞の新陳代謝を活発にし、
老化を防ぐには核酸の補給が有効だと考えられています。

核酸の豊富な食品は、
コレステロールの豊富な食品とかぶります。


しらす、
煮干し、
イカ、
タコ、
エビ、
牡蠣、
しらこ、
イクラ、
レバーなど。

コレステロールを気にして、
中年以降、控えてきた食材たちはむしろ、
細胞の増殖も終わり、老化に向かっていく
中年以降、積極的に摂りたい食材と言えますね。

PageTop

こんにゃくごはん

ゴールデンウイークが終わりました。
ゴールデンウイーク明けの仕事も、
ようやく大部分は終わり、いくつか残っていますが、
今週中には落ち着けそうです。

あれこれ書きたいことはあるのですが、
ごはん好きの方のために
おすすめのこんにゃくごはんをご紹介します。

粒こんにゃく
「ごはんと混ぜるだけ」シリーズの鶏ごぼう味です。

山形にある「丹野こんにゃく」さんの商品です。
以前、山形へ講演会に伺った際にみつけ、
今では、オンラインストアから購入しています。
http://www.tannokonnyaku.co.jp/webshop/

鶏ごぼうごはんの味が混ぜるだけで楽しめます。

ごはんが食べたいときは、
サラヤさんの
低GIごはんを使っています。

低GIごはん

3kg入りの生米タイプの方が炊きたてはとくに
白米っぽいです。
パウチの方が、手軽にレンジで温めて食べられるので便利です。
パウチは、表記通りの時間、温めると、
パウチ臭くなるというか、
我が家のレンジでは500W1分で温めています。

温めた低GIごはんに、
先ほどの味付けこんにゃくを入れたり、
芽ひじきの煮物を入れたり、
かさましします。

食物繊維がたっぷりとれる
ごはん風の味わいです。

糖尿病の方は血糖自己測定器をお持ちの方は、
血糖測定しながらどのくらい上がるか
確認しておくと良いかと思います。

我が家の糖尿人は、
低GIでも、
だいたい1gの糖質で3mg血糖が上がりますが、
白米に比べるとピークがやや遅くなるようです。
こんにゃくやひじきなど
糖質の少ない食材でかさましする=糖質の割合を減らす方が安心です。
まあ、もちろん、食べなきゃいい話なんですが、
食べたい時は、
いろんな選択肢があるとおいしさも広がります。

PageTop