管理栄養士のローカーボ・キッチン

「糖質制限」で末期がん患者の8割が改善

今週は、自宅にこもって
ずっとスライドやテキスト作りをしております。
なのでヨガもキャンセルし続けております、、、。
東京、吉祥寺は、昨日、雪もすごかったです。
まだ家の屋根や車には積雪が残っています。

そして週末は
沖縄県宜野湾市で糖質制限食の講演会が開催されます。
低血糖症の糖質制限食についておはなしします。

あらかき美容医学研究所主催一般講演会[沖縄県宜野湾市]
テーマ『パニック・うつ・発達障害・不妊症・動悸…低血糖の症状と治し方』※PDFファイル
日時:2016年 11月27日(日) 14:30~16:30(14:00 開場)
会場:沖縄コンベンションセンター 会議棟B1
( 〒901-2224 沖縄県宜野湾市真志喜4-3-1 )
講師:大柳 珠美 先生(管理栄養士)
    定 真理子 氏((新宿溝口クリニック チーフ栄養カウンセラー)
    新垣 弘美 先生(新垣形成外科事務長、あらかき美容医学研究所代表)
定員: 500名
費用: 前売り券 ¥1,500
    当日券 ¥2,000
お申込み・お問い合わせ
http://www.orthomolecular.jp/wp/wp-content/uploads/d6074b34cdcbae1b9fca1dadb2e2a375.pdf

12月4日(日)は
大阪で栄養療法の講演会が開催されます。
こちらは定員800名です。
s_20161204_img_1.jpg


糖質制限の理論
糖質制限の実践
食事記録の読み取り方と問診のコツなど
まとめた内容は改めてご案内しますが、
糖質制限の実践においては、
とくに長い期間、
高血糖状態が続いていた方は、
抗酸化栄養の摂取も重要です。
また、
長い高血糖期間に
尿中に排泄され続けていたであろう
マグネシウム、カリウムなどのミネラル補給も重要です。
マグネシウム、カリウムの不足は、
心不全、こむらがえり、手足のしびれなど、
筋肉のうごきに影響します。

マグネシウム、カリウムは、
大豆製品全般、海藻全般、そして魚に含まれます。

マグネシウムとカルシウムと一緒にはたらく
ブラザーイオンと言われるミネラルですが、
肉食に偏る食事だと、
肉からリンを多く摂取するので、
リンの摂取によって
カルシウムの不足を招き、
マグネシウムとのバランスがくずれやすくなるかもしれません。

糖質制限で外食が多い方は、
ナトリウムの過剰摂取にも注意して、
ナトリウムの排泄を促す意味でも、
カリウム摂取が重要です。

いずれにしても、
基本は、
主食を食べ過ぎない、抜くなどしながら、
糖質制限によって、
食後高血糖をできるだけ起こさないようにすること。

ましてやトランス脂肪酸やリノール酸と一緒になって
しかもそれらの油が酸化しているであろう
パンやカップ麺、クッキー、スナック菓子からの糖質摂取は、
味覚しか満たされないかもしれません。

国際糖尿病連合が発表している
「食後高血糖に関するガイドライン」には
食後および負荷後高血糖は大血管疾患の独立した危険因子である
食後高血糖は、酸化ストレスを生じ、血管内皮を傷害する
食後高血糖は、認知障害に関係する
食後高血糖は、がん発症リスク上昇と関連する
ことが明記されていますが、

週刊ポスト2016年12月2日号に
『「糖質制限」で末期がん患者の8割が改善 衝撃の研究結果』
が掲載されました。

「19人の末期がん患者に抗がん剤などの既存の治療と、糖質制限による食事療法を3か月続けたところ、
がんの症状が消失した完全寛解が5人、がんが30%以上消失した部分奏効が2人、進行を制御した例が8人、一方で病状が悪化した例は3人という結果でした。完全寛解率28%、部分奏効や進行制御も含めた病勢コントロール率(治療効果のあった患者割合)は実に83%に達しました」

とのこと。

世界初の臨床研究を行なったのは
多摩南部地域病院外科医の古川健司先生です。

精製、品種改良された消化吸収の良すぎる糖質食品が、
いかに、
ヒトの消化管機能にまだ適応できていないか、
いかに
現代病の発症に関係しているかということを考えさせられる
貴重な研究ではないでしょうか。

スポンサーサイト

PageTop

糖質制限クリスマスケーキ

街のイルミネーションも
すっかりクリスマスモードですね。

今回は、
糖質制限のクリスマスケーキ、ブッシュドノエルのご案内です。

砂糖、小麦粉、トランス脂肪酸、人工甘味料不使用です。
自由にデコレーションできる付属のクリスマスの飾り付きです。
冷凍で届きますので、
飾りをつけなければ、
クリスマスだけではなく
年末年始などに
糖質制限ロールケーキとして頂くこともできますよ。

こちらのサイトから購入できます。
「オーソモレキュラー.jpモール」
http://www.orthomolecular.jp/shop/shop1/html/

以下、サイトからの案内です。


小麦粉の代わりにアーモンドパウダーを使用し、しっとりチョコレート風味の生地を実現しました。生地の中には、やさしい味わいの生クリームをサンド。表面は、濃厚なカカオマスの風味を楽しめるクリームでブッシュドノエル風にデコレーションしました。大人からお子様まで、どなたにも喜んでいただける味わいです。
オーソモレキュラー.jp×菓子工房ルーヴより、満を持して、糖質制限クリスマスケーキ、登場です。


■販売価格: 3,240 円(税込)
■内容:1本330g(6.5cm(直径)×15cm)
■限定数:500個
■お届け日:12月22日、23日、24日、25日のご指定日
■お届け時間のご指定が可能です
■商品到着後、お召し上がりになるまでに、冷蔵庫にて約8時間の解凍時間が必要です
■冷蔵庫に入れた後は、翌日中にお召し上がりください

※数に限りがございますので、売り切れの際はご容赦ください。

PageTop

食べたものがからだをつくる

東都大学野球連盟に所属する
日本大学野球部の栄養管理を、
1年ほど前からさせていただいています。

東京6大学と違って、
東都大学野球は4部制になっており、
秋と春のリーグ戦の度に、
それぞれの最下位と最上位が入れ替え戦を行います。
2部だったチームが1部昇格後、次のリーグ戦で優勝もあれば、
逆に、
1部にいても次のリーグ戦で2部降格も当たり前の、
実力が拮抗している東都野球は
「戦国東都」と呼ばれているほど、
高い実力が拮抗しています。

大学野球の名門、日本大学野球部も、
長い間2部にいました。
そんな中、1年ほど前に栄養管理のおはなしをいただき、
まずは寮の食事や試合前後の食事内容を全面的に変えました。
学生向けのセミナーも設けていただき、
スポーツ栄養についてお話し、
部員全員で共有できました。

栄養に関する取り組みは、
優勝という大きな結果の
小さなピースのひとつです。
部員全員の力があってこその結果です。
そして、選手を支える家族の姿を、
試合の日、神宮球場で何度か目にする機会もありました。
日々の食事作りに関しては、
栄養強化する分、
買い物や調理の手間がかかることになっても、
学生のためにと、
温かいものは温かく、
冷たいものは冷たくと、
いつも気を使って作ってくださる調理の方にも大変、お世話になりました。
仕事でご一緒した方に、
大学野球の栄養管理をさせていただいていることを話す機会があったあと、
野球部員全員に、
食品メーカーさんから差し入れを頂いたこともありました。
そしてなにより、
栄養管理も重要な戦略のひとつという認識のもと
指揮をとられた
監督のお力があり、
トントン拍子で一部昇格、
今シーズン12年ぶりにリーグ優勝を果たしました。

そして今、
全国の大学と高校の野球の頂点を決める、
明治神宮大会が開催されています。

今年は、
春、夏と、高校野球、そしてプロ野球、さらに侍ジャパンと続き、
今年は明治神宮大会まで、
どっぷり野球を楽しませていただいております。

野球に限らず、
アスリートは、日々、みんな一生懸命、
トレーニングや練習をしています。

それでも勝負の世界、
誰かが勝ち、
誰かが負けます。

アスリートにとって、
勝ちたいという想いや
練習量やトレーニング技術に、
それほど差があるとは思えません。

それでも
あと1秒、あと1センチ、
勝ち負けを分けるものはなんなのか、
そのひとつが栄養であると考えています。

とくに野球はそうだと思いますが、
瞬時に判断を求められる脳機能を高めることは極めて重要です。
しなやかな筋肉、骨、靭帯などなど、
からだつくる材料は、
タンパク質であり脂質です。
栄養素やエネルギーの代謝には、
ビタミンB群が欠かせませんし、
免疫には、ビタミンAやDなど脂溶性ビタミンも必要です。
スポーツというストレスのシャワーを浴びるような状況下では、
ビタミンCやEなど抗酸化栄養も欠かせません。
筋肉の動きにはミネラルも重要です。
ミネラルは、汗でロスし、
ストレスで消耗されるので、
補わないといけません。
足の裏を酷使するスポーツでは、
赤血球が破壊され、
生理のない男性でも、貧血に注意が必要です。

若い男性選手は、
(とくに胃腸が弱く、下痢しやすい体質の方は)
どちらかというと太りにくいので、
そのような方は
糖質という
手っ取り早しエネルギー源も賢く活用しながら
エネルギー確保につとめるのも手です。

逆に野球選手に多いですが、
中年以降のメタボ体型であれば、
アスリートといえども、
とくにオフシーズンは
夜だけ主食抜きなどの糖質制限も、
適宜、とりいれることも戦略のひとつとなります。

そして
栄養の消化吸収や免疫の要である
腸内環境を整えるために、
酸化油脂や食品添加物、
加工された乳製品や小麦製品の過剰摂取には
もっともと注意が必要です。

わたしたちは、
からだも、こころも、
わたしたちが食べたもの(栄養素)で作られます。

脳も、
半分はタンパク質、半分は脂質から構成されています。

アスリートに限らず、
好きだから、安いから、手間がかからないからという
選択基準で食を選ぶことは、
生命維持という
生物にとっての食がもつ本来の大事な側面を
失ってしまうので注意が必要です。

PageTop

ボジョレー・ヌーボーを愉しむ会

最近、健康のために酒量を減らすように心がけていることもあって、
断続的に断酒期間を設けています。
その結果、
外に飲みに行く機会がぐんと減りました。

きっと大柳は酒の飲み過ぎでどうにかなってしまったに違いないと、
思われているであろう
いくつかの行きつけだったお店が思い浮かび、
たまには顔出さないとな〜とも思いますが、
お酒をまったく飲まない翌朝の快適なこと!

とかいいつつ、
今年もボジョレー・ヌーヴォーの解禁日が近づいて参りましたね。
毎年、恒例行事のように、この日は、
ボジョレー・ヌーヴォーを楽しむことにしています。

そこで今回は、わたくしのワインの先生であり、飲み友達でもある
ワインアドバイザー(社団法人日本ソムリエ協会)の
須藤みほこさんからのご案内です。

産経学園 吉祥寺で、
ワインセミナーが開催されます。

11月17日に解禁となるボジョレー・ヌーヴォー。日本でも季節のイベントとしてすっかり定着しました。
そんなヌーヴォーですが「オススメのものはどれ?」「種類がたくさんあるけれど選び方のポイントは?」といった声を毎年耳にします。
本年はワインコーディネーターがセレクトするボジョレー・ヌーヴォーとともにみなさんで一緒に乾杯しませんか?
ヌーヴォーの魅力をテイスティングしながら紐解いていきたいと思います。
新酒を愉しむ気軽な会ですので、お一人参加の方もぜひお待ちしております。

■講師
ワインアドバイザー(社団法人日本ソムリエ協会)
シュヴァリエ(シャンパーニュ騎士団)
シュヴァリエ(フランスチーズ鑑評騎士の会)
須藤 みほこ

■受講日 受講料
2016年11月19日(土)
16:00〜17:30

受講料:1,852円+税
教材費:1,389円+税

■お申し込み
産経学園 吉祥寺
https://www.sankeigakuen.co.jp/contents/course_detail.asp?SC=18&CCD=9311301&FrFORM=TOP
お問合せ:0422-40-2261

PageTop

糖質制限で腸内環境が悪化!?

日経ヘルス2016.5
「今月の気になる話題」vol2
害はないの?続けて大丈夫?
糖質制限

と題して
糖質制限に関する記事が掲載されています。

健康上のメリットや
気になるデメリットに関して、
医師や大学教授の意見が、
比較的ニュートラルに掲載されています。

その中で1点だけ、
反論を述べさせていただきたいのは、
ビタミンの合成や免疫の維持などに
重要な腸内環境について、
「腸内細菌のエサになっているのが食物繊維だが、
その多くはごはんなどの炭水化物から供給されている」
として、
炭水化物を減らす糖質制限によって
腸内環境が悪化し、
大腸がんの原因になる可能性がある。
とされています。

腸内環境を良くするために、
食物繊維の摂取を心がけることは、
重要な戦略のひとつでありますが、
食物繊維の供給源の多くを
ごはんから得るというのは、
ごはんから得るリスク=食後高血糖のことを考えると、
食物繊維は何も多くをごはんから得ずとも、
野菜、海藻、きのこ、こんにゃく、ナッツ類など
たくさんの他食品があり、
むしろ、これらの食品は、
ごはんと違いって、
栄養が糖質に偏ることなく、
野菜のβ-カロテンや
抗酸化作用のあるカロテノイド、
海藻のぬめり成分のフコイダン、
きのこのβ-グルカンなど、
むしろ発がんを抑えるはたらきを持つ、
さまざな栄養成分が摂取できます。

腸内環境をために、
食物繊維を摂取するためには、
血糖を上げる糖質を多く含む
ごはんなど主食と言われる穀物からではなく、
野菜、海藻、きのこ、こんにゃくなど
多くの食物繊維が豊富な食品を活用するほうが、
メリットは大きいと考えます。

ごはんなどの穀物は、
腸内細菌のエサになるという側面より、
血糖を上げてインスリンを追加分泌することによって、
手っ取り早いエネルギーとなり、
同時に速やかに体脂肪として蓄えることができる、
つまり、太ることが容易である
という側面の方が大きい食品であると考えます。

飢餓と隣り合わせの時代には、
穀物や果物など糖質は、
非常に貴重で大切な栄養素でありますが、
飽食かつ消費エネルギーが低くなりがちな現代人にとっては、
その摂取量や質を、
見直さないといけないのが
糖質を多く含む食品であり、
糖質制限理論につながっているものと考えます。

そして、
糖質制限の実践そのものが目的でなく、
健康維持、管理が目的であるならば、
腸内環境をはじめ、
栄養の消化吸収に関わる、
消化管栄養にまで目を配ることは極めて重要です。

栄養素は、食べただけでは身になりません。
口から肛門までつながっている
消化管という1本の内なる外部から、
消化吸収されて、つまり内部(体内)に入ってはじめて、
栄養としての議論ができるとも言えます。

その意味では、
糖質をオフするための
糖質量や
代替エネルギーとなるケトン体に関する議論と同様、
何を食べるかに関する栄養科学はやはり、
安心、安全な糖質制限のメリットを構築する上で、
重要な鍵となります。

PageTop

油脂の特徴とプライオリティ

今年も、11月に入りました。
毎年、年末が近づくと思いますが、
光陰矢の如し。ですね。

さて、本日は、わたしたちが普段、
手にすることのできる
食用油脂について整理してみます。

ココナッツオイルやMCTオイル、
グラスフェッドバターなど、
糖質制限の広がりとともに、
さまざな油脂が
エネルギー源として注目されるようになりました。

あわせて
糖質制限の広がりとともに、
脂質=太る

植物性油脂や、サラサラ、ヘルシー
動物性油脂は、どろどろ、良くない
という栄養学の常識も、
間違いが指摘されています。

脂質栄養学の第一人者
奥山治美先生の著書
『本当は危ない植物油』(角川書店)
によると、
真実か否かがすべてである
自然科学の一分野・脂質生化学者として、
動物実験の結果と疫学的な観点に基づいて、
健康に良いあぶら、悪いあぶらの判定を
されてこられる中で、
「企業に都合の悪い論文はほとんど無視されています。」
と著書の中で述べられています。
「なぜそうなるのか。「企業の利益追求」それだけです。」
とも。
そして、その背景には
御用学者の存在が明確に見えていることと、
食用油脂の問題は、
畜産業と深く関わっていて、
大豆、菜種、コーンなど濃厚飼料の副産物=余った油を
「どうにかして人に食べさせようとしています。
これが現状です」
とも書かれています、、。

「安い畜産物(食肉や乳製品)を楽しむために、
どれだけの犠牲を払おうとしているのか、
「植物油は安全」という神話に惑わされず」に、
自衛できる油脂の選び方が、
書かれています。


結論からいうと、
避けておきたい
健康に悪いあぶらは
サラダ油と言われる植物油全般となっています。
マーガリンやショートニングなど
水素添加された人工油脂=トランス脂肪酸も同じです。

植物油に多く含まれるリノール酸は、
非常に酸化されやすく、
体内で過酸化脂質を生じさせ、
乳がん、大腸がん、前立腺がん、膵臓がんなどの
がんが促進されると言われています。

また、
リノール酸から合成されるアラキドン酸は、
アトピー性皮膚炎や花粉症など
アレルギー疾患にも影響を与えることが指摘されています。

市販の揚げ物、炒め物など外食や中食の過食、
クッキーやビスケットなどの焼き菓子、
パンやサンドイッチ、ドーナッツ、スナック菓子など
植物油やトランス脂肪酸が多く使われる食品の
(さらに、高熱にさらされ、時間がたって、
より酸化したかたちでの)
摂取は、控えたいものです。

糖質制限は、
クッキーやビスケットなどの焼き菓子、
パンやサンドイッチ、
ドーナッツ、スナック菓子など、
糖質が多いという理由で控える結果、
植物油やトランス脂肪酸の摂取も控えられるという
利点もあります。

逆に、
健康に良いと言われるのが動物性の油脂です。

魚油の豊富なEPA、DHAと、
バター、ラード、ヘッドなどの飽和脂肪酸です。

魚を食べるリスクとして
水銀やダイオキシンによる汚染が挙げられますが、
そんなとき役立つのは、
くるみや「アマニ油」など
α-リノレン酸が豊富な食品です。
α-リノレン酸は、体内で、EPA、DHAへと変化します。

バターはグラスフェッドバターなど、
自然に、良く育てられた牛から摂れるものを選ぶのが安心です。

ココナッツオイルやMCTオイルは、
摂取後、速やかにエネルギーになるとして人気です。
速攻エネルギーとなる中鎖脂肪酸を
比較的、多く含むのがココナッツオイル。
100%含むのがMCTオイルです。

糖質制限の目的が、
あらゆる生活習慣病の元凶となる肥満を解消し、
糖尿病やがん、アルツハイマーなどの
現代病の要因とも言われている食後高血糖を防ぎ、
健康を維持することであるならば、
その実践は、
できれば、
良い食材や
良い油脂で行うことも、重要かと思います。

脂質からエネルギーを摂取する場合、
外食や中食からの酸化したリノール酸の摂取は極力さける。
くるみと「アマニ油」などα-リノレン酸の摂取を最優先に。
その上で、
魚を食べる、肉を食べる、
アーモンドなど種実をおやつに食べる、など、
脂質だけでなく、
タンパク質やミネラル、ビタミンなども摂取できる
食品からの摂取の後、
最後に、
標準体重を糖質制限でキープしたい、
あるいは、
やせがあるのに運動したい、
成長期やアスリートなど
糖質の過剰摂取にならない範囲で
油脂からもエネルギーを入れたい、など、
エネルギーが必要な場合は、
MCTオイルやグラスフェッドバターなど
良質なエネルギー源としての
脂質をとりいれるのが、
糖質制限も栄養摂取もカロリーコントロールもできる
油脂の選び方と摂り方であると考えます。

PageTop