FC2ブログ
 

管理栄養士のローカーボ・キッチン

ワインの糖質


ボジョレー ヌーヴォ一
ひと頃に比べて、マスコミで騒がなくなりましたね。
ワイン好きにとっては、
毎年恒例の風物詩としてのお楽しみではないでしょうか。
我が家でも昨夜、楽しみました。

ワインは、醸造酒ですが、
日本酒やビールに比べて、
ブドウ糖の残糖が少ないため
血糖値が上がりにくいとされています。

ブドウ糖の残糖をみたいときは、
尿糖検査紙がおすすめです。

尿糖検査紙は、
スティック状の検査紙の先端に、
ブドウ糖に反応して色が変わる試薬が付いています。
通常は、ここに尿をかけて、
試薬の色の変化に応じて
尿にどのくらいブドウ糖が含まれているかを
チェックできるものです。

わたしは10年ほど前、
徹底的に糖質量にばかりこだわって、
できるかぎり
徹底的に糖質摂取量を抑えたいと思っていた頃、
外出の際はバックに尿糖検査紙を入れ、
ワインを飲む機会があると、
そっとワインにつけて、
ブドウ糖が含まれているか、チェックしていました。
今は、まったくそのようなことはしません。

チェックすると、
たいていのワインはブドウ糖反応を示しません。
とくに赤ワインはほとんど反応を示しません。
白ワインは、
少し色が変わる(ブドウ糖が少し含まれる)
ものが多い傾向にあります。
白ワインでも、まったく反応しないものもあります。

チェーンのイタリアンレストランなど、
安いワインで試してみたところ、
赤も白も、ブドウ糖、ばっちり反応していました。

しかし、安いワインでも、
たとえば、チリワインは、
ブドウ糖の反応を示さないものが多い傾向がありました。

尿糖検査紙は、そもそも、
ワインのブドウ糖をチェックするものではありませんので、
あまり目立たないようにしておいたほうが良いかもしれません。

糖質ゼロのビールもありますが、
人工甘味料が含まれるものがほとんどです。
350mlを1缶などですませられるのなら、
むしろ、普通のビールを楽しむ方が、
ホップやポリフェノールなど
ビールがもつ抗酸化物質を
シンプルに摂取するには良いかもしれません。

アスパルテームやスクラロースなど
人工甘味料の毒性については、
さまざまな論文があるようですが、
アルコールの飲み過ぎそのものも、
腸内環境や肝機能などに良くはありませんので、
糖質ゼロとはいえ、
血糖に影響をしないとはいえ、
飲み過ぎは気をつけたいものです。

とくに、
糖質制限をしていて、
主食で〆がない分、
アルコールの量がどんどん増えていって、
そのうち、
酔っ払った後に、
無意識や意識的に、
コンビニのおにぎりやスイーツなどなど、
糖質を摂取してしまうようになったら、
肝機能の低下によって
糖新生機能が低下し、
血糖を一定に保てなくなる結果、
糖質を欲してしまっているのかもしれません。
これは飲み過ぎのサインとみて、
糖質オフより、
アルコールオフにつとめたほうが良いことを、
経験上、切におすすめします。

スポンサーサイト

PageTop

健康長寿食に共通しているもの


昨夜は、
昨年の侍ジャパンユニフォームを着て、
「アジアプロ野球チャンピオンシップ2017」
テレビ観戦しておりました。
延長サヨナラ勝ち!
ですが、その瞬間は目にできず、、
寝てしまっておりました、、。

昨日は久しぶりに1日まるまる空いたので、
朝、早く起き、
家事をすませ、
近所の公園で、
朝陽を浴びながらヨガをやり、
そのまま家族の出勤前に、
キャッチボールにつきあってもらい、
そのままバッティングセンターへ行き、
80kmの球を80球打ちました。
はじめてのバッティングセンター、
お兄さんから
「うまいですよ」よ言っていただきましたよ(笑)
空振りばっかりかと思いきや、
けっこう当てることができると楽しいものですね〜。
すっかり夢中になって、
いきなりやりすぎてしまったようで、
昨夜は、ぐっすり寝て、
今朝、起きたら、上半身、筋肉痛、、。
タンパク質をしっかりとって回復したいと思います。

さて、先日、大阪のラジオ局FM802で、
糖質制限の安心、安全な実践について、
DJや番組制作者におはなしさせていただく機会がありました。

糖質制限に関しての知識は、
ネットニュースや口コミなどで
なんとなく知っている方も多いようですが、


肉だけ食べても糖質制限はできても
魚と大豆製品がないと得られない栄養素のはなし。

食物繊維を含む野菜、海藻は、
腸内環境整備や抗酸化栄養の摂取源として欠かせないこと。

糖質オフやゼロの食品に含まれている
人工甘味料、トランス脂肪酸、
小麦タンパク質(グルテン)などの弊害。

痩せ、肥満がない方にとってエネルギー不足にならない
栄養の摂取方法と糖質の考え方

などをお話させていただきました。
詳しくは
『「糖質制限」その食べ方ではヤセません』
(青春出版社)
に書かせていただきましたが、
忙しいお仕事の方が、
仕事の合間に、
あるいは深夜に、
何を食べるか、についての考察を、
DJの方々とさせていただくこともできました。

コンビニや加工食品に頼らざるを得ないのは、
忙しい現代人にとっては、
避けて通れない食環境かもしれません。

断食の健康効果は、
入れないことによってもたらさせるものが大きいのかもしれないと、
東京に帰る新幹線の中で考えていました。

食品から何も食べなければ、
食品に含まれる栄養も何も入らないわけですが、
同じように
食品に含まれる、たとえば化学物質も入れずにすみます。

そのことも、
断食によってもたらされる
健康効果のひとつではないかと考えました。

「食生活と身体の退化」という本があります。
著書は、歯科医、歯学研究者として、
地元でとれる食料のみで暮らす孤立したいわゆる
先住民族を探して、
世界14カ国、数百におよぶ地域を訪れ、
虫歯、歯並び、顎の変形、関節炎、
結核に対する免疫力などと
食事の関係を調査しました。

その結果、
健康長寿を示す伝統食の内容は、
地域によってさまざまでした。

海産物が中心のもの、
家畜に依存したもの、
まったく植物性のないものもあれば、
豊富な野菜や果物、穀物、豆類があるものなど。

しかし共通したものもがありました。
いずれの食事も、
白砂糖など精製された穀物、
加熱殺菌した牛乳、
精製や水素添加された植物油はなかったこと。
そして
なんらかの動物性食品と塩は必ず入っていたこと。
保存食として乾燥、塩蔵、発酵があったこと。です。

栄養素の分析では、
ビタミン、ミネラルの摂取量は、
1970年の研究当時のアメリカ人に比べて4倍もあったこと。
なかでも、魚や肉など動物性の脂質にある
ビタミンA、ビタミンDなど脂溶性ビタミンは、
10倍もあったことなどが報告されています。

現在の権威ある栄養学者や医学者が政府とともに決める
栄養摂取基準の基準値は、
あくまで平均的人間の画一的な社会基準値であって、
自分という個人に当てはめるときには、
個々人のライフスタイルや与えられた条件の中で
最後は、自分の身体、
自分の直感を大切にすることも必要かもしれませんね。

PageTop

糖尿病と糖質制限食

11月14日は「世界糖尿病デー」です。
http://www.wddj.jp

世界中の各地で、観光施設や著名な建造物などが
青くライトアップされるイベントでも有名になりましたね。

現在、世界の糖尿病人口は3億8700万人と言われ、
2035年には約6億人に達すると試算されています。
中でもアジア・太平洋地域の患者数の増加は深刻で、
2014年は1億3800万人と全世界の約1/3の糖尿病患者が
この地域に集中しているそうです。
日本もしかり、ですね。
日本では、
糖尿病と強く疑われる人と
可能性を否定できない人の合計は約2050万人に上り、
早急な対策が迫られている、とのこと。

投薬に頼りすぎないで血糖コントロールを行うなら、
カロリーではなく、
血糖値を上げる栄養素である
糖質の摂取量のコントロールが欠かせません。
つまり、
食で糖尿病の治療や予防を行うなら、
糖質制限が欠かせません。

しかし、
糖質制限による血糖コントロールは、
糖尿病の治療や予防に役立つ重要な一要素にすぎません。
必要条件ですが、それだけでは十分ではありません。

糖質の摂取量を控えれば、
リアルタイムに高血糖を防げます。
それだけです。

高血糖の状態が長く続いていたとしたら、
尿中に排泄され不足しているであろうミネラル、
とくにマグネシウムの補充は重要です。

マグネシウムは筋肉の収縮にかかわるミネラルであり、
不足すると、
まぶたのピクピクや、手足のしびれ、けいれん、
こむら返りなどが起こるほか、
不整脈や心臓発作をおこしやすくなります。

また糖質制限して何を食べるか、というとき、
外食や出来合いの惣菜ばかりで、
塩分(ナトリウム)の過剰摂取をしてしまうとしたら、
さらに、カリウム不足にも拍車がかかります。
カリウムも筋肉の動きにかかわるミネラルなので、
やはり、心不全につながります。

マグネシウムの不足は、
牛乳などカルシウムしかふくまない
乳製品の常食や過剰摂取があれば、
さらに拍車がかかるため、
乳製品を控えていくか、
マグネシウムもあわせて摂取する栄養アプローチもあわせて
行っていかなくてはなりません。

マグネシウムやカルシウムは、乳製品ではなく、
和の乾物にバランスよく含まれるのが特徴です。

たとえば、
シラス干しや干し海老、イワシの丸干し、
乾燥わかめ、切り昆布、干しひじき、
大豆製品全般、
そして、ごまなどの種実類に含まれます。

カリウムも同じく、
海藻や大豆製品に、魚介に含まれます。

亜鉛も、
糖尿病の方は不足に注意しておきたいミネラルです。
亜鉛は、インスリンの構成成分です。
亜鉛は、肉や魚介に含まれるミネラルです。

糖尿病の方は、
主食、甘いもの、醸造酒などの重ね食べや、
運動不足(加齢)に気をつけるだけでなく、
魚介、大豆製品、海藻など、
塩化ナトリウムまみれでない、
加工されていない、
シンプルなおかずの不足がないか、
という視点も、
治療、そして予防のためにも、
大切な視点になるかと考えます。

そして、糖尿病の治療で重要なのは、
糖質制限という血糖コントロールに加え、
失われがちなミネラル不足を補うことに加え、
将来的に、
網膜症や腎症によって、失明や透析を避けるために、
ビタミンEやEPA、DHAも積極的に摂取し、
血管への負担をできるだけ改善させることも
欠かせないアプローチです。

糖質制限の実践にかんしては、
糖質を制限することだけにとらわれれば、
肉だけ食べればいい、
という実践方法も糖質制限と言えてしまえますが、
糖尿病の治療に欠かせない栄養素や、
人体に必須の栄養素を考えた場合、
EPA、DHA=魚の摂取は非常に重要です。
もし、魚が食べられないなら、
EPA、DHAはサプリメントで入れていくしかない必須栄養素です。

そして、
糖尿病の予防という観点からみれば、
健康診断などで行われる血糖値の測定は、
空腹時ではなく、
糖質摂取後に行うのが良いか思います。

随時血糖測定器リブレの登場で、
糖尿病と診断されていなくても、
玄米ごはん1膳(150g)食べれば、
食後血糖値が200mg/dlを超えるなど
文字通り、
どんな糖質をどれだけ食べれば
血糖値がどこまで上がるのか上がらないのかが、
一目瞭然になりました。

糖質制限がようやく広がってきた今こそ、
糖質量だけに踊らされるのではなく、
安価で手軽で便利な外食や中食につきものの
タンパク質、ビタミン、ミネラルの不足に関しても、
対策をとっていく必要があります。

そしてそれが
糖質であっても、タンパク質であっても、脂質であっても、
過度に加工、精製された食品(商品)ではなく、
できるだけ自然な、
生命力ある食材を選んで購入し、
シンプルに調理して、
手間なく毎日の食卓に取り入れていくという、
食事を面倒がらない価値観も、
食で健康を叶える上では、
もっとも大事なことではないかと考えます。

PageTop