FC2ブログ
 

管理栄養士のローカーボ・キッチン

麺料理と糖質

ご無沙汰しております。

娘と自身とそれぞれ、
3月の引っ越しの後、
徐々に新しい生活になれつつありますが、
仕事も立て込み、
ヨガも1か月近く、行けていません、、。

そんな毎日を過ごし、
アッという間に夏至を過ぎ、
プロ野球は交流戦が終わり、
サッカーはW杯がはじまり、
今年も半年!なんですね~~
光陰矢の如し!ですね~~

蒸し暑くなると、
クリニックでの栄養指導で、
そうめんやうどん、蕎麦など
冷たい麺料理を食べたい欲求と、
糖質制限しなくてはという想いのはざまで
悩まれる方も少なくありません。

最近では、
「糖質ゼロ麺」や、
こんにゃくうどん、こんにゃくラーメンなど
食物繊維でできたカロリーも少ない代替麺を、
スーパーでも普通にみかけるようになっています。

糖質ゼロ麺は、麺が柔らかいので、
わたしは、
カイワレ大根や大豆もやしのボイルをトッピングして、
しゃきしゃきとした歯ごたえをプラスし、
めんつゆをかけて食べることが多いです。

こんにゃく麺やこんにゃくうどんは、
こんにゃくなので、のびないので、
1日~半日ほどザルにあげて水切りをしておいて、
500mlくらいのタッパーに入れて、
きゅうりの細切り、
レタスの千切り、
ブロッコリースプラウト、
トマトのスライスなどの野菜に、
もどして食べやすい大きさに切ったわかめなど海藻類も加え、
ゆでた鶏肉を食べやすい大きさにさいたものや
豚肉の塊を焼き肉のたれに漬け込んで魚焼きグルリで焼いた
チャーシューのスライスや、ゆで卵をのせて、
1食に小分けされためんつゆや、
冷やし中華のたれを添えて、
お弁当として持参することもあります。

もずくは、
ゆでたえのきと、
キュウリの細切りと合わせて、
そうめんつゆで食べるのもおすすめです。

大豆もやしは、ゆでて、
きゅうりの細切りとともに、
韓国冷麺のつゆを丼に入れて、
氷とミネラルウォーターを入れて、
冷麺風に食べるもの美味しいです。
冷麺のつゆは、1食30円くらいで、
カルディに売ってるものを活用しています。

このように、
「麺もどき」で楽しむのではなく、
今日は本物の!?麺が食べたい!というときはどうするか、、、
食べるしかないですね。

糖尿病の家族は、
そのときだけ、
グルファストとグルコバイを飲みます。

わざわざ食べに行く麺料理のひとつに、
お蕎麦があります。

東京・水道橋の駅から神保町へ向かっていく途中にある
「松翁」。
日本酒も多く揃っていて、
おつまみにもできるけんちん汁は、
野菜の大きさ、
火の通り具合、
こんにゃくの大きさやだしのしみ具合が絶妙、絶品です。

この季節限定のじゅんさい蕎麦は
冷たいだしがはられ、
ライチや黄色いサクランボ、野菜に、
じゅんさいが美しく浮かび、美味です。
蕎麦は半分でと、オーダーします。

麺に限らず主食から糖質をしっかりと楽しんだら、
その日の夜は主食抜きにするなど、
主食の摂取を続けないで、
どんなときも、
たんぱく質や食物繊維など栄養は確保しながら、
自分の続けやすいやり方で、
健康に役立つ栄養の摂取と
嗜好を満たす食事の楽しみと、
上手にハンドリングしていきたいものですね。

スポンサーサイト

PageTop