FC2ブログ
 

管理栄養士のローカーボ・キッチン

クルクミンの抗酸化作用

IMG_5103.jpg

鮮やかな黄色のもやし。
ターメリックと塩で茹でたもやしです☺️

ターメリック(日本名はウコン)の
この黄色の色素成分
クルクミンは
インドや中国では古くから
黄疸に効く生薬として珍重されていたそうです。

クルクミンは強い解毒作用があり
肝臓障害の改善や予防、
肝臓機能の強化にはたらきます。

そして注目されているのは
がんの予防効果です。

クルクミンは
発がんのプロモーションを抑制する強力な作用が
アメリカの皮膚ガンの動物実験などで判明しています。

クルクミンの経口摂取によって
腸管でさらに強力な抗酸化物質に変化し、
腎臓がん、肺がん、大腸がんなど
がんの予防効果が期待されています。

あらゆる病気の原因のひとつが
酸化ストレスです。

クルクミンの抗酸化作用を
日常の食卓に取り入れていきたいと考えています。
IMG_5104.jpg


カレーは
トランス脂肪酸や酸化油脂で固められた
カレールーではなく
クルクミンやクミンなどのスパイスを使って
カレースープのようにしていただくのがオススメです。

スポンサーサイト



PageTop

1人暮らしの家族の栄養管理

IMG_5056.jpg

祇園祭in京都駅ビル。
ミニチュアの鉾の展示がありました。

昨春から娘が大学生になり
京都で1人暮らしをはじめ
京都へ行く機会がさらに増えました。

単身赴任などもそうですが
家族が離れて暮らす場合
健康管理で気になることの1つが食事ではないでしょうか。

ただ、私は、
結論から言うと、
離れた時点で
子どもとはいえ成人に違いのだし
ある意味「諦め」「覚悟」します。

なので、娘と離れてすぐの頃からこの1年ほどは、
頭ではわかってても喪失感というか
ストレスもかかったのだと思いますし、
私自身も引越しや、
また仕事で思いがけないことがあったりで、
この20年近く、
体調の不調とは無縁でしたが、
この1年で、あれこれ、いろんな不調が次々、起こり、
病院へ、通いました。もう、落ち着きましたけどね。

学生の1人暮らしや
家族の単身赴任など、
成人(に近いも含め)に
健康のための食事を伝えても、
それを実践するか否かは、個人(の価値観による)差があります。
そもそも、
食事を、健康管理のための重要な要素と認識し、
手作りや買い物などを面倒がらずに、むしろ好き!と言うくらいでないと、
毎日、毎食、
仕事や学業などに加えて、
自分の健康のための食事にまでは
手が回りにくい方の方が多いのではないかと、
自身の若かりし頃を振り返っても、
また娘を見ていても痛感します、、。

そんな中で、
それでも、
私たちもヒトという生物なので、
食べたもの=栄養素でできてることを伝えるしかなく
娘には、
魚のパウチ、
アミノ酸やヘム鉄などサプリメントは定期的に、
送っています。

昼食は、学食や社食を利用できれば、
比較的、タンパク質、食物繊維=栄養を摂取しやすいかと思います。

朝食と夕食での栄養摂取を考えると、
朝食は、これまた若い方は特に欠食が多いです、、
であれば、せめて、
アミノ酸とヘム鉄など栄養素だけを
手軽にサプリメントで飲むよう、伝えています。

夕食は、
その家族が何が好物か、によって、
補強できるものを考えるという手も。
我が家の場合、
家族は皆、
魚より肉食の方が
自分で用意するなら手軽で食べやすいと思うようで、
なので魚のパウチだけは、
定期的に送っています。
こちらです。
IMG_4194 (1)

EPA、DHAは魚を食べることでしか
食事からの摂取は難しいので。

食物繊維は、
野菜、海藻、きのこ、こんにゃく、おからなどたっぷりとね、

伝えることはできますが
伝えることしかできない、
もう彼女の人生がはじまったと覚悟し、
それでも焼け石に水だとしても、
京都に行ける時には、
下宿先の近くのスーパーで買い物をして、
青菜のおひたし、人参のマリネ、ワカメときゅうりの酢の物など
普段、食べにくそうな食物繊維のおかずに、
鯖のみそ煮、ししゃものマリネ、イカと大根の煮物など
冷凍保存できるメインのおかずを
ノンオイルで作り置きし、
下宿先を後にします。

これまで家庭で食べてきたものは、
そのまま
何を食べるかのお手本になるので、
大事ですね。

そこから先は、
家族いえども
本人の人生。

栄養の過不足で体調を崩す時があったとしたら、
それをきっかけに、
これまで食べてきた家庭での食事をまたお手本に、
必要を感じた時、
その気になった時は、
やれるはずです。
と言い聞かせつつ、
陰ながら応援するしかありませんね。

自分の健康にも気をつけながら。

先日の京都での夕食は
「鳥さこ」さんのせせり〜。
コツコツ軟骨の盛り合わせも絶品です。
このお店に行くために、
福井で仕事中の家族と京都で合流したような感も否めません(笑)
お肉もお魚も、やはり、鮮度、が美味しさの基本なんですね〜〜
IMG_5054.jpg

IMG_5053.jpg

PageTop

ホテルでの糖質オフな朝食

IMG_5055.jpg

福井で仕事を終えた家族と、
京都で暮らす大学生の娘と合流するために、
先日、京都へ。

写真は、
京都の宿泊先のホテルでの朝ごはん。

旅先や出張など
ホテルでの
糖質制限な
朝ごはんは
ビュッフェがあると
おいしく実践できますよね。

サラダ🥗はたっぷり。
わかめや海藻ミックスも
サラダバーには
置いてあることが多いです。

ドレッシングは
たいてい
ノンオイルはあります。
酸化油脂が気になる場合は安心。

ですが
ご飯やおかゆの近くにある
しらす
ちりめんじゃこ
しば漬けなどのお漬物
サラダやゆで卵やお豆腐の
味付けに活用できますよー

そう
タンパク質は
たまご🥚は
ビュッフェでは
大抵ありますし、
冷奴や湯豆腐
納豆もありますね。
焼魚も。

糖質という
血糖値をあげる速やかなエネルギーが必要な方は、
ご飯や果物など
量を調整しながら最後に、いかがでしょう。

PageTop