fc2ブログ
 

管理栄養士のローカーボ・キッチン

リアルフードを食べよう!超加工品は避けよう!

IMG_8012 (1)

ノンオイル
糖質オフ
食物繊維たっぷり
朝ごはん
続けております。

本日
セリスタセミナー
SUNDAY WELLNESS BREEZE
医師・歯科医師・医療従事者向け健康情報Live配信ウェビナー

慢性疾患の8つの真の原因
The Eight True Causes of Chronic Disease”
Dr. Robert H. Lustig, M.D.
University of California,San Francisco School of Medicine Professor, Pediatrics

素晴らしい講義でした。

糖質の過剰摂取はもちろん脂質も、
超加工食品からの摂取が不自然だということ。

砂糖、ブドウ糖果糖溶液、
マーガリンやサラダ油(植物油)と一緒になった糖質食品、
パン、カップ麺、レンジアップできるような主食系食品などなど、
こうした超加工食品について、
フランスやアメリカの
「超加工食品」の消費と死亡リスとの関連の報告も紹介いただきました。

超加工食品の特徴は、これらの食品添加物に加え、
植物油脂というオメガ6系脂肪酸が使用されているものがほとんどです。

オメガ6系脂肪酸の常食は、体内で炎症が促進され、
アレルギーや腸炎、動脈硬化、認知症などのリスクにつながります。

最後はヒポクラテスの言葉で講義が終わりました。

「汝の食事を汝の薬とせよ」

しかし、現代社会の食は、超加工品だらけです。
だとすると
「良い食事は薬となる 悪い食事は薬を必要とする」
ということになるだろうとのことでした。
まさに。

どんなに良い薬でもサプリメントでも
悪い食事をしていたら根本解決にはなりません。

疾患とはいえない疾患は
食事以外、薬がないということも同感です。

どんなに良い薬でもサプリメントでも
そのようなものが必要になる
つまり
今まで自分が食べてきた食、
今まで自分が食べてこなかった食、
そこを変えない限り、
いつまでも薬やサプリメントが欠かせない状況のままということです。

リアルフードを食べることが大事だというお話はグッときました。

食事は、
何を食べるかを考え、
買い物や調理をして、
そして食べて片付けるという
薬やサプリメントを飲むことより面倒なことですが、
食べることは生きることですから
あまり面倒がっていられない、
あまり後回しにしていられない大事なことですよね。本当はとても。

スポンサーサイト



PageTop

山菜のしゃぶしゃぶ

IMG_7875.jpeg

昨夜、東京は、強い雨が降りました。
強い風は南風でしとりと生暖かく、
冬を洗い流しているかのような雨でした。

写真は
新鮮な採りたてたらの芽をしゃぶしゃぶで頂こうと
新鮮なもぎたてしたけと、
ゆば、野菜室に残っていた香菜を合わせて
薄切りのタコしゃぶ用のタコと一緒にしゃぶしゃぶをした時のものです。

山菜は天ぷらも美味しいですが
油料理には常に、酸化、炎症がついてきます。

山菜は、しゃぶしゃぶでほどよくアクを除きながら
春の苦味、生命力を、シンプルにいただくのもオススメです。

たこにはタウリンが含まれます。
タウリンは肝機能を高めるはたらきがあります。

春、デトックスの季節にぴったりです。

PageTop