fc2ブログ
 

管理栄養士のローカーボ・キッチン

消化にやさしく

IMG_9402.jpeg
七草あんを、温めたおぼろ豆腐にかけました。


IMG_9408.jpeg
酒蒸ししたタラに、すりおろしたかぶの熱々のあんをかけて。

食べただけでは、栄養になりません。
消化して吸収してはじめて栄養になります。

マヨネーズやドレッシングなど
油は、酸化リスクが大きいので、
自宅での調理に使う量はできるだけ減らすよう
心がけておくと
消化に負担をかけないだけでなく
リノール酸の摂りすぎによる
発がんやアレルギーのリスクも減らせます。

レシピはこちらから
毎週、更新中です。
「ホッピー 発幸クッキングレシピ」
https://hoppy.work/hoppy-recipe/index.html

スポンサーサイト



PageTop

七草スープ

IMG_9472.jpeg

新年明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願い申し上げます。

2022年七草。
IMG_9482.jpeg

おかゆではなく
ほたてと卵でスープにしました。

雪下ろしなどエネルギーを使う方には
おかゆ=米は、消化にやさしい糖質=エネルギー源になります。

あまり運動もせず、
ましてや、エネルギーを体脂肪として蓄えているなら
タンパク質、ビタミン、ミネラルなど栄養を優先したと考えます。

糖質というエネルギーは、体脂肪に変えて蓄えられます。
しかし、タンパク質、ビタミン、ミネラルは、
今、この瞬間も、分解し、尿中にも常に排泄され、
食べだめができません。

お正月の美食、美酒で疲れた
消化管粘膜をつくるためにも
消化酵素をつくるためにも、
栄養がなければつくれません。

ほたてと菜の花は、
栄養学的にみると
相性がいい食材です。
ビタミンB12と葉酸の両方が豊富に含まれます。

ビタミンB12と葉酸は協力しあって
赤血球の産生や細胞の新生など
からだの細胞分裂、発育促進を促します。

ほたてと菜の花は、
春が旬の食材です。

春は、冬の間、眠っていたからだの機能が
目覚める季節のようにも感じられますね。

今朝の東京は、
春には程遠く感じられる雪景色です。


#糖質offアドバイザー資格講座
https://www.c-c-j.com/course/food/carbohydrate/exam.html
単に糖質をoffするだけでなく
そもそも糖質をエネルギーとして使う体にするためにも
何を食べるか=栄養の組み立てが重要です。
糖質と体脂肪というエネルギーと
タンパク質、ビタミン、ミネラルなど栄養を分けて考える
続けられる結果を出す糖質制限の理論と実践を学びます。

PageTop