fc2ブログ
 

管理栄養士のローカーボ・キッチン

ご飯がなくてもお昼ごはん

IMG_0287.jpeg

朝と昼は基本、主食は食べません。
糖質は
自宅では
主食ではなく
ビールや日本酒やワインなど
発酵食品から摂りたい派なので
夕食時に摂ることが多いです。

平日、コントロールし、
外食の時は
お寿司、うなぎ、パスタなど
好きなものを楽しみます。

写真はクリニック勤務の時に持参するお昼のお弁当。

見えませんが
下には
きゅうりの塩もみをお酢で和えたものと
頭とはらわたを取った煮干しが入っています。
乾物を入れておくと
野菜や調味料の水分を吸って
乾物も柔らかくなって食べやすいです。

人参はスライサーで細かく切って
ココナッツチップと塩、お酢で和えただけ。

調理油は、自宅では、液体ではほとんど摂りません。
ベータカロテンの吸収率を高めるために
油は液体ではなくクルミなど固形で摂ります。

ブロッコリーも塩ゆで。
ほたては亜鉛摂取のためにもよく食べています。

タンパク源にはゆで卵も。
味付けは
しっとりわかめのふりかけ。
干し海老もトッピング。

糖質制限食が健康に良くない理由として
主食=穀物は食物繊維だから抜いては良くない
という説を目にしたことがありますが
食物繊維は穀物以外にも
野菜、海藻、きのこ、こんにゃくなど
主食の代わりに添えられます。


スポンサーサイト



PageTop

麹納豆

IMG_0288.jpeg

自然栽培玄米麹
納豆
刻んだたくあん
本みりん
熟成しょうゆ
を合わせて常温に半日〜1日置いて
麹納豆を作りました。

だくあんは切り干し大根でも
納豆は黒豆ではなくてもOK。

おいしく腸活!

PageTop

スタミナ食材

IMG_0270.jpeg

レバーはお好きですか?
私は子どもの頃から苦手食材のひとつでしたが
大人になってお酒を楽しむようになって
新鮮なレバーを知ってから好きになりました。

写真は
飯田橋
東京大神宮近く
焼鳥わかば
白レバーも絶品です。

水道橋メディカルクリニックの帰りに
ひとりで一献。

レバーはビタミンA、B群など
鉄、亜鉛など、
ビタミンDとオメガ3系脂肪酸以外の
大抵の栄養素を100g程度食べるだけでも十分摂取できます。

鉄不足は、女性のあらゆる不定愁訴の原因になります。
亜鉛は、インスリンの構成成分です。糖代謝に欠かせません。
ビタミンB群は、糖代謝だけでなく、あらゆる代謝に必要です。

マルチビタミン、ミネラルのサプリ並に、
いや、おそらくそれ以上に
絶妙なバランスで栄養を含んでいる食材から噛んで食べる
という行為が大事なんだと感じています。

PageTop