管理栄養士のローカーボ・キッチン

作り置きのおかず

本日、昼過ぎから出張のため、
冷蔵庫にあるもので、
家族の
夜ごはんと
明日の朝ご飯の仕込みをして出かけます。

作り置き


なすと豆腐を
食べる煮干しとこんぶで煮込んだ煮物。
煮干しとこんぶも具にしながら
煮込むので、だしをとる必要はなく手軽ですし、
煮干しやこんぶからミネラルも摂取できます。


昨夜のおつまみの枝豆が残っていたので、
こちらはさやから出し、薄皮をとり、
娘の今日のお弁当の残りの
赤パプリカ半分を細かく切って、
レモン汁とハーブソルトでマリネ。
食べる直前にオリーブ油を少々、まわしかけてもらい、
油の酸化を防ぎます。


高野豆腐が2個あまっていたので、
これも煮ておきます。
干し桜えびをたっぷりかけて。
こちらは、明日の朝ご飯に。
あとは、冷凍庫にいつもストックしてある魚
を焼いてもらって。
娘にはごはんをつけます。


夜のおかずは、
ほかに、
三つ葉の梅肉&焼き海苔和え。
塩分控えめの自家製きゅうりのぬか漬け。

野菜や海藻から、食物繊維やカリウムを摂りたいですね。

夜のメインは、
鶏胸肉を一口大のそぎ切りにして、
醤油麹だれに漬け込んでおきましたので、
これだけは、家族にさっと炒めてもらいます。

メインのお肉かお魚は、
にんにくみそ
とか
しょうが醤油
とか
カレー粉
とか
味付けしてビニール袋でマリネしておくと、
あとは、家族に加熱してもらうだけなので楽ですよ。


梅干しや焼き海苔、干しえび、煮干し、こんぶなど、
素材も味付けに使うと、
手間なく、美味しく栄養素も補給できて一石二鳥です。

では行って参ります。



スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)