管理栄養士のローカーボ・キッチン

油脂の摂り方

日本の脂質栄養の第一人者であると、わたくしが勝手に尊敬しております
奥山治美先生の新著。
「本当は危ない植物油」

http://www.amazon.co.jp/本当は危ない植物油-その毒性と環境ホルモン作用-角川oneテーマ21-奥山-治美/dp/404110467X

早速、読みました。

感想は、

「、、、、どうしたものか」

オリーブ油も使い過ぎはよくないようで、、。

わたくしが、
糖質制限理論がストンと腑に落ちたのは、
400万年の歴史の中で、
ヒトは何を食べて進化してきたか。
という視点で、
糖質摂取が不自然であることが認識できたからでした。

イギリスの栄養学の大著
ヒューマン・ニュートリションにも

「ヒトのもつ消化機能は、およそ1万年前にはじまった
農業の発明以前の摂取食物に対して適応している」
「ヒトの消化管はまだ穀物ベースの食物に適応していない」

と名言されています。
極めて分かりやすい事実です。

そういう視点でみると、
たしかに、
われわれのご先祖さまは、
液体の植物油を、
今程、大量にとっていたか、、と考えると
そうではないと思います。

油脂は、食べて摂っていたと考えられます。

肉の脂を食べる。
魚の油を食べる。
種実の油を食べる。
このあたりが基本だったでしょうか。

奥山先生が
長年の研究・実験のデータを示されながら、
著書の中で、
もっともすすめておられるのは、
魚油です。
DHA、EPAです。

魚油と同じオメガ3系の
αリノレン酸が豊富な
えごま油、しそ油もすすめておられます。

炒め物をするなら、
ラードやバターの飽和脂肪酸の方が
よほど自然だということです。

たしかに、
われわれの食環境をみると、
朝はパン、昼はかきあげそば、夜はカレーライス、おやつにお菓子など、
糖質にあまりに偏りすぎてしまっていることと同じように、
パンやお菓子に使われているマーガリンやショートニング、
市販の揚げ物や炒め物に使われている植物油など、
ドレッシングやマヨネーズなど、
加工品や外食の多用によって、
あまりに多くの植物油を摂り過ぎでいるとも言えます。

糖質制限食では、
脂質の摂取パーセンテージが高くなるため、
油脂の摂り方については、
慎重に考察する必要があると思っています。

脂質栄養の
さまざまな研究データを取り入れながら、
「なくす=0にする」のではなく、
「過ぎない工夫」を考えながら、
早急に、油脂の具体的な摂り方を、
まとめてみたいと思っております。


奥山先生の前書きに書かれてありますが、
(これが素晴らしい!)
奥山先生が何十年と、
科学者として、
学会で論文を発表したり、
書物で、
植物油の有害性を指摘しながらも、
それでも
論文が採用されなかったり、
植物油がヘルシーという基本構図がかわらないのは、
利益追求の企業と
その御用学者と
広告(マスコミ)と、
そして
効率優先の消費者とが
絶妙にからみあっていて、
なんだか、
糖質制限食を取り巻く構図と似たものを感じました。

検証抜きになりたつ常識をくつがえすには、
孤独な、長い時間を要するようです。
スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

サラダ油という変な油

もう、うなづくばかりです。そもそも、その土地で作られた油でその国の料理を作るというあたりまえのことをしないで、サラダ油というまがいものに、おどらされていたわけですよね。
そして、作られたマーガリンや植物性生クリームへの信仰。もう、いやでたまりませんでした。
いまだに、マスコミは、油は悪者としています。そして、出汁の素や味の素を使う料理研究家をよしとしています。
きちんとした食の考え方を学ぶ意識がないのでしょうね。
あー、なんだか支離滅裂でごめんなさい。
次世代にきちんと伝えたいものです。

hikidashi | URL | 2013/06/25 (Tue) 16:04 [編集]


エンゲル係数と生兵法との戦い

先生こんばんは!

わが伴侶、マーガリンが嫌いで固形油脂はバターと決めているのはいいのですが、問題はサラダ油です
日本人男性にしては比較的料理をする時間が長いほうなのは共働きの子持ちには有り難いのですが、うっかりすると安い油を買ってくるので、どんなに重くても先手を打っておかないとエライ目に遭います
エンゲル係数を持ちだされると辛いです・・・十代のいる家庭には死活問題です
しっかりタンパク質やよい脂を摂らせたいのはやまやまなんですが・・・

マスコミによって思考停止させられるのはこういう健康問題だけじゃないのでこれ以上は触れませんが
生理学的にどうかという具体的な検証をしてほしくないから、この根本的問題が解決されないような気がしています

ほそぼそながら私も実践を通じて広められたらと思います

caorita@日傘出動 | URL | 2013/06/25 (Tue) 21:39 [編集]


糖質制限で10kg減量に成功しましたけど、糖質制限が全ては無いでしょう?

masami | URL | 2013/06/26 (Wed) 23:12 [編集]


Re: サラダ油という変な油

hikidashi さま
たしかに!「サラダ油」って変ですね。
野菜がヘルシーキャンペーンも、
こういうところともつながっているのかもしれません。
日本の子どもたちが、
給食の食パンという形で、
よその国では使用を禁止している
マーガリンやショートニングを毎日、摂っているとしたら、
恐ろしいことですね、、。

tamami oyanagi | URL | 2013/06/27 (Thu) 08:15 [編集]


Re: エンゲル係数と生兵法との戦い

caorita@日傘出動 さま

> エンゲル係数を持ちだされると辛いです・・・十代のいる家庭には死活問題です
まさに!同感です。
えごま油は1本1000円近くしますから、、。
我が家では、最近、蒸したり茹でたり、
油を使って炒める、揚げるといった調理法が格段へって、
オリーブ油にかかる食費は減りました。
カロリーをとらせたい娘にだけ、
えごま油をまわしかけています。

> マスコミによって思考停止させられるのはこういう健康問題だけじゃないのでこれ以上は触れませんが
> 生理学的にどうかという具体的な検証をしてほしくないから、この根本的問題が解決されないような気がしています
本当です!
利益優先、効率優先の産業界においては
正しい科学的エビデンスは無視されてしまうことも多々あるかもしれません。
私たちは、正しい知識、情報を得て、
自衛するしかありませんね。
糖質制限食と同じですね。

tamami oyanagi | URL | 2013/06/27 (Thu) 08:22 [編集]


Re: タイトルなし

masamiさま
コメント、有り難うございます。

> 糖質制限で10kg減量に成功しましたけど、糖質制限が全ては無いでしょう?
以前と同じカロリーを摂っていて、
以前と同じ運動量で、
糖質だけオフして痩せたなら、
糖質制限による減量と言えるかもしれません。

しかし、
糖質制限食の結果、
カロリーが低くなったり、
糖質制限食をはじめて、
意識して運動量も増やしたりなどがあれば、
消費カロリーのダウン、
運動量のアップなど、
いろんな要素がからみあった結果だと言えるかもしれません。

同一カロリーなら、
糖質制限食の方が、
やせるアドバンテージはあります。
糖新生による消費カロリーのアップ。
たんぱく質の摂食による消費カロリーのアップ。
など
血糖値を上げないことによる、
生理的な消費カロリーのアップが加算されます。

それにしても、
10kg減量とは!
すごですね!!

tamami oyanagi | URL | 2013/06/27 (Thu) 08:26 [編集]


 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)