管理栄養士のローカーボ・キッチン

風邪や食欲不振時の糖質制限食

暑いですね〜。皆様お元気ですか。
白ワインのグラスがあっという間に汗をかいて
あっという間にぬるくなります、、。
さて、
こじかママ様より、
MobileMeブログ時代のアーカイブの中から
再掲載のリクエストを頂きました。
こじかママ様、いつも有り難うございます。
以下、さっそくペーストしますね。

2012年2月29日にアップしたブログ
「風邪や食欲不振時の糖質制限食」です。

今朝もいつものように5時過ぎに起床し、
6時過ぎから仕事の原稿を書き始めたあたりから
本格的に降り始めた雪が、
すごい!積もっています!!
まだどんどん、ぼたん雪が降っています!!
皆様、外出の際は、転ばない様に、お気をつけ下さい。
そして風邪にも。
インフルエンザも流行っています。

わたしは、糖質制限食をはじめてからこの6年、
勤務しているクリニックの仕事を休んだ事がありません。
風邪もひかずに元気になりました。
家族がインフルエンザにかかっても、
ノロウイルスにかかっても、
その看病をしても、うつらないというか、元気です。
この6年間で、クリニックを休みたいくらい
体が辛かったことは2度、ありました。
1度は、休ませてくれと、電話したのですが、
来て下さいとの事で、行きまして、
すぐに注射をして頂きまして、勤務を果たせました。
これは喉の痛みと熱でした。
もう1度は、二日酔い、という名の
あれは急性肝炎ではなかったかと思う程、
ものすごーい二日酔いで、これは辛かった、、。
良くも悪くも執着できないというか、
辛い事も嫌な想いも忘れる質なのですが、
あのときの二日酔いの辛さだけは忘れられません、、。

と、それはさておき、
風邪や喉の痛み、胃腸の調子が悪いなど
体調が悪く、食欲がないとき、
どのように糖質制限食をしていくかのお話です。

ふつう、おかゆ、うどん、バナナ、ジュースなど、
糖質たっぷり食が一般的ではないかと思います。

しかし、体調が良くないときこそ、
本来、からだの材料であり、免疫力アップのためにも
たんぱく質系食品の摂取が欠かせません。

調子が悪い時の食事のポイントは2つ。

1、消化の良いたんぱく質系食品の確保。
2、糖質以外からのエネルギーの確保。

となります。

1、消化の良いたんぱく質系食品の摂取。
豆腐をくずして、おかゆがわりにします。
絹豆腐は口当たりもなめらかです。
そこに、焼き海苔をちぎって、
あるいは、青のりをちらすなどで風味とミネラルを確保。
お鍋でとろとろと豆腐をくずしながら出汁で煮ると、
焼き海苔もとろとろと溶けて食べやすくなります。
しらすを加え、溶き卵でとじたりなどすれば、
栄養満点です。

豆腐のほか、高野豆腐も使えます。
高野豆腐は、
醤油や塩など塩分を加えずに出汁だけで煮ると、
トロトロに溶けます。
離乳食や介護食につかう手ですが、
飲み込みがしやすく、高タンパク食でおすすめです。

無調整豆乳をコンソメなどで味つけて
スープなどもいけます。
パセリのみじん切りをたっぷり加えると、
豆乳の豆臭さが消えて、
パセリからβカロテンやビタミンCも確保できます。
ミキサーなどにかけると手間もありません。
写真は、この豆乳パセリスープです。
生クリームを最後にまわしかけてコクを出しました。

無調整豆乳は、
純正ココアでチョコレートドリンクにするのおすすめです。
ココアから鉄などミネラルが確保できます。
黒練りゴマいれて、ゴマドリンクも美味しいです。
ゴマからエネルギー、カルシウム、マグネシウム、
ビタミンEが確保できます。

甘みは「ラカントS」で好きなだけ、つけて下さい。

また、冷凍枝豆をむいて、
出汁と一緒にフードプロセッサーやミキサーにかけ
すり流し汁にしても食べやすいです。

その他、たんぱく質系食品でおすすめは、

卵の場合、
温泉卵を温める。
卵とじにする。
ちゃわん蒸しなど。
やわらかく食べやすいです。

魚介は、
しらすのほか、
刺身の白身をしゃぶしゃぶして火を通す、
かつおぶしをたっぷり混ぜ混む、
鯖や鮭の中骨水煮缶を
スプーンの背で柔らかく崩しながら頂くなど。

肉は、
とりささみのボイルや
ひき肉を食べられるようであれば適宜、加えてください。
大根おろしなどに和えると、
しっとり食べやすくなります。


次に

2、糖質以外からのエネルギーの確保。

オリーブオイル、練りゴマ、アボカドで確保していきます。
たとえば、
お汁に、練りゴマをたらす。
とりささみや豆腐を練りゴマ和えにする。
野菜のみじん切りをオリーブオイルで和える。
アボカドはやわらかく食べやすいですね。
アボカド半分で、食パン1枚分のエネルギーが確保できます。

また、飲み込みやすくすることで
食べやすくするには、ヌルヌル食材です。
おくらのみじん切り、
なめこのみじん切りなどを
食材にかけたり和えます。

野菜は、ほうれんそう、ブロッコリー、パセリなど
青野菜をみじん切りにするなどで確保できます。

このように、
おかゆやうどん以外からも十分、
手軽に胃腸にやさしく栄養摂取できますのでお試し下さい。

このような食事は、歯茎の調子が悪い等、
よくかめないときの栄養摂取にも役立ちます。
スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

こういったものを、病院食で出して頂きたいです…

今、入院中なのですが、
朝 ご飯(白米)バナナ リンゴジュース
昼 ご飯(白米)カボチャの味噌汁 人参じゃがいもつけ合わせの鶏焼き(鶏だけ食べました)
夜 ご飯(白米)牛肉の炒めもの 人参、カボチャの付け合わせ(牛肉だけ食べました)

おかげで体重減りました…減っては困る体重なのにです。

お豆腐や卵などのタンパク質も出してほしい、でないと体力でませんよね。

何のために入院してるかわからなくなります。

まゆこう | URL | 2012/07/29 (Sun) 20:34 [編集]


この記事、よく覚えています。
よく風邪をひくので、参考にさせていただいています。

Masaaki Miyazawa | URL | 2012/07/29 (Sun) 23:06 [編集]


Re: タイトルなし

まゆこう様

入院中の食事から糖質をのぞいたら、
食べるものがほとんどなくなってしまって、
エネルギー不足になりますね、、。
可能であれば
無調整の豆乳
アーモンドやチーズを持ち込み、
おやつや食事の時にそっと食べるなどできると良いですが、、。
家族に蒸し鶏や温泉卵、冷や奴(おかか)などを持ってきて頂けると
こっそり食事のときに食べれますでしょうか。
あるいは、オリーブ油やえごま油を持参し、
病院食の、食べれそうなおかずにかけて
エネルギーだけは確保しておくのもおすすめです。
オルーブ油大さじ1で111kcalは確保できます。

tamami oyanagi | URL | 2012/07/30 (Mon) 07:34 [編集]


Re: タイトルなし

Masaaki Miyazawa様

いつも有り難うございます。
是非、参考にしてみて下さい。

tamami oyanagi | URL | 2012/07/30 (Mon) 07:35 [編集]


お忙しい中ありがとうございます。
茹で卵と、くるみと、鯖缶を持ってきてもらうように頼めました。

糖質被害の申告さが広まってくれる事を願います。

まゆこう | URL | 2012/07/30 (Mon) 15:04 [編集]


こういう内容待ってました。
自宅で寝たきりの患者さんはヘルパーさんの作るおかゆや巻きずしばかりでどんどん弱っていってしまいます。
医療用の補助食も糖質ばかりで、体調がどんどん悪化してしまいます。
医師や看護師には栄養の正しい知識がなく指導ができません。知識をつけても献立となるとまた別問題で。
ぜひ、また介護職や病中病後食のレシピをご紹介ください
レシピ本が出たら、同業者に配って回ります!!

訪問診療医 | URL | 2012/07/31 (Tue) 23:24 [編集]


ありがとうございます

大柳先生

リクエストに早速お応え頂きありがとうございます☆
再掲して頂けて本当に感謝!感謝です!!!

早速友人たちにもご紹介させて頂きますね。
みんなとっても喜ぶと思います♡
体調不良の時こそタンパク質必要ですもんね♪

これからもブログ楽しみにしています。

ありがとうございました!

こじかママ | URL | 2012/07/31 (Tue) 23:53 [編集]


なぜラカント?

 いつも質問ばかりですみません。
当家のちかくのスーパーにはラカントがなくパルスイートばっかり使っております。江部先生も理論のところでは併記なさっていますが、自分が食べている具体例はラカントのようです。それで質問なのですが何故ラカントなのですか?

たっつ | URL | 2012/08/01 (Wed) 10:05 [編集]


Re: タイトルなし

訪問診療医 さま

コメント、有り難うございます。
次回、レシピ本を上梓する際は、
このあたりの具体的な内容も盛り込みたいと思います。

tamami oyanagi | URL | 2012/08/01 (Wed) 11:31 [編集]


Re: ありがとうございます

こじかママさま

リクエスト頂いた記事、
みなさまにもとても喜んで頂けています。
有り難うございます。
またリクエストがございましたらメール下さい。

tamami oyanagi | URL | 2012/08/01 (Wed) 11:32 [編集]


Re: なぜラカント?

たっつさま

今、日本で買える血糖値を上げない甘味料の中で、
妊婦さんでも子どもで安心して使える
天然甘味料はラカントSだけなのです。
その他の甘味料は
アスパルテーム、アセスルファムカリウム
スクラロース、ネオテーム、サッカリン
といった化学的な甘味が加えられています。
好みの問題ですが、
わたくしは、わたくし自身や家族や親しい方や
患者様には、やはり、安心な天然甘味料をすすめたいです。
ゼロコーラなどのゼロ飲料の甘味料にも
化学的な甘味が使われています。

tamami oyanagi | URL | 2012/08/01 (Wed) 11:36 [編集]


ああー、これ覚えておきます!

今年冬に風邪で寝込んだら息子(中2)が食べさせてくれたのは良いのですが、うどん♪

好意をムゲにできないので食べました…

次からは、この記事のものを参考に頼んで作ってもらいます(笑)

caorita@エセ京女 | URL | 2012/08/05 (Sun) 23:20 [編集]


Re: タイトルなし

caorita@エセ京女 さま

寝込んだ時こそ、栄養摂取が重要ですものね。
お役立て頂ければ幸いです。
でも息子さんがうどんを用意して下さるとは、、
羨ましい!
わたしも絶対、素面でも食べますね。

tamami oyanagi | URL | 2012/08/06 (Mon) 06:26 [編集]


 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)