管理栄養士のローカーボ・キッチン

たんぱく質の組み合わせ方

断酒をはじめて、
夕食があっという間に終わり、
しらふで夜を過ごすので、
以前より、格段、本を読めるようになりました。

今、勤務するクリニックの看護師長さんからお借りしている
「決壊(上)」平野啓一郎さんの小説を読んでいて、
読書の夏を満喫しております。

そしてテレビも見るようになりました。

一昨日、テレビをみていたら、
勤務するクリニックの院長
姫野友美先生が出演されている
「主治医が見つかる診療所」(テレビ東京)をやっていたので、
娘と一緒にみていると、
姫野先生の他、
出演の先生方、みなさん、
糖質を摂りすぎないことと、
たんぱく質を摂る大切さ、
を言っておられました。
こんなにもドクターの間に浸透しているんだーとびっくり。

2013年7月29日放送は、
「肝臓が元気になれば 長生き!痩せる!肌キレイになるSP」
http://www.tv-tokyo.co.jp/shujii/backnumber/130729/index.html

クリニックの患者さんもそうですが、
飲酒しないのに、痩せているのに、
脂肪肝の方がけっこうおられます。
そういう方の脂肪肝の原因は
「糖質」の過剰摂取です。

そしてもうひとつ、
アルブミンの低い、
高齢者や痩せのある女性も
けっこうおられます。

そういう方の食事内容はたいてい、
野菜と穀物、果物中心の食生活で
しかも、小食です。

アルブミンとは、
肝臓で作られるたんぱく質の一種で、
からだの材料として欠かせません。

番組でも言われていましたが、
アルブミンが高いことは長寿の必須条件なのです。

たんぱく質をしっかり食べることが大事です。
とくに、赤身のお肉。
そこに、魚介、卵、大豆製品と、
4種類のタンパク系食品を組み合わせると、
献立が立てやすくなりますよ。

たとえば、
「焼き魚」をメインにする日は、
サラダには「豚肉のしゃぶしゃぶ」を乗っけて、
みそ汁の具は「豆腐」にする
など。

番組で1日の食生活を公開された
野村消化器内科 院長 
野村喜重郎医師は、
肝臓元気ライフのために、
なんと、低糖質食を実践中でした。

朝から、
焼き魚に、卵料理、豆腐や枝豆、
野菜、海藻たっぷりのおかずがメインの食事に、
ごはんはほんのちょっと。

夜、お寿司屋さんに行っても、
しゃりは1/3。

その結果、
脂肪肝が改善し、
体重が10kg減少されたとのことでした。

糖質制限食の良いところは、
血糖が上がらない、
ことだけでなく、
おかずでお腹いっぱいになるため、
結果的に
たんぱく質の摂取が増えることもあると考えています。
たんぱく質を多く含む食品は、
あわせて、ビタミン、ミネラルも多く含みます。
ここもポイントかと考えています。

糖質=主食中心の食生活では、
どうしても、
肉や魚介、卵など、
とくに動物性たんぱく質系食品は不足しがちになります。

野菜好きの女性や小食の方は注意が必要です。

赤身肉をボイルして、
植物油の酸化や摂り過ぎを防ぎながら、
魚油をしっかり摂るために、
魚メニューを意識して増やして、
卵も1日1〜2個を目安に、
豆腐、納豆、大豆の水煮缶など
手軽な大豆製品も取り入れながら、
そこに、
季節の野菜や海藻をたっぷり添えます。
ブロッコリーやホウレンソウなど緑の濃い野菜は加熱してたっぷり。
βカロテンを摂取できます。
きゅうりやレタス、キャベツなど淡色野菜は生食で。
酵素やビタミンCを摂取できます。
焼き海苔、わかめ、めかぶ、とろろこんぶなど海藻もしっかり添えて。
ミネラルや、腸内の善玉菌のえさになる食物繊維を確保できます。

やはり、
「食べる」ことって、
健康の基本、ですね。
スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

先生、たんぱく質の組み合わせ方、すごく勉強になります。ありがとうございます。わたしも低血糖治療の当初は、「やせの脂肪肝」でした。

当時は極度の低血糖症で、たんぱく質をほとんど摂れてなく、血糖値の低さから甘いものへの異様な執着がありました。

いまおもえば、「脂肪肝」になるのは当たり前な食べ方をしていた訳ですよね。。


その後、糖質制限食を知ってからは、レシピに必ず「お肉」と「お魚」が入っていたので、この両方をとるためには。。。と、わたしなりに練った作戦が、

●「昼はお肉」「夜はお魚」と、
レシピをある程度、確定させておくことでした。

*昼は腹持ちよく、お肉が食べたくて、
*夜はさっぱりめに、お魚を意識しました

体調によって、「肉、肉」の日もあれば、
「魚、肉」の日もあります。

それでも、一日の中でじぶんなりのガイドラインを作っておくと、偏らず、まんべんなく食べられるので、結果、いろんなものを食べたという満足感も得られるようになりました。

....................


うちは先日からTVをおかない生活を始めたので、今はTVは見られないのですが、ほんとうに多くのドクターや健康を意識される方々が、糖質制限を意欲的に取り入れられていることを、わたしも感じています。

これも大柳先生の活動や、わたしにとっては、栄養療法の溝口先生や姫野先生の、地道で根強い医療活動の浸透のお陰です。ほんとうにありがたいことです。

ほんとに、すばらしい時代が来たと思っています^^* 



キセキ | URL | 2013/07/31 (Wed) 12:46 [編集]


お酒

お見事な愛好家でおられる大柳先生のブログに「断酒」との言葉を拝見して驚きました。一方で、小生も続きたいものであります。来月の高砂/鹿島殿でも断酒を継続されるのでしょうか。今年も夫婦で出向く予定ですのでよろしくお願い致します。

伸之介 | URL | 2013/07/31 (Wed) 17:09 [編集]


僕は糖質制限で10kg痩せました。去年の六月から十一月までに。
糖質制限は自分の判断で良いと思えばした方がいいです。僕はした結果が良かったですね。先生のブログは必ず見ています。今から、五キロ痩せます!

masami | URL | 2013/08/02 (Fri) 00:12 [編集]


Re: タイトルなし

キセキ さま
コメント、有り難うございます。
たんぱく質の重要性、最近、医師がテレビなどで話してくれるようになり、
心強い限りですね!
穀物や野菜など植物性はヘルシー、
肉や魚はコレステロールによくない高カロリーでよくない、
というようなイメージが出来上がってしまっているので、
人の栄養の本質を見失しなわないように、ここを地道になんとか、
地道になんとか、お伝えしていきたいと
考えています。

tamami oyanagi | URL | 2013/08/02 (Fri) 07:55 [編集]


Re: お酒

伸之介さま
知り合いのドクターが、
わたくしの断酒の事実を知って、
心配でお電話を下さったほど(笑)

> 来月の高砂/鹿島殿でも断酒を継続されるのでしょうか。今年も夫婦で出向く予定ですのでよろしくお願い致します。
お会いできましたら嬉しいです!
もちろん、その夜は飲みます。
あえて自分から飲み会の機会は作りませんが、
夜、お酒の席があれば、
以前より量は気をつけながら、
楽しみたいと考えています。
8月は、鹿島殿さん以外では1回、
おつき合いがあるので、
それ以外の日は、肝臓を休ませるために、
断酒に努めたいと思っております!

tamami oyanagi | URL | 2013/08/02 (Fri) 07:59 [編集]


Re: タイトルなし

masamiさま
コメント、有り難うございます!
> 僕は糖質制限で10kg痩せました。去年の六月から十一月までに。
10kg減ですか!!すごいですね。
さらにマイナス5kgを目標にされているんですね。
運動はされていますか?

tamami oyanagi | URL | 2013/08/02 (Fri) 08:06 [編集]


フルーツ

はじめましてsayakaです。いつも拝見しています。フルーツについてお聞きしたいのですが、フルーツも糖質かと思いますが、フルーツはどのように取り入れてらっしゃいますか?

sayaka | URL | 2013/08/02 (Fri) 09:16 [編集]


こんにちは。しばらく留守にしていたら、たくさんの記事がのっていて、うれしく拝見しました。
タンパク質のこと。老母を見ていると痛感します。
今、97の母は、ホームにおりまして、認知症ですが、食べることだけは、まだ意欲が残っています。倉敷で生まれ、瀬戸内の雑魚で体が作られているせいでしょうか、タンパク質は大好き。一人暮らしのころは、朝にベーコンエッグ、チーズトースト、ミルクが欠かせませんでした。うなぎもお肉も大好き。でも、いまはホームなので、いわゆる老人食。そのせいか、体が弱っています。でも、刺身を持っていくと、ぺろりと食べます。もう歩けないけど食べる意欲を失わないのは子供のころからタンパク質を食べて作られた体のせいなのではと思っています。だから、姉たちにもタンパク質とろうねと伝えています。

ginsuisen | URL | 2013/08/03 (Sat) 08:53 [編集]


Re: フルーツ

> はじめましてsayakaです。いつも拝見しています。フルーツについてお聞きしたいのですが、フルーツも糖質かと思いますが、フルーツはどのように取り入れてらっしゃいますか?

tamami oyanagi | URL | 2013/08/06 (Tue) 10:38 [編集]


Re: フルーツ

sayakaさま
コメント、有り難うございます。
フルーツにつきまして、記事にしてみますね!
(先ほど、間違って、空メールを送信してしまいました、、失礼致しました、、)

tamami oyanagi | URL | 2013/08/06 (Tue) 10:39 [編集]


Re: タイトルなし

ginsuisen さま
コメント、有り難うございます!
お母様、食欲がある、そして、食べられる、ということは
何よりです!!
うなぎ、お魚、是非、食べて頂きたいですね。
高齢者の食事=野菜&穀物中心のヘルシー食の概念、
見直して欲しいですね。
わたしが、何より、気になるのは、
高齢者とひとくくりにしてしまうこと。
病人、とか、小学生、とかも同じかもしれませんが、
体力、食欲など、
高齢者の方であれば、
それまでの人生に培われた個人差を、
食事の内容、ボリュームに、取り入れて頂きたいなと考えています。

tamami oyanagi | URL | 2013/08/06 (Tue) 10:43 [編集]


 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)