管理栄養士のローカーボ・キッチン

吉祥寺 近所の内科医と我が家の糖尿人

しらふの真夏の夜は長く、
昨夜、
勤務するクリニックの看護師長さんにお借りしていた
「決壊(下)」
平野啓一郎さんの小説、
一気に読んでしまいました〜〜。

本を読みながら、
時計を見ると、23時過ぎ。
眠くて眠くて仕方なのですが、
クライマックスに向けて、
もうやめられません!!

で、就寝前だというのに、
交感神経↑↑↑な、
壮絶なラスト、、。


さてさて、
我が家の糖尿人は、
糖質を食べるときだけ、
「グルコバイ」「グルファスト」を服用していました。
最近は、
「グルファスト」なしで、
「グルコバイ」だけで、
血糖の上昇がおさえられるようになりました。

薬がなくなると、
近所のM医院へ行っていました。

糖尿病ということで、
その都度、採血するのですが、
結果はHbA1cも空腹時血糖も正常です。
糖質制限してますからね。
当然です。

すると、
M医師は、
なんで、君は、ちゃんと3ヶ月おきに診察に来ないのか。
なんで、正常値の君が、
「グルコバイ」「グルファスト」が必要なのか、
と、
毎回、こうくるわけです。

で、毎回、
糖質制限をしているから正常値なんです。
糖質を食べると血糖値は200mgは軽く超えるんです。
と、
だから、糖質を食べるときだけ、
血糖を上げないように、
お薬が必要なんです、
と、
お薬は、糖質を食べるときしか飲まないので、
毎日、飲まないので、
3ヶ月分もらっても減らないので、
現にグルファスとは余っているくらいなので、
3ヶ月以上、間が空いてしまうんだと、
毎回、こんな説明してるそうなんですね。

ところが、医師は、
「そんな薬の出し方はしないんだけどな」
と、
毎回、こうきます。

え?
そんな薬の出し方をしてるのが、
先生ではないんですか?
今の糖尿病学会ではないんですか?

M医院に貼ってある糖尿病教室のポスターには、
ごはんをしっかり食べる
バランスの良いカロリー制限食をすすめています。
ごはん=糖質を食べるから、
血糖が上がるから、
だから、血糖を下げる薬を出すわけですよね?
なのに、なぜ、我が家の糖尿人だけ、
ごはんを食べて血糖が上がったときのお薬を出すのが普通でないんですか?
っと、隣にいたら、突っ込みたくなります。
で、
「わたしも、今度は、いっしょに行く!わたしが説明する!!」
と言えば言うほど、
我が家の糖尿人は、
わたしがくれば、
「絶対、あなたは医者と喧嘩になるからだめだ!!」
と、
猛反対。
「喧嘩なんかするわけないじゃん!!」
っと、
医者と喧嘩どころか、
彼と大げんか、、の始末、、。

どうしたもんかの末、
近所の、
W医院へ行ってみるよ、
だめもととで、
ということに。

それがだめなら、
面倒でも、
五反田のわたしが勤務するクリニックまで
通うしかないねと、
まずは一昨日、W医院へ。

W医師いわく、
「あ〜糖質制限されているんですね」
と、
糖質制限を知っていました!

で、W医師は
「日本糖尿学会がまだ認めてはいないんだけど」
との前置きがあったうえで、
血糖コントロールだけでなく、
その他の生化学検査データも良い結果、
糖質制限食に好意的で、
糖質を食べるときだけの
「グルコバイ」を処方して下さったとのこと。

いや〜
これで医師と患者家族
もとい、
家族間のけんかの種がひとつ減り、
めでたし、めでたしな最近の出来事でした。

それにしても、
先日のセミナーに参加頂いた方からの
お悩みでもお聞きしましたが、
かかりつけの医療機関や医師との関係が、
住まいに近い地元にあるのは心強いのですが、
こっそりと糖質制限をされている結果コントロール良好な糖尿人が、
糖質制限に理解のない地元の医院、医者との良好な関係を保つのは、
ややこしいことですね〜。
スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

炭水化物(というか、ごはん←主食の米飯)に関してはもう宗教じみてます
というのが私の感想です
特に男性に多いのが、白いご飯がマリア様か観音様かという崇め方です・・・いやはや
本来、コメは悪くないんですが、現代人の活動に合わない変な炭水化物の食べ方が蔓延しているから制限しないといけなくなってるのに、そこが宗教化してるから話がおかしくなるんですよね

医療関係者には、様々なしがらみや利害が絡まっているのは容易に想像できますが、誰を向いて仕事してるんですか?と首を傾げます

現実に起こっていることに、きちんと目を向けていただかないと、キックバックばっかり追いかけてたらとんでもないことになりますよ~

caorita@日傘出動 | URL | 2013/08/03 (Sat) 10:10 [編集]


Re: タイトルなし

caorita@日傘出動 さま
コメント、有り難うございます。
> 炭水化物(というか、ごはん←主食の米飯)に関してはもう宗教じみてます
> というのが私の感想です
まさに!同感です。

高く、厚い常識の扉を、
わたくしは、
最近は、
「扉をたたき壊す」イメージではなく
「扉を開けるための鍵を用意する」姿勢が大事ではないかと考えています。
必要な人が、
必要な時に、
開けられる鍵。

イソップ寓話の
「太陽と北風」ではありませんが、
強引なやり方や態度で人を動かそうとしても、
かえって人は頑なになりやすく、
暖かいアプローチで、
事が動かせたらと思っておりますが、
だから、
そんなのんきなこと言ってるから、
ビジネスの世界では足下すくわれるんだと、
言われることも少なくありませんが、
そういう性格なので、仕方ありませんかね(笑)

tamami oyanagi | URL | 2013/08/06 (Tue) 10:51 [編集]


 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)