管理栄養士のローカーボ・キッチン

糖質制限食にたいする態度

先日、公私ともに親しい友人と、
フレンチを食べていました。

イカスミが練り込まれた
小さな一口サイズの
焼きたてのバケットが、
メイン料理が運ばれるちょっと前のタイミングで出されました。

メインのソースと合わせたく、
パンを一口、ちぎって頂きました。

それを見ていたもうひとりの友人が、
私がパンを食べる姿に驚いていました。

以前は、
絶対、口にしませんでしたので、
驚かれても当然ですね。

糖質制限食を実践した
2006年から7年経って、
「糖質制限食に対する位置づけ」というか
考え方が、
変わったと感じています。

この数年、
もやもやと、
糖質制限食に対する想いに、
変化が生じてきたことを、
もやもやと、
自分自身、感じていました。


それが、
ここ数日、
ひとつの言葉、想いとして明確にできました。

それは、
「主義」にしてはいけないのではないかという想いです。

私は、
糖質制限主義者ではありません。

私が糖質制限食を否定しないのは、
「テクニック」として利用できるからです。

糖質制限理論は、科学的に正しい理論です。

しかし、主義になってしまうと、
マルクス主義でもなんでもそうですが、
それが、どんなに科学的に正しくても、
ほろびてしまう危険性もはらんでしまうように感じています。

教条的になりすぎると、
宗教そのもので、
たとえば、
糖質を食べることは、
神に背いて、
罪を犯している感覚に陥ってしまうとしたら、
それは、なにか、違うとおもいます。

糖尿病なのか、
ダイエットなのか、
目的によって変わってくるとおもいますが、
糖質制限理論は、
ヒトの生理、代謝、栄養、つまり
科学的に正しい。
正しいけれど、
正しければいいというものではない。

ここが1番難しいところです。

我々は、
生化学の教科書のTCAサイクルでもなく、
試験管の中の試薬でもない。
論理的、科学的にどんなに正しくても、
したくないときもあれば、
できないときもある、
「人間」だからです。

私は、
糖質制限理論の科学的な正当性をふまえた上で、
主義者ではなく、
あくまで、
理論をおいしく利用する
技術者として、
病気になるほど、
肥満になるほど、
食べ続けない工夫でもって、
人間の食生活の本質を見失わず、
糖質と、
ときにはうまくつきあっていくことが、
大事だし、
それが私の糖質制限に対する態度なんだと、
断酒破りの横浜「シーガーディアン」のジンライムを皮切りに、
小さな横浜ひとり旅で考え、
横浜中華街「一楽」さんの
炭火焼チャーシューを1本、お土産に買って、
昨夜、帰宅しました。
スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

糖質制限理論のおいしい利用

やっぱり知っていて食べているのと、知らないで食べているのは違いますね。
この理論を知ることができてよかったと思います。
家族全員が知ることになって、食べるときは量と食べる順番に気を付けたりしながら、みんなでおいしく糖質制限理論を利用しています。
今日は、大大大好物の寿司を食べに行ってきました。
旬の青魚が新鮮で、とてもおいしかったです。
食べた後は運動!サプリメント!これは気を付けています。
ストレスにならない程度に、ほどほどに・・・
甘くし過ぎず、厳しくもし過ぎず・・・
この加減が難しいところですが・・・
頑張ります。

yoshiko | URL | 2013/08/09 (Fri) 22:19 [編集]


Re: 糖質制限理論のおいしい利用

yoshikoさま
コメント、有り難うございます!
糖質が多いものは
美味しいものが多いので、
賢くつきあっていきたいですね。
> 食べた後は運動!サプリメント!これは気を付けています。
わたしも、運動が課題です!!

tamami oyanagi | URL | 2013/08/10 (Sat) 07:12 [編集]


糖質オフを広げるた・・・

 アメリカに留学していた友人に聞いた話ですが、「糖質オフ」というと、糖質を全然摂らないこと、カットすることを意味するそうです。
 糖質の頻回・過剰摂取をやめて健康を取り戻すことが出来ることを一人でも多くの人にアピールするために、柔軟な姿勢。大柳さんのいう「主義者」にならないことは、大事なことだと考えます。同感です。

わんわんこと・板橋 長谷川 | URL | 2013/08/20 (Tue) 01:17 [編集]


Re: 糖質オフを広げるた・・・

わんわんこと・板橋 長谷川さま
コメント、有り難うございます。

>  アメリカに留学していた友人に聞いた話ですが、「糖質オフ」というと、糖質を全然摂らないこと、カットすることを意味するそうです。
そうでしたか!
アメリカでは、糖質の過剰摂取を控えることと同様、
たんぱく質が不足しないアプローチもあるようですね。
プロテイン強化食品のコーナーが、
コンビニもあるとか。
糖質制限食とは、
たんぱく質やビタミン、ミネラルなど、
ヒトのからだを作る栄養素の不足を結果的に防ぐ効果もあります。
先日も、テレビで、
昼食をアイスクリームですますビジネスマンが増えている、と、
公園のベンチで、
ランチに、
アイスクリームを食べている殿方がインタビューに答えておられましたが、
糖質量はどんぶりご飯より少ないと思われますが、
そんなことより、
たんぱく質もビタミンもミネラルも摂れない食事であることが問題ですね、、。

tamami oyanagi | URL | 2013/08/20 (Tue) 06:16 [編集]


 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)