管理栄養士のローカーボ・キッチン

買い置き食材

各地で、豪雨が続いています。
落雷や停電、竜巻、突風、浸水などの被害も心配です。
こんなとき、
買い物に行けないときのために、
食材を買い置きをしておくのは大事です。

停電したときの調理は、
レンジが使えませんので、
カセットコンロとガスボンベがあると便利かと思います。

買い置き食材につきまして、

まず、たんぱく質系食品。
魚の場合、
●魚の缶詰。
●魚の切り身を冷凍ストックしていおく。
●かつお節、食べる煮干しなどの乾物。

肉の場合
●鶏ささみなど加熱調理しやすい状態の肉を冷凍しておく。
●コンビーフ缶詰。

卵の場合
●うずらの卵の水煮

大豆製品の場合
●納豆を冷凍しておく。
●大豆の水煮缶
●高野豆腐、干し湯葉などの乾物

と、けっこう、揃えられます。

次に、炭水化物。
●雑穀米や玄米のパウチごはんをストック。
●パスタやそばなどの乾物。
●ドライフルーツなど。
子どもや痩せの糖尿病のない人のエネルギー確保に役立ちます。

脂質。
●バター、ラードを冷凍しておく。
●マヨネーズは開封前なら常温保存OK。
●オリーブ油。
●ミックスナッツなどの種実類をストック。
●ねりごま、いりごま、すりごまなど。
油脂類は、血糖を上げたくない糖尿病の方の有事の際のエネルギー確保に役立ちます。

海草類。
●焼き海苔、とろろ昆布が便利です。
そのまま食べられます。
ミネラル、食物繊維を確保できます。

野菜。
●冷凍のほうれん草やブロッコリーなど緑野菜があります。

有事に備えて、
買い置きしておくと便利な食材をピックアップしてみました。
スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2013/09/09 (Mon) 11:30 [編集]


Re: 教えて頂きたく(岡本卓医師)

伸之介さま
お返事が遅くなりまして失礼致しました。
相変わらずの糖質制限に対する批判は、
江部康二先生の「糖質制限食パーフェクトガイド」で、
科学的に論破されてしまうものばかりだなと感じています。
今のところ。

今のところ、
というのは、
20年前、
糖質制限理論がまったく知られていなかった時代と同じように、
今後、なにか、わかることが出てくるかもしれません。
科学は、日進月歩、
まだ私たちの知らないことがあるとすると、
謙虚さも大切だと感じています。
仮に、今後、
糖質制限の副作用みたいなものが出てきたときには、
素直に、
謙虚に、
検討しなければならないというのが、わたくしの姿勢です。

栄養科学は、分からないことだらけだと感じています。

そして、最近、思う事は、
なにか起きている事実=現象を語るときに、
人はそれに解釈をつけて語りがちなので、
わたしは、その解釈の部分をはずして、
事実だけを、
その現象だけを見るように心がけています。
答えになっていますでしょうか、、。
また、何かございましたらコメント下さいね!

tamami oyanagi | URL | 2013/09/12 (Thu) 17:53 [編集]


 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)