管理栄養士のローカーボ・キッチン

コレステロールの考え方

先日、コレステロールに関する座談会にお呼ばれ致しまして、
お話してきました。

今朝の読売新聞、朝刊、全国版に、
キユーピーさんの
「ディフェ」という
マヨネーズのタイアップ広告で掲載されています。

コレステロールは一概に下げる必要はない!
というスタンスのわたくしに、なんで、そのようなお話が?!
と最初、驚きました。

わたくしのコレステロールに対する考えをお伝えし、
お引き受けしました。

コレステロールに対する食のアプローチは2つあります。

一つは遺伝的にコレステロールを利用しにくい体質を持っていること。
家族性高コレステロール血症といわれ、
動脈硬化や心臓病を起こしやすいので特別な注意が必要です。

もう一つは血液中の活性酸素が多い方です。
血液中の活性酸素が多いと、
コレステロールが酸化して、利用できなくなり血管壁にたまります。
その結果、細胞はコレステロール不足になるので、
コレステロールを合成するように、と指令が出て、
さらにコレステロールが上昇するという悪循環のパターン。
こういう方の場合は、
食べ物のコレステロールを減らすよりも、
抗酸化ビタミンを摂ることが解決方法のひとつです。

家族性高コレステロール血症の方は、
コレステロールを多く含む食品の摂取は、
かかりつけの医師や栄養士と相談することが、とても大事です。
そのうえで、
コレステロールを上げないというような
「ディフェ」のようなマヨネーズがあると、
味覚を満足させながら、
美味しい食事が長続きできると思います。

多くの方の場合は、
コレステロールの酸化を防ぐ、というのが、
実は見落とされがちな大切なポイントです。
LDLコレステロールのことを、
悪玉コレステロールと、よく言ったり、聞いたりすると思いますが、
人間が自分で作り出すコレステロールに、
善も、悪も、ありません。
LDLコレステロールは、酸化すると悪玉となります。
ですから、酸化を防ぐアプローチを取り入れましょう。

そのためには、新鮮な野菜から、
βカロテンや食物繊維、ビタミンCを毎食、しっかり確保しましょう。

抗酸化にはたらく栄養素ビタミンEも重要です。
ビタミンEは若返りビタミンとも言われます。
ビタミンEは、種実類を野菜にトッピングしたり、
おやつに食べたり、魚をしっかり食べること、
アボカドにも豊富です。
魚をしっかり食べる事で、
EPAやDHAなど、アレルギー疾患を予防改善したり、
血液をさらさらに保つと言われている良質な必須脂肪酸も確保できます。

コレステロールといえば、
真っ先に、
卵が悪者にされがちですが、
卵は、ビタミンC以外の栄養素がバランスよく含まれた完全栄養食です。
食事からのコレステロール摂取を気にすることはない方の場合、
1日1〜2個の摂取なら問題ないと言われています。
スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

オススメのビタミン

先生がオススメする抗酸化ビタミンのサプリはありますでしょうか?

またマヨネーズに使われている油に対しては先生はどう思われますでしょうか? 

お忙しいと思いますがよろしくお願いします!

よっしー | URL | 2013/09/15 (Sun) 21:52 [編集]


Re: オススメのビタミン

よっしー さま
コメント、有り難うございます。

> 先生がオススメする抗酸化ビタミンのサプリはありますでしょうか?
ビタミンCですね。

ビタミンCは、
柑橘系果物や、
新鮮や野菜に含まれますが、
それらを、コンスタントに摂る機会が難しい、
例えば、
外食が多い方、
加工品を利用する機会が多い方、
ストレスが多いなど方など、
現代人は、
ビタミンCを摂る機会より、
消耗する機会の方が多い栄養素だと考えています。

ストレスは、
精神的なものだけでなく、
電磁波、紫外線、冷暖房の完備による寒暖の差など、
現代人特有の、
物理的なストレスもあなどれません。
ビタミンCは、市販のものでもお値段も手軽なので、
私は、毎食、摂るようにしています。

> またマヨネーズに使われている油に対しては先生はどう思われますでしょうか? 
そうですね。
キユピーさんの普通のマヨネーズは、
オレイン酸の割合が多いとのことですが、
リノール酸も入っています。
ですが、
マヨネーズは、味付けに便利なので、
毎食、毎日、大量に摂るほどでなければ、
好みのものを使っておいしく食事を楽しむ方を優先しています!

tamami oyanagi | URL | 2013/09/16 (Mon) 07:26 [編集]


 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)