管理栄養士のローカーボ・キッチン

ジムベントウ2

ジムベントウ2


すっかり、
いっきに、
秋らしくなりましたね。

秋の夜長、
赤ワインが似合いますね。

さて、写真は、
ある日のジムベントウ。

野菜は、
もやしを、だし醤油少々で、ボイル。
たっぷりの黒ごまをまぶし、
ビタミンEと色素成分を確保。

さらに、食べる煮干しをトッピングし、
たんぱく質、ミネラル、塩分を確保。

えのきもだし醤油でさっとボイル。
桜えびをたっぷりトッピングで、
たんぱく質、ミネラル、うまみを確保。

ブロッコリーとオクラ。
βカロテンと
ヌルヌル成分のコンドロイチンを確保。
まあ、微々たるものでしょうが。

コンドロイチン硫酸は、
皮膚の保水性を向上させ、肌を若返らせたり、
栄養分の消化・吸収を促進したり、
カルシウムの代謝にかかわり、骨の成長を促進したりと、
魅力的な成分なのですが、
年齢を重ねると産生されにくくなります。
なので、年頃の方は、
経口摂取を心がけたい成分なのです。
オクラ、納豆、海藻など、
ヌルヌルとしたものに含まれています。
ふかひれ、つばめの巣、スッポンなど、
動物性のもののほうが、
植物性のものより、
体内での効率は高いですが、
お値段も高いですね、、。

たんぱく質のおかずは、

赤いかの刺身を味噌漬けにしておいたものを、
グリルで焼いたもの。
80gほど。

ゆで卵。
青のりをかけて。

以上です。

運動の後は、速やかにたんぱく質を摂取したいので、
運動の後に、頂きます。

運動時は、
ビタミンCとビタミンB群の粉末をといた水を飲んでいます。

肥満がなく、
体重を増やしたい方=筋力をアップしたい方は、
運動前後に、
軽く、糖質もプラスすると良いと思います。

糖質摂取→血糖上昇の際、分泌されるインスリンは、
血管を拡張し、
筋肉に、グリコーゲンやアミノ酸など
栄養を取り込みやすくするはたらきもあるためです。

果物や、消化吸収のよい糖質がおすすめです。
スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2013/09/28 (Sat) 15:00 [編集]


Re: タイトルなし

caorita@断酒 さま
なんと!おめでとうございます!!
わ〜楽しみですね!!!
何卒お大事になさって下さいね。

tamami oyanagi | URL | 2013/09/29 (Sun) 09:35 [編集]


 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)