管理栄養士のローカーボ・キッチン

オリーブ油は安全か

今年最大級の台風が接近しているとのこと。

関東では今夜から雨脚が強まり、
明日の午前には暴風にも注意とのことですが、
今夜は、地元、吉祥寺で1件、打ち合わせ。
明日は、午前、東銀座へ出かけ、打ち合わせ。
、、、、。
長靴を出して、
停電用の準備などもしておこうと思っています。

さて、
コメントでご質問を頂きました。

「本当は危ない植物油」の中の記述では、
オリーブ油も摂取を避けるべき食品群のカテゴリーに入っていましたが、
非加熱での使用でも、最小限にとどめるべきではないでしょうか。


難しい問題です、、。

奥山浩美先生の、
「本当は危ない植物油」を読んでから、
それまで積極的に使ってきたオリーブ油との付き合いを、
どうしたものかと、わたくしも考えました。

で、
今、我が家では、
液体で油を使うとしたら、
エキストラバージンオイルを、
生食を基本として、使っています。

炒め物、揚げ物は、ほとんどしなくなりました。

炒め物は、娘のお弁当の卵焼き程度。
揚げ物は、娘の好物の鶏のからあげ程度。
それも、週に1〜2回、あるかないか、です。

オリーブ油は、
サラダに、スープに、まわしかける。
和え物に、加えるなどで使いますが、
それも、痩せがあって育ち盛りの娘には、
意識して、まわしかけることもありますが、
わたしは、オリーブ油として、
液体からの摂取は、控えています。
というのも、
オリーブ油のように、
オレイン酸だけでなく、
ビタミンEやマグネシウムも摂れるアーモンドを摂るようにしていることと、
オリーブの実や、
カルシウムの摂れるチーズをワインのおつまみにすることもあるので、
オリーブ油という液体からの油の摂取量は気をつけないと、
中年以降の女性はとくに、
カロリー過多につながりやすいためです。


そもそも、
オレイン酸も、
糖質をメイン食べて人類は進化してきていない、という
我々のご先祖さまが何を食べてきたかという視点で食品のことを考えると、
ナッツや豆などを食べて摂るのが自然なのかなという気がするのです。

まあ、そんなことを言ったら、
毎日、蒸留酒を飲んで進化してきていないでしょうから、
お酒の考え方にもつながってくると思いますが、、、。

今のところ、
アーモンド、くるみ、カシューナッツ、
炒りごま、すりごま、練りごまは、
毎日、けっこう、摂っていますが、
オリーブ油をほとんど使わない食生活でも、
まったく不自由を感じないので、
油脂は食べて摂ることを心がけてみようと思います。

そして、
魚は、
大人も子どももしっかり、毎日、確保して、
EPA、DHAの不足がないようにしたいと思っています。
スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

早急なるご回答ありがとうございます

オリーブ油神話は、マスコミ主導であったかもしれません。体に良いと報道されると、スーパーから該当商品が品切れ!日本はなんと平和なんでしょう。
先生がブログでご紹介いただきました書物には、心から共感するものがあります。「本当は怖い植物油」も先生の書評をもとによみました。今後とも、栄養学に限定せず、何か参考となる書物がございましたら、ご紹介ください。

DMのDDS | URL | 2013/10/15 (Tue) 21:45 [編集]


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2013/10/18 (Fri) 12:27 [編集]


Re: 早急なるご回答ありがとうございます

DMのDDS さま

> 今後とも、栄養学に限定せず、何か参考となる書物がございましたら、ご紹介ください。
有り難うございます!

tamami oyanagi | URL | 2013/10/18 (Fri) 15:50 [編集]


>奥山浩美先生の、
「本当は危ない植物油」を読んでから、それまで積極的に使ってきたオリーブ油との付き合いを、どうしたものかと、わたくしも考えました。で、今、我が家では液体で油を使うとしたら、エキストラバージンオイルを、
生食を基本として、使っています。
炒め物、揚げ物は、ほとんどしなくなりました。

わたしも「本当は危ない植物油」を読みましたが、日野原先生は、毎朝のように飲んでいらっしゃるようで、私も毎日、エキストラバージンオイルを飲んでいます。
 少量ならよいのではないでしょうか?
炒め物は、エゴマ油に変えました。
揚げ物・天ぷらについては、西澤真生先生が、基本的によくないとおっしゃっていましたが、やはり、天ぷら・フライを食べたいですね。海老フライとか・・・・
 大柳さんのご意見をお聞かせください。

わんわんこと・板橋 長谷川 | URL | 2013/10/24 (Thu) 06:01 [編集]


追記

アーモンド、くるみ、カシューナッツですが

アメリカ産・インド産が多いようですが、遺伝子組み換えや、農薬はどうなのでしょう? 気にしています・・

わんわんこと・板橋 長谷川 | URL | 2013/10/24 (Thu) 06:06 [編集]


Re: タイトルなし

わんわんこと・板橋 長谷川さま
科学的ではなくても、
体に良くないことだと分かっていても、
わかっているけど、
あえて、それを選択することもあると思います。
そして、どんなに科学的に正しくても、
現実社会で生きる人間の
実践ということになると、
試験管の中のようには事はすすまないので、
限界もあるんだという、認識をもつことも大切かなと、
最近、感じています。
まずは科学的に正しい事実を知る事。
ある理論だけが絶対的に正しいわけではなく、
それぞれの研究分野からわかった事実を、
限界を知った上で、
上手に組み合わせていくことが大事かなと、
最近、感じています。
オリーブ油は、つかうときは、加熱せずに使っていますよ。わたくしも。

tamami oyanagi | URL | 2013/10/25 (Fri) 09:17 [編集]


Re: タイトルなし

わんわんこと・板橋 長谷川さま

> アーモンド、くるみ、カシューナッツですが
> アメリカ産・インド産が多いようですが、遺伝子組み換えや、農薬はどうなのでしょう? 気にしています・・
これも、限界を知る、という考え方につながるかもしれません。
遺伝子組み換えや農薬、添加物など、
我々人類の進化の尺度からみて、
(精製された糖質の定期摂取もそうですが)
あまりに経験の少ないものは、
基本、避ける方向で選択しております。
しかし、それも、限界があります。
自分で選択できるもの、
選択できるときは良い方向を選択したいけれど、
選択できるときですら、あえて、しないときもある、というスタンスでおります。
人類の進化の尺度と、
現代社会との兼ね合いには、
「センス」がもっとも重要かもしれませんね。ここが1番、難しいですね。

tamami oyanagi | URL | 2013/10/25 (Fri) 09:23 [編集]


日本の油事情

初めまして、大柳先生。
トランス脂肪酸に関して、日本の安部総理の歯切れの悪いコメントになんだかなと思った人は多いのではないでしょうか?
日本の国内で生産されている油脂の原材料はほぼ輸入であって、食用の油脂はやはりほぼ有機溶剤(N-ヘキサン)による生産であるという絶望的な現実です。
総理の発言はこの辺りの事情によるのかも知れない。
私は62歳のジジイですが子供の頃、家で出されたコメ油で作られた天ぷらを食べて体調不良と蕁麻疹がでました。
そのことが、食に対する関心の深まりとなりました。
自分で食べる物は、自分のお金でとなった頃より、コールドプレスのオリーブオイル、フランス産の天日塩と本来あるべき姿みたいなものを求めるようになりました。
故に、加工食品は買わない、外食しない、パンは自家製、雑穀のお世話になる、マヨネーズはそのつど作る、白砂糖は使わない、電子レンジは使わないといった生活をしてきました。
しかし、メディアで油のことが取り上げられることを見聞きするとき、この日本の政府は有機溶剤を使った危険な油脂からコールドプレスの油脂の転換にどんなどんな方策で乗り越えるのでしょう。
油の問題だけでなく、乗り越えなくてはならないことは山積みです。

森の山猫 | URL | 2015/11/05 (Thu) 19:59 [編集]


殻付きのクルミ

岩手県で無農薬でクルミを生産している方がおられます。
いわゆる循環農法というもので、クルミの木の下で牛と鶏の放し飼いをしています。勿論人為的な施肥は無しです。鶏はクルミの木にたかった虫を食べます、放牧された牛は牧草を食べ、肥料と言えば、鶏の糞と牛の糞です。
糞?発酵させなきゃならないじゃないのと思ってしまいますが、自然界には人の手によるような仕組みはありませんから、これでいいと言えばいいのかも知れない。
庭が広かったりすれば、クルミやアーモンドを植栽すればいいのでしょうが、薬剤散布しなければ害虫が物凄いので覚悟が必要です。
私は、薬剤散布あまりしなくて済みそうなヘーゼルナッツを鉢植えで育てています。
岩手のクルミですが生産者さんあらためて調べておきます。

森の山猫 | URL | 2015/11/06 (Fri) 09:51 [編集]


殻付きのクルミ

生産農家さんの情報です。
小井田 重雄さん
〒028-6505 岩手県九戸郡九戸村大字江刺家5-56
電話、FAXありますが先様に迷惑になってもいけませんので、手紙、ハガキで問い合わせるか、各自で電話番号お調べください。
年配の方で、ウェブなどには無縁の方です。
尊敬できる方ですし、粗相や失礼のないようにお願いいたします。
クルミは信州などで栽培されている、手打ちクルミです。品種は異なると思いますがしみじみと美味しいです。何より農薬の心配をせずに食せることがなによりかと思います。

森の山猫 | URL | 2015/11/06 (Fri) 11:11 [編集]


Re: 殻付きのクルミ

森の山猫 さま
情報有難うございます。

tamami oyanagi | URL | 2015/11/18 (Wed) 07:48 [編集]


 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)