管理栄養士のローカーボ・キッチン

病気を治す-症状別のおくすりスープ

寒くなりましたね。
あたたかいスープや鍋が恋しい季節です。

そこで、
というわけではないのですが、
ちょうど、良いタイミングで、
スープの本を上梓しました。

投薬に頼りすぎず、
栄養によって根本治療を目指す、
栄養療法を専門とするクリニックを
日本で初めて開設された
新宿溝口クリニック院長
溝口徹先生とご一緒させて頂きました。

「病気を治す-症状別のおくすりスープ」(マキノ出版)880円です。
http://www.amazon.co.jp/病気を治す-症状別のおくすりスープ-溝口-徹/dp/4837662897

栄養と生化学のメカニズムについては、
ずいぶん以前から、
溝口徹先生にはご教授を頂いてきました。

そのご縁もあって
新宿溝口クリニックにて、
毎月第2木曜日の午後、
あたらしい栄養学セミナーと題して、
セミナーを開催していますが、
先月も、今月も、満員御礼で、
キャンセル待ちでも、
結果、ご案内できなかった皆々様には
大変心苦しい想いでおります。

来月も、すでに申し込みがあるそうで、
もし、興味がある方は、
早めに、
新宿溝口クリニックにお問い合わせしてみて下さい。


先日のセミナーでは、
糖質制限食の基礎講座
と題して、
理論を、
一般の方にもわかりやすく、まとめてみました。

糖質制限のセミナーはシリーズで今後も続きます。

糖質を制限することは、
ヒトの代謝システムからみて、
極めて自然で大切なことです。

わたくしが、はじめて体験して勉強をはじめた
2006年当時からすると、
本当に、一気にひろまってきました。

だからこそ、いまこそ、
ブラッシュアップ、
細分化が必要なときだと感じています。

糖尿病なのか、機能性低血症なのか、
痩せがあるのか、肥満なのか、
運動をしているのか、いないのか、
男性か、女性か、
子どもか、若年か、中年か、
血糖コントロール以外に、
何の疾病を持っているのか、いないのか、
などなど、
さまざまな方向から、
糖質のコントロールの仕方を変えていく細やかさも必要だと、
日々の食事のカウンセリングを通じて、
ますます痛感することが多くなってきました。

油の質、加工品とのつきあい方、
糖質を摂るなら何から摂るのか、
ナッツと一言でいっても、
その方の病態や嗜好に応じて、
アーモンドが良いのか、
カシューナッツか、くるみか、
などなど、
日々、患者さんの食事記録と血液検査データをみながら
食事のカウンセリングをし、
自身と家族で糖質制限食を実践し、
料理や買い物をするからこそ感じ取れる、
実践の細やかなコツも取り入れながら、
体系化していきたいと思っております。

その発表の場が、
現在、
新宿溝口クリニックでのセミナーになっていますが、
土日しか参加できない方もおられるとのことでしたので、
どこかで、
そういうセミナーの機会をもてたらとも考えています。

スープレシピですが、
もちろん、
糖質オフですよ!
プラス、
症状別に、
足りない栄養素を食材で美味しく強化しました。

皆様のさまざまな不定愁訴の改善に
お役立て頂けましたら幸いです。
スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

セミナ‐

昨日、セミナ‐に参加させていただきました。
期待通りの内容で、あっと言う間に終わった感じでした。
糖質制限の正しい情報を友人に説明できるように、出来るだけ参加させていただくつもりです。

BJ | URL | 2013/11/16 (Sat) 21:17 [編集]


ありがとうございました

大柳先生

14日のセミナーではありがとうございました。

本当にわかりやすい説明で、楽しくお勉強が出来ました。

来月のセミナーもすでに予約済みですので、
よろしくお願いいたします。

セミナーについてブログに書きましたので、
お時間ある時にでも、ぜひご覧になってください。

http://ameblo.jp/taoistar/entry-11692648593.html

寒さも本格的になって来ましたので、
大柳先生もご自愛ください。

野口  | URL | 2013/11/17 (Sun) 00:01 [編集]


有難うございました。

先日のセミナー後
食事指導をして頂いた者です。

膵炎+痩せ で
食べる事自体が苦しくなっていたのですが
生のフルーツに光明を見出した気がしました。

自分の身体と相談しながら
量や種類を調節していきたいと思います。

有難うございました ♪

☆ acco ☆ | URL | 2013/11/17 (Sun) 01:53 [編集]


糖質制限

糖質制限は50歳過ぎたら良い事だと思います。でも?何でもかんでも我慢したらダメでしょう?食べたい時には食べましょう!食べたら、それから糖質を気にして
食生活をしましょうよ

masami | URL | 2013/11/18 (Mon) 22:57 [編集]


Re: 糖質制限

masamiさま
ほんとうに、そうですね。
ハレとケ、
メリハリをつけて、
楽しみもありながら
調整していくことが大事だと思います。

tamami oyanagi | URL | 2013/11/19 (Tue) 07:33 [編集]


Re: セミナ‐

BJ さま
セミナーご参加、有り難うございます。
また、是非、ご一緒させて頂けましたら幸いです。

tamami oyanagi | URL | 2013/11/19 (Tue) 07:34 [編集]


Re: ありがとうございました

野口 さま
こちらこそ、セミナーでは有り難うございました。
今後とも宜しくお願い致します!
ブログ、さっそく拝読致しました。
有り難うございます。

tamami oyanagi | URL | 2013/11/19 (Tue) 07:35 [編集]


Re: 有難うございました。

☆ acco ☆ さま

血糖測定器をお持ちでしたら、
果物摂取後の血糖を測定して
上昇具合を確認しておくのも心強いかと思います。
主治医の先生にも相談されながら、
続けられると良いですね。

tamami oyanagi | URL | 2013/11/19 (Tue) 07:38 [編集]


 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)