管理栄養士のローカーボ・キッチン

食品は商品か

糖質制限食の実践で、
わたくしが、
最近もっとも気になることは、
「糖質の摂取量」
だけでなく、
それ以上に、
糖質制限した結果、
人より多く摂取する
「食品の質」
に変わってきています。

毎週、月曜日、終日、
都内・五反田の
ひめのともみクリニックで、
栄養指導を担当しておりますが、
患者さんの食事記録をみて、
共通しているのは、
加工品への依存の高さ、
です。

わたくし自身も、
若い頃から糖質制限食を実践するまで、
加工品過多の食事でした。

意識しなければ、
現代人の多くは、
加工品に、無意識に、依存してしまうようです。

便利だから。

患者さんとお話していても、
みんな、忙しいです。

お母さんたちは、
家事をして、
家族をおくって、
自分も仕事にでかけ、
帰って、
家事を片付け、
夕食を作らなければいけません。

お父さんも、
朝、早くから、
夜、遅くまで、
仕事です。

子どもも、
習い事や、塾があって、
忙しいです。

だから、
朝食は、
各々、勝手に用意してもらえるから、
食パンやシリアルが便利です。

昼食は、
コンビニのおにぎりや、
カップラーメンやお弁当が便利です。
野菜不足を気にして、
野菜ジュースを添えています。

夕食は、
スーパーの総菜売り場で、
コロッケやメンチカツ、きんぴらごぼうなど総菜を買います。
家族が好きだし、
揚げ物は家では面倒だし。
だけど、
野菜不足を気にして、
袋売りのキャベツの千切りを添えました。
時間があるときは、
カレーを作りますよ。
カレールーを利用して。
家族、みんな好きだし。

などのケース、
ふつうだと思います。
家族の嗜好を優先し、
家計を気にして、
組み合わされているのです。

しかし、
糖質制限をすると、
食パンも、おにぎりも、弁当も、
コロッケも、きんぴらも、
カレーライスも、
摂らずにすみます。

しかし、
忙しい状況は同じなので、
コンビニなどで
便利な、手間ない、
出来合いの商品を買うことに変わりはありません。

コンビニなどで、
出来合いの糖質の低い食品を選ぶことになります。

焼いてある魚。
炒めてある肉。塩味だから大丈夫。
茹でてある卵。塩味がついているのもあって、便利。
味付け卵もある。
切って、蒸してある鶏肉なんかものっかってる野菜サラダ。
などなど。
選ぶ事になります。

糖質制限はできるでしょう。
しかし、
そこに含まれる食品添加物は大丈夫なのか。
マーガリン、ショートニングなどのトランス脂肪酸は使われてない?
油の酸化は大丈夫だろうか。
カット野菜の色が変わらないのはなぜ?
漂白剤なんて使われてないのか。
などなど。
気になります。

そして、
カットして、消毒してあるようなサラダを食べてまで、
野菜を摂る意味があるのだろうか、
と考えます。

忙しくても、
ゆで卵くらい、ゆでられないものかと、
考えます。

魚も、
グリルに入れて火をつければ、
グリルが焼いてくれます。

食べるのが面倒。
作るのが面倒。
考えるのが面倒。
でも、
面倒なことを後回しにすると、
よけい
面倒なことになってかえってくる、
というのは、わたくしの持論です。

そして、
食べることは生きる事。

『美味礼讃』を著した食通として有名な
ブリア=サヴァランの台詞、
「ふだん何を食べているのか言ってごらんなさい、
そしてあなたがどんな人だか言ってみせましょう」
は有名ですが、
食には、そういう側面が、
あるなあと、わたくしも思います。

高価な食べ物が良い、
というわけではなく、
何を、どう食べるかは、
大事かなと思うのです。

私たちは、
今、あまりにも、
食べることを面倒がって、
手間を惜しみすぎてはないか。

現代人の食に対する姿勢を、
改めて考えさせられるニュースをみて、
このブログを書いています。

ニュースで、
味付けゆでたまごに、
食品での使用が禁じられている動物用の殺菌・消毒剤を使用していた
会社が厳しい処分を受けました。
と。

食品偽装の問題が、
あちこちで発覚しています。

お客さんのなりをみて、
あのお客さんなら、
シャンパーニュではなく、
スパークリングワインを出せばいいいと、
なんて指示していた、
なんて話もひどいことですが、
食品を提供する側の、
面倒でなければいい、
儲かればいい、
という姿勢と、
食品を買う側の、
手間がなければいい、
安ければいい、
という姿勢は、
同じ延長線上の、
右か左かで、
同じレベルでバランスが保たれた、
持ちつ持たれつの関係なのかもしれません。

しかし、
人の、健康に、血糖に、命に、
ダイレクトに結びつく食品は、
商品ではない、
という認識が、
提供者にも、
消費者にも、
今、
もっとも必要ではないかと改めて痛感しています。
スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

同感

同じような事を考えていました。。。大事な事ですから、これからも、考え続け、周囲の人達にも考えてもらいます。

BJ | URL | 2013/12/18 (Wed) 18:55 [編集]


共感します

昔から、着色料などの食品添加物や成分は気になっていましたが・・
(黄身が盛り上がらない卵・真っ赤な、たらこなど)

>糖質制限食の実践で、わたくしが最近もっとも気にな ることは、「糖質の摂取量」だけでなく、それ以上に、糖質制限した結果、人より多く摂取する「食品の質」に変わってきています。

 私も、最近では、例えばオージービーフでも、穀物ではなく、放牧されて牧草で育ったものとか、エゴマ油で焼肉を焼きますが、アリーブ油は、飲むのは良いけれど、炒め物には使わない方がよいのかと考えたりしています。
 あまり神経質になってもいけないのですが、余りに加工して糖質を加えた飲食物が多すぎますね・・・。

わんわんこと長谷川 | URL | 2013/12/20 (Fri) 06:54 [編集]


Re: 同感

BJさま
コメント、ありがとうございます。
難しい問題ですが、
大切な視点であるので目をそらさず考えて参ります。

tamami oyanagi | URL | 2013/12/20 (Fri) 07:35 [編集]


Re: 共感します

わんわんこと長谷川さま

コメント、有り難うございます。
>  あまり神経質になってもいけないのですが、余りに加工して糖質を加えた飲食物が多すぎますね・・・。
ほんとうに、わたしも、そう思います。

tamami oyanagi | URL | 2013/12/20 (Fri) 07:36 [編集]


同じく共感です

分子整合栄養医学を知ってからは、食に対する考えが一変しました。しかし、いざスーパーに買い物に行くと、糖質、食品添加物、農薬、水銀汚染等々を考えるとほとんど買えるものがないんですね・・・
神経質になり過ぎると結局バランスが崩れることになりますし・・・
人間は食べる物でできている。身体に栄養になるものを摂取したい。日々葛藤しながら食べています。

にゃんこ | URL | 2013/12/20 (Fri) 18:26 [編集]


Re: 同じく共感です

にゃんこ さま

> 人間は食べる物でできている。身体に栄養になるものを摂取したい。日々葛藤しながら食べています。
まさに、そうですよね。
ヒトの代謝などの内なる自然と、
人間の社会などの外の自然とのギャップが、大きいですね。

tamami oyanagi | URL | 2013/12/24 (Tue) 09:08 [編集]


 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)