管理栄養士のローカーボ・キッチン

ビタミンC

今シーズン一番の最強寒波が到来とのこと。

風邪やインフルエンザの本格的な流行も心配です。

インフルエンザの予防接種には、
医師の間でも賛否両論あり、
受ける受けないは、
各自の判断が必要ですが、
その年に流行りそうだなと予想されたワクチンが、
予想どおり当たらないかもしれないことや、
予想どおり当たったとしても、
インフルエンザのウイルスは変異が早いため、
シーズン中に変異してしまうかもしれないことや、
かかってしまった場合の重症化をある程度は防ぐことはできても、
インフルエンザにかかること自体を予防できるものではないことは、
頭の片隅に置いておく必要があります。


昨日、発売されました
「Dr.クロワッサン 病気にならない食べ方」
を監修致しましたが、
この中にでてくる20の症状のうち、
「風邪をひきやすい」
の項目にも書かせて頂きましたが、
風邪やインフルエンザの予防の決めては、
粘膜を強くしておくこと!
です。

同じ職場や教室でも、
インフルエンザにかかる人、かからない人の差のひとつが、
この粘膜レベルで、
ウイルスを初期段階で処理できるか否かです。

粘膜は、
ウイルスを侵入させないバリア機能も持っているため、
その強化は、風邪対策に有効です。

では、粘膜をどうやったら強くなるか。
答えは
栄養です。

わたしたちのからだはすべて、
食べたもの、
つまり栄養素によって作られています。

粘膜は、何から作られるか。

それはアミノ酸です。

たんぱく質をしっかり確保することが大切です。

とくにこの季節、
お魚からのたんぱく質摂取もおすすめします。
なぜなら、
魚には、ビタミンDが豊富に含まれるからです。

ビタミンDは、最近では、
免疫力アップ効果や、ガンや糖尿病の予防などに
有効かもしれないという報告もされるようになってきています。

ビタミンDは、
紫外線を浴びる事で、
コレステロールを材料に、
皮膚で一部、合成されます。

しかし、この季節、
雪などの天候状況、
寒さから外出を控えるなど、
相対的に日を浴びる時間が少なくなりがちです。
そこで、
ビタミンDを豊富に含むお魚で、
たんぱく質を確保するとともに、
免疫アップです。

その他、
ビタミンA、亜鉛、鉄も、
粘膜強化に必要な栄養素です。

ビタミンAも亜鉛も鉄も、
赤身肉やレバー、魚介に豊富です。
やはり、たんぱく質ですね。

またウイルス感染の初期段階では、
ビタミンCを大量に消費すると言われています。
ビタミンCはご存知のとおり、
免疫力を強化する栄養素として重要です。

あれ、風邪かな、
と思ったら、
すぐにビタミンCを多めに摂る事。

ビタミンCは2〜3時間で排せつされるので、
コンスタントに摂ること。

そこで、おすすめは、
ビタミンCは、
この季節はとくに、
サプリメントで摂っていくことです。

2〜3時間おきに、
新鮮な野菜や果物をたっぷり食べるより、
手軽で、経済的かと考えます。
スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

大寒波!来てますね~寒い・・・

インフルエンザの予防接種は毎年考えますが見送っています
従妹一家が毎年接種して毎年罹患しているというギャグのような状態なので(笑うところではないんですが、苦笑)
できるだけの予防は口からしよう、と挙げられているものを摂るように心がけています
幸い私はサバやイワシのような大衆魚をこよなく愛する人間なので、色々取り入れようと思います

caorita@断酒継続中 | URL | 2014/01/10 (Fri) 18:49 [編集]


中3の息子が、中学に入ってから、
予防接種してるのに毎年、罹患してます。

小学校の時は1度も罹患しなかったのに、
電車通学を始めたからなんでしょうか。
罹患して重症だったら……と心配の為に
予防接種してますが、息子が罹患しても、
注射をしてない、私はうつった事がありません。。

私の糖質制限の為に、魚・肉中心の
食生活だっていうのに……。

ビタミン不足を思って、先生のブログを見てから
ビタミンCのサプリを摂るようにしています。
そのお陰か、こじれるような風邪は
予防できてると感じています。
鼻風邪程度で済んでます。

今年は、インフルエンザ、ならないと良いのですが(^_^;)

春巻 | URL | 2014/01/11 (Sat) 09:27 [編集]


安全な油

本年も宜しくお願い申し上げます。
12/28の先生のブログについてご教示下さい。奥山先生の植物油の著作を家内としっかり読んだ積りなのですがご容赦下さい。
(1)魚油が一番「安全」とのことですが、「安全」という意味を教えて下さい。
(2)オリーブ油は「無難」という位置づけですが、「安全」との相違点と、摂る或いは調理に利用するに際して気を付けるポイントを教えて下さい。
年初めからお恥ずかしい質問で恐縮ですがよろしくお願い申し上げます。

伸之介 | URL | 2014/01/11 (Sat) 14:07 [編集]


Re: タイトルなし

caorita@断酒継続中 さま
コメント有り難うございます!
今日は東京も雪かも〜とのこと。
寒さ対策万全で乗り切ります!

tamami oyanagi | URL | 2014/01/15 (Wed) 09:31 [編集]


Re: タイトルなし

春巻 さま
コメント有り難うございます!
電車通勤や学校、会社など大勢の人と一緒にいるようになると、
たしかに罹患率、高まりますね。
免疫力アップにも糖質制限で、
炭水化物でお腹をみたすのではなく、
おかずをしっかり食べることで、
栄養の確保がしやすくなりますね!

tamami oyanagi | URL | 2014/01/15 (Wed) 09:33 [編集]


Re: 安全な油

伸之介さま
こちらこそ、本年も宜しくお願い致します。
ご質問の件、
「安全」という言葉は、
奥山先生の著書で
奥山先生が使われている言葉です。
リノール酸やトランス脂肪酸や人工的な機能性オイルは、
その毒性と環境ホルモン作用が「危ない」
という奥山先生の研究成果のお考えに対して、
「安全」で「健康」なあぶらを求めて、
という最終章で、
動物性油脂は、
魚油が第一でおすすめされてあります。

オリーブ油は「無難」というのは、
わたくしが書いた言葉です。

奥山先生は、
オリーブ油もおすすめはしていませんが、
液体の油を加熱料理に使う機会は、
ふつうの食卓では多いと思います。
その場合、
比較的、
危険と言われるサラダ油(リノール酸)
に比べれば、
無難か、
という認識です。

tamami oyanagi | URL | 2014/01/15 (Wed) 09:39 [編集]


 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)