管理栄養士のローカーボ・キッチン

お弁当もスタート

東京は、桜の見頃も終わりましたね。
散る花びらが、まだ楽しめますが。
写真は、
満開の井の頭恩賜公園の桜。

2014年桜


昨日は、
入学式が多かったのか、
仕事場への出勤の際に、
真新しい制服の学生さんを何人か見かけました。
新入社員?っぽい若い方も、多く見かけますね。
みなさん、早く、新しい環境に慣れるといいですね。

娘の学校も、
一昨日、始業式。
昨日、入学式。
そして、
本日からお弁当、スタートです。
中学1年生から、
毎日、お弁当をつくり、
お弁当の内容を、
日記帳に書くのが朝の日課となりました。

今朝のお弁当。

2014年春お弁当

卵焼き。
きゅうりのハム巻き。
ハムは、無添加のものを購入しています。
焼き鮭をほぐし、
ピーマンの細切りと、
塩昆布、黒ごまで和えたもの。
彩りにミニトマト。

ごはんには、
かつお節をサンド。
娘の好きなふりかけを軽く、
彩りに。

成長期はとくに、
たんぱく質の摂取を心がけたいものです。
卵(本日は卵焼き)
肉(本日はハム)
魚(本日は鮭とかつお節)
を組み合わせ、
そこに、
野菜、海藻を添えて食物繊維やβカロテンを確保。

そこに、
成長期は、
エネルギーを確保したいので、
(心身の材料となるたんぱく質を
エネルギーにまわさないために)
糖質を、適宜、添えます。

おかずの組み合わせ方は、
主食を持参しないお弁当づくりにも応用できます。

まず、食物繊維をお弁当箱につめます。
わたしのお弁当で多いのは、
もやしのボイルか、キャベツの千切り。
ここに、黒ごまと煮干しを和えて味付け。

緑の濃い野菜もプラス。
わたしのお弁当で多いのは、
ピーマンか、ほうれん草か、ブロッコリー。

お弁当で海藻を摂りたいときは、
わかめをさっと茹でておかか醤油で和えるか、
焼き海苔をちぎって、野菜に和えるか、
が手軽です。

肉は、
鶏のむね肉かささみ肉か、豚の赤身薄切り肉を100gほどをボイルし、
ごま塩やマスタード、梅肉、塩昆布などで和えるなど。
鶏肉、豚肉とも
塊肉の場合は、味噌や醤油に漬け込んで、
魚焼グリルで焼く事もよくあります。

魚は、
さわら、鮭、さばなど切り身、ししゃもを焼くだけ。
食べる煮干しは、たいてい、何にでもふりかけます。
かつお節も、魚の摂取には、便利です。

卵は、
お弁当の場合、
わたしは、液体の油を使わず、
ゆで卵にすることが多いです。

大豆製品は、
高野豆腐の煮物や、焼き豆腐に煮物、
大豆の蒸し煮などがお弁当に入れやすいですね。

きのこをたっぷりレンジで蒸して、
桜えびを振りかけるのも、
おいしいですよ。
食べるときの、
しんなりした桜えびの食感と、
香ばしい香りと、
きのこの食感が、
美味しいです。

昼食を、
毎食、
コンビニやファミレスなど
外食に頼らざるを得ない方は、
朝食と夕食は
できるだけ、
食品添加物や酸化油脂を摂らないように、
加工品は控えめにして調整するのも安心です。
スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

おはようございます

いつもお弁当記事、参考になります!!
昨日から中高生に作っていますが、いくら若くて代謝がいいからといって男子の好きな「炭水化物+炭水化物」は避けようとか、ピカピカ白米じゃないのにしようかとか、考えてしまいます
玄米が食べられたらいいんですが、胃腸が弱い次男には向いていないように感じまして実施できていません

ところで、高校の学食に「唐揚げ 100円」というメニューがありますが、いくら高校生に出すものでも安すぎやしないかって思いました
まさか大豆ミート?とか・・・どうお感じになりますか?
高校時代に学食がなかったので感覚的に分からないんですが、価格的にはこんなものなのでしょうか?

caorita@おべんとう二つ | URL | 2014/04/10 (Thu) 10:59 [編集]


Re: タイトルなし

caorita@おべんとう二つ さま

> ところで、高校の学食に「唐揚げ 100円」というメニューがありますが、いくら高校生に出すものでも安すぎやしないかって思いました

鶏肉の方が、大豆より、安いものもあるかもしれませんね。
唐揚げ100円、、、安いように感じますね。
安いお肉に特徴的な、
餌に、大量の抗生物質と成長ホルモンなど入ってないといいのですが、、。
そして、揚げ油、
使い回しのトランス脂肪酸やリノール酸でなければいいのですが、、。

食品は、
安ければいい商品には本来、なり得ない質のものだと思うのですが、
難しいですね。

tamami oyanagi | URL | 2014/04/11 (Fri) 14:33 [編集]


 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)