管理栄養士のローカーボ・キッチン

おかずの仕込み


糖質制限中の、お料理をつくる方からのお悩みで、
料理の手間、数が増えて、大変、
ということをお聞きすることがあります。
できるだけ、料理は簡単に済ませたい、
という方も少なくないようです。
わたしも、仕事を持っていますので、
仕事帰り、買物をして
帰宅後、料理にとりかかるので、
できるだけ、ささっと仕上げたいのですが、
そこでおすすめが、
仕込み
です。

わたしは、これを作ろう!
と決めて買物に行くよりも、
スーパーへ行って、
そのときの安い食材をとりあえず購入して、
何を作るかを決めることが多いです。
自宅近所のスーパーは、
16時〜17時頃から、
お肉、お魚、大豆製品が半額になるものが多く、助かります。

たとえば、昨日。
セールしていたので購入したもの。
大分産
1)地鶏のささみ
2)地鶏のもも挽き肉もセールしていたので購入。
鹿児島
3)黒豚赤身挽き肉
福岡産
4)赤いか(煮付け用)
その他、野菜は適宜。

帰ったら食品のパックをそのまま冷蔵庫に入れずに、
仕込みながら冷蔵庫へ移していきます。

1) 鶏ささみは、
ビニール袋に入れ、
カレー粉+ヨーグルト+ハーブソルトでタンドリーチキン風に漬け込み。
娘のお弁当やおかずに使います。

2)鶏もも挽き肉は、当日のおかずに使用することに。
ビニール袋に入れ、
溶き卵+薄口しょうゆ少々を加えて揉んで合わせ、
フライパンに流し込み、両面をこんがり焼いて、
ふっくら丸いたまご焼き風に。

3)黒豚の挽き肉もすぐには使わず、
夕食後、
赤味噌+「ラカントS」とともにフライパンに入れ、
火にかけ、肉そぼろにしておきました。
肉そぼろは、
温めた焼き豆腐や野菜のボイルにかけたり、
レタスで巻きながら頂いたり、
ココット皿に入れてピザ用チーズをのせてオーブンで焼いたり、
作っておくと翌日以降、使えます。

4)赤いかも、ビニール袋に入れ、
5)「ペペロンチーノオイル」と
ハーブソルトでマリネ。
翌日以降、
さっといためておかずやおつまみが
あっという間に1品そろいます。

このように、
挽き肉は、
半額セールの場合は、
できるだけ早めに火を通して料理して
その日に食べるか、
ストックしておきます。

かたまり肉や魚介は、
とりあえずビニール袋に入れ、
カレー粉などのスパイス系味付けか、
みそ味か
しょうゆ味か、
ハーブソルト&にんにくのように洋風味か、
味を割り振りながら漬け込んでおくと、
翌日以降、
炒めるだけ、焼くだけなので
手軽に簡単に1皿、そろえられます。

5)のペペロンチーノオイルですが、
作り置きしておくと便利です。

料理の味付けにアクセントをつけてくれる
にんにく、
ですが、
帰宅後、急いで料理を作っているときに、
にんにくの皮をむいたり、
切ったりすると、
手やまな板、包丁に匂いがついて、
急いでいるとき、
案外、めんどうですよね。
そこで、わたしは時間があるときに、
にんにくの皮をむき、
適当な大きさに切り、
小さな瓶に、
オリーブ油+にんにく+ハーブ(ローズマリーなど)+鷹の爪
で、
ペペロンチーノオイルを用意しておきます。

しょうゆ+にんにく+ラカントS(液体)
で、にんにく醤油だれも用意しておくと、
和風にんにく味の味付けも簡単にできますよ。

是非、お試し下さい!
スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

品数を増やす

おはようございます

うちは5人家族なので、おかず複数作るのもやりやすいほうですが、1~2人暮らしだと大変ですよね
そういう方は、日持ちのするおかずの本で、甘味をラカントなどで代用するなど工夫されたらいかがでしょう?
うちなんか、作りおくつもりが完食されてしまいお弁当用に前もって取り分けておかないと朝が大変です!
切り干し大根やひじきなど和食でもけっこう冷凍できるので、お肉や魚とかと一緒にこういうものを入れてやります(もちろん冷凍食品のお世話にも・・・アハハ)

ちなみに、安い肉をおいしく食べようと塩麹を使っています
洗い流せば血糖値は上がらないかなと思って浅漬けにも使っていますが、大丈夫でしょうか?

caorita@エセ京女 | URL | 2012/09/14 (Fri) 10:09 [編集]


なあるほど

主婦には、とても助かる記事でした。とても美味しそうなので、早速、作ってみたいと思います。
もちろん、私は、”主夫”ですが、(笑)、毎夕食を、家族3人分作っています。

私の場合、朝9時から夜11時迄、塾にカンヅメなので、買い物もままなりません。

そこで、基本、週1のお買いもののために、「一覧表」を作っています。
それに従い、お肉、お魚、大豆系、海藻系、野菜系、卵、乳製品、・・・、と、迷わず、ワンパターンで買いまくり、10分で済ませます。(あるいは、買ってきてもらう。買うものが決まっているので、誰が行ってもよい。)そして、江部先生の、お肉1:お魚1を励行しています。

このやり方は、スーパーで眉間にしわを寄せている主婦の方にはお勧めです。(食材を見てもレシピの浮かばない料理嫌いな方は、特に。)
それで、大柳さんのように、冷蔵庫、冷凍庫に、処置して、あるいはそのまま放り込んで置きます。
後は、ローテーションで料理を作りますが、調味料を変えるだけで、昨日と同じ食材が、和・洋・中と変化していきます。
糖質制限16カ月で、写真付きレシピも350を超えました。食後2時間血糖値や、血圧も付いています。先日の「糖質セイゲニストin北九州」(江部先生のファンクラブ?)では、糖質オフ・チジミを作り好評でした。

こちらをご参考までに。

http://blogs.yahoo.co.jp/misimyk

ちなみに、私の料理歴は、共稼ぎの母に代わり小4から、現在61歳まで50年になります。その間、代ゼミの校舎をめぐっての講義で、外食が多かったので、結構、美味しいものを食べてきたのも功を奏していると思います。

北九州 三島 | URL | 2012/09/14 (Fri) 10:21 [編集]


Re: 品数を増やす

caorita@エセ京女 さま

作り置き&冷凍ストックも良いアイデアですね!

> ちなみに、安い肉をおいしく食べようと塩麹を使っています
> 洗い流せば血糖値は上がらないかなと思って浅漬けにも使っていますが、大丈夫でしょうか?
塩麹、すごく流行っていますね。
麹自体、糖質は高いですが、
漬け込む程度であれば使用量の10〜20%程度のことだと思われます。
であれば、大さじ1〜2で、20gの塩麹を使用しても、
そのうち、食材に染み込むのは2〜4g程度と目安にすると、
気にすることはないと思われます。

tamami oyanagi | URL | 2012/09/15 (Sat) 06:43 [編集]


Re: なあるほど

北九州 三島 さま

ブログ、拝見致しました。
おいしそーなメニューが満載ですね!
すべて糖質制限食!素晴らしいですね。
個人的には、ふくの缶詰、、、見入ってしまいました。
こんな贅沢な缶詰、はじめてみました。
あるんですね。

買物の一覧表も良いアイデアですね。
みなさん、参考になるのではないでしょうか。

お料理も糖質制限も、
実際に続けられておられる方のアイデアや説得力はすごいなと
改めて感じております。

tamami oyanagi | URL | 2012/09/15 (Sat) 06:49 [編集]


ふすまパンについて

大柳先生
こんにちわ。
本日立川にありますパン屋さんで、ふすまパンを購入しました。糖質制限を初めて既に二週間が経過し、そろそろパンを少しは食べてみたいと思い、色々なネットでふすまパンは糖質が少ないので、食べても大丈夫という紹介を拝見し、今回購入しました。
先生の所見から、大体1つ100gぐらいのパンですが、食べても影響は無いでしょうか?一日に食べる量はお昼に1つだけ食べようと思っています。
宜しくお願いします。

ちあき | URL | 2012/09/17 (Mon) 15:58 [編集]


Re: ふすまパンについて

ちあき さま

ふすまパンについて、記事にしましたので
参考にしてみてくださいませ!

tamami oyanagi | URL | 2012/09/18 (Tue) 06:56 [編集]


 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)