管理栄養士のローカーボ・キッチン

糖尿病の方と運動と糖質

前回の記事で、運動前後に摂取する糖質について書きました。
ご質問を頂いたので、
補足します。

糖尿病の方の場合、
インスリンの作用がどの程度あるか否かにもよりますが、
インスリンのはたらきによる筋力アップが期待できるとすれば、
糖質は、
運動前の少量摂取で様子を見る方が良いと思います。

また、
糖尿病の方で、
運動後に、
血糖が上昇する方がおられます。

個人差や運動の種類にもよりますが、
おそらく強度の激しい運動がそれにあてはまるかと考えています。
激しい運動の結果、
アドレナリンなど
血糖値を上昇させるホルモンが分泌されるためです。

また、もし、糖尿病の方が、
起床後まもない運動の後、血糖値が上昇するとしたら、
暁現象かもしれません。
暁現象とは、
早朝、肝臓の糖新生が高まり、
インスリンが分泌しない、あるいは作用しない
糖尿病の人は、
就寝後10時前後、つまり、早朝、血糖値が高くなる現象です。

そこに、
早朝空腹時の運動などが重なると、
糖新生が亢進してさらに血糖値が上昇するかもしれません。

早朝の運動をさけてみることと、
運動前の糖質少量摂取で、
自己測定によって血糖の様子をみるのが糖尿病の方にとっては良いかもしれません。
スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)