管理栄養士のローカーボ・キッチン

就寝前に食べると太るか

先日、
半田理絵先生のお宅で、
BBQを楽しんできました。
日差しも暑すぎず、
風が心地よく、
さわやかな5月の陽気の中、
みんなでお肉を焼きながら、
たっぷりの新鮮や野菜やきのこ、
海藻、筍料理などなど、
すっかりご馳走になってしまい、
13時から、
気がつけば夜までみんなで飲みっぱなし、、。

今年はゴールデンウィークとはいえ、
毎日、なにかしら仕事がちょこちょこと入ったため、
つかの間の休日を楽しむことができました。

さて、
食べる時間についてご質問を頂きました。
クリニックで、患者さんからも多く頂くご質問です。

就寝前に食べるのは良くないことか。太るか。

結論から言いますと、
就寝前に、「何を」食べるのかで結果が違ってきます。

就寝前に、
糖質を食べるのは、太りやすいです。

血糖値を上げたまま就寝するのも、
糖尿病の方や、
食後高血糖が起きるタイプの方は、
避けた方が無難です。


でも、糖質以外のものを食べるのであれば、
とくに、その日1日、
仕事の都合などで食事の摂取量が少なかった場合など、
就寝前であれ、
栄養を摂取するのは大切です。

大切な栄養素は、たんぱく質。
就寝前なので、
消化吸収の良いたんぱく質系食品を選び、
大量に食べなければ、
胃腸の負担も少ないと考えます。

無調整豆乳(たんぱく質)に
すりごま(カルシウム&マグネシウム)をたっぷり入れて
ホットドリンクに。
カルシウムは、
神経の興奮をおさえ、精神を安定させるはたらきがあります。
カルシウムのはたらきを支えるマグネシウムも一緒に含むごまを活用し、
落ち着いた、穏やかな睡眠も確保できたら良いですね。
甘味は、「ラカントS」でつければ安心です。

その他、
消化吸収にやさしいたんぱく質系食品だと、

絹豆腐にかつお節をたっぷりかけて、ポン酢でさっぱり食べておく。

卵の中で消化吸収が良いのは温泉卵です。
冷たいのが苦手なら、レンジで少し温めて、
青のりをたっぷりトッピングしてさっぱりと。

鶏ささみ、豆腐、焼き海苔などを入れた
具沢山の暖かいスープも食べやすですね。

就寝前のちょい食べのポイントは、
糖質は避け、
たんぱく質系食品を選び、
量はほどほどに。
です。

たんぱく質は成長ホルモンの材料になります。
成長ホルモンは、
筋肉量を増やしたり、
体脂肪の増加を防ぐはたらきもあるので、
就寝前のたんぱく質摂取で、
成長ホルモンの活躍をサポートできるとも考えられます。

成長ホルモンが分泌される時間は、
夜11時〜深夜2時くらいの就寝中、
と言われていますので、
寝る前のたんぱく質摂取は、
太りにくい体をつくるためにも効果的とも言えます。
スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

アサーティブとは

バーベキュー美味しそうですね。

さて、前回、遠慮がちにコメントしたのですが・・

「批判をするということは、相手の足りないと思う点に付け加えてあげることで、攻撃することでも揚げ足をとることでもない。共に学び、歩むことが大切」

 この言葉は、私の職場の大先輩が30年前に言われたことです。

 テレビの「○○タックル」などを見ると、いかにして相手に突っ込むかで、建設的な姿勢はほとんどうかがえません。
 それで視聴率を取るのでしょうが、私からすると『不毛』です。

 日本は、歴史的に少数意見を大切にせず、権威的に抑圧してきました。医学の歴史しかり。(日露戦争時の脚気論争)

 冷静で、科学的な態度が必要ですね。

「糖質制限」が、やっと普及しつつあります。レアケース、特殊ケースを含めて、一人ひとりの体にあったやり方が必要だと思います。
 糖質を制限するとして、「これが絶対」というやり方は、まだまだ確立していないと思います。

 丁寧な対応を。自分たちの体なのですから、自己責任で、お互いに学びあう姿勢が大事です。

「口角泡を飛ばしても、実りは少ないと思います」
 
 柔軟に、したたかに、「糖質制限」を否定する人や、少し考えが極端に走っている人たちに接しましょう。

 私も江戸っ子で、短気なところがあるので、自省をこめて・・

                             長谷川



 

わんわんこと長谷川 | URL | 2014/05/06 (Tue) 15:29 [編集]


こんにちは

大柳先生 こんにちは。

新宿溝口クリニックでの
「新しい栄養学セミナー」に
参加させて頂いておりました、
野口と申します。(男性です)

先生のセミナーを
いつも楽しみにしております。

お忙しそうですが、
お体に気をつけて、
また、楽しくて役に立つ
セミナーをお願いします!

野口 | URL | 2014/05/07 (Wed) 11:45 [編集]


私のGWはお菓子作りが好きな糖質無制限息子との製菓やら何やらで終わりました
メレンゲが人の手だけで出来る不思議さに彼は再挑戦に意欲満々ですが、糖質制限レシピでも作ろうと思います

さて寝る前のちょい食べ、またまた参考になります・・・感謝です!!
なかなか身長が伸びず明るい悩みを抱えている高校生の長男がいよいよ本格的な成長期に突入したらしく、常に空腹を口にしますが、米やうどんばかりというわけにもいかず、さりとて高くつくので工夫が必要・・・
お豆腐やおから、卵などをうまく使ってお腹に負担のないものを考えてやろうと思います

ただ、摂り入れたい豆乳がどうもクセがあると苦手なのです
豆は問題なく食べるのですが、すりごまの他にも純ココア(+ラカントなど)でもいいかなと思うのですが、いかがでしょうか?リラックス効果が期待できるということらしいのですが・・・

caorita@おべんとう二つ | URL | 2014/05/07 (Wed) 14:52 [編集]


Re: アサーティブとは

わんわんこと長谷川さま
いつも有り難うございます。

>  柔軟に、したたかに、「糖質制限」を否定する人や、少し考えが極端に走っている人たちに接しましょう。
本当に、そう思います。
糖質制限の本質をみるとき、
いずれ、
そろそろ、
常識が揺らぎ始めるとき、
物理の法則でしょうかね、
物事の動きが起きるとき、
いろんな状況(情緒)とあわせ、
いろんな事実(科学)も、
謙虚に受けとめることが大切だと感じることも、
ここ数年特に、多々、ありました。

これからもどうぞ宜しくお願い致します!

tamami oyanagi | URL | 2014/05/08 (Thu) 17:18 [編集]


Re: こんにちは

野口さま
コメント、有り難うございます。
わたしも、早く、セミナー実現、したいなと思っておりました。
都内での大きなセミナーは、
近々だと8月31日に開催を企画中です。
ブログでも正式にご案内致しますね!
そして定期的なセミナー開催実現にむけ、
引き続き、尽力致します!
これからも、どうぞ、宜しくお願い致します。

> 大柳先生 こんにちは。
>
> 新宿溝口クリニックでの
> 「新しい栄養学セミナー」に
> 参加させて頂いておりました、
> 野口と申します。(男性です)
>
> 先生のセミナーを
> いつも楽しみにしております。
>
> お忙しそうですが、
> お体に気をつけて、
> また、楽しくて役に立つ
> セミナーをお願いします!

tamami oyanagi | URL | 2014/05/08 (Thu) 17:24 [編集]


Re: タイトルなし

caorita@おべんとう二つ さま

GWのお菓子作り、楽しく美味しくいいですね〜〜!!!

> 豆は問題なく食べるのですが、すりごまの他にも純ココア(+ラカントなど)でもいいかなと思うのですが、いかがでしょうか?リラックス効果が期待できるということらしいのですが・・・

ココア、いいと思います!
ココアは、鉄が豊富です!
育ち盛りだと、
男子でも不足しやすいミネラルの代表、
鉄を、
手軽に摂取しやすく、おすすめ食材です!

tamami oyanagi | URL | 2014/05/08 (Thu) 17:34 [編集]


 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)