管理栄養士のローカーボ・キッチン

フレームの中でハンドリング

去る6月21日(土)、
東京・池袋で、
糖質制限食の勉強会でおはなしをさせて頂きました。

梅雨の晴れ間の土曜日、
32名の方にご参加頂きました。
みなさま、有り難うございました。

そして、今回、
会の開催につきまして、
お声がけ頂きました、
長谷川清久さん、
有り難うございました。
事務局の皆様にも大変、お世話になりました。


勉強会で、大柳は、
糖質制限の実践について、
90分弱、
スライドを使ってお話させて頂きました。

糖質を制限する=血糖値を上げない食事は、
狩猟採集時代のご先祖様に学ぶ、
ヒトの消化管機能に適応した食事です。

しかし、
せっかく現代社会においては、
糖質も使いよう、
という手もあります。

糖質は手っ取り早いエネルギー源になるので、
摂ったたんぱく質を、
筋肉など体の材料に使っていきたい方にとっては、
とくに痩せがある方、
激しいスポーツをする方、
なかでも成長期などでは、
糖質は、
有効なエネルギー源としての可能性もあります。

そして、
どうせ糖質を摂るなら、
糖質だけでなく、
栄養価が高いものを選ぶ、
ということも考えられます。

清涼飲料水は糖質の塊かもしれませんが、
かぼちゃは、βカロテンやビタミンE、食物繊維も摂取できます。


また、
カロリーと、
脂質の摂り方についてにも、
個々人の状況におうじて、
丁寧な整理があると心強いです。

糖質制限の目的は、
糖尿病の治療食か、
減量か、
健康目的か、
などの状況です。

加えて、

痩せがあるか、肥満があるか。

運動をしているか、していないか。

生活活動強度が高いか、低いか。

なども、
丁寧に交通整理が必要です。

その上で、
その方の嗜好や食事環境に合わせた
食材なのか、
調理方法なのか、
外食情報なのか、
など、
食べ方の提案が必要となります。

さらに、筋肉や肝機能に目配せをするのも重要です。

糖質を制限しても、
高血糖は改善できても、
低血糖になることはありません。

脳細胞を含め、
すべての体の細胞は、
自身の肝臓で糖新生を行って
自身で作り出した糖を血糖を、
筋肉、血液を介してエネルギーとして使えます。

そのため、
肝臓をいたわることと、
筋肉アップは、
糖新生に心強いです。

糖質制限の結果、酒量が増え、肝臓のお仕事を増やしてしまうと、
糖新生がうまくいかなくなる可能性も考察できます。

年齢とともに放っておいたら落ちて行く筋肉は、
鍛えて、維持しないと、
年齢とともに糖新生能力も低下する可能性も考察できます。

2006年から、
自身で続けてきた
糖質制限食の実践について、
8年の間には何度かの挫折や壁にぶつかったこともありましたが、
だからこそ考えることができた、
実践にまつわる考え方を、
勉強会でお話できました。

食品添加物のこと、
乳製品についてなど、
食の安全性も気にし始めたらきりがないのですが、
大事なのは、
フレームで物事を整理していくことではないかと考えています。

あれもこれもと、
風呂敷を広げ過ぎて、
収集がつかなくなってしまいます。

物事には常に限界=フレームがあるので、
その中で、
今はどちらを、
あるいは何を優先するか、
つどつど、ハンドリングしていくことが、
食事という、
科学と情緒が融合する場においては、
必要ではないかと、改めて感じています。
スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

大柳先生。ありがとうございました。

今日。武蔵野の方は、かなり「ひょう」が降ったようですね。異常気象です。

 「勉強会」また、秋、9月か10月にお願いしたいと思っています。

                              長谷川

わんわんこと長谷川清久 | URL | 2014/06/24 (Tue) 21:02 [編集]


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2014/06/25 (Wed) 09:11 [編集]


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2014/06/25 (Wed) 17:07 [編集]


勉強会参加者です。ありがとうございました。

先日勉強会に参加させていただいた者です。
ありがとうございました。

糖質制限は2012年から始めてます。
特に疾患は無く、健康維持とダイエット目的です。
3年目になりますので、そろそろ衝動的に糖質をドカ食いしたくなる時期・・・?

新宿溝口クリニックでの大柳先生の勉強会には全て参加していたので、
今回の勉強会は、
糖質制限の総まとめ、現実的な継続のやり方、そして食の安全性含めてのお話をお聞きできたのが大変有意義でした。
また、個人の今回の新たな目玉キーワードは、
 肝臓を大切にすること
です。
今まで、
 糖質制限の食べ方、
 栄養を吸収するため消化器系を大切にする、
 筋力アップ
は心がけてましたが
肝臓にまで意識はありませんでした。今後、気を付けていこうと思います。
そして勉強会の復習をしながら思ったことは安全性を気にするあまり、食の選択にストレスばかり感じるのもよろしくないので、
 排毒
というキーワードを自主的にさらに追加、意識しようとも思います。

o2 | URL | 2014/06/25 (Wed) 21:32 [編集]


もともと(産まれてこのからずっと)とてもやせていて、血糖値が高いことが発覚したことから、色々ネットで情報を探すようになり、先生のブログに行きついたのです。サイトの数だけたくさんの情報があり、今海外で生活していて、なかなか「本当の」対処法に出会えず焦っているところです。ここ半年、糖質を「ゆるく」制限していることしかやっていないのですが、今回のお話を読んで、痩せのある人は、むやみにこういった制限をしない方がいいのでしょうか、と思いました。人それぞれ体は違うので、むずかしいですね。話は全く違いますが、東京に行ってまず最初に向かうのは、吉祥寺なんです、わたし。なので、先生のお話にたまに出てくる吉祥寺、とてもうれしく拝見しています。

Kay | URL | 2014/06/26 (Thu) 04:13 [編集]


Re: またまた

へーさま
是非、美味しく楽しく続けて下さい。

tamami oyanagi | URL | 2014/06/26 (Thu) 07:50 [編集]


Re: 初めまして。

Meetさま
フレームとハンドリングで楽しく続けて下さいね!

tamami oyanagi | URL | 2014/06/26 (Thu) 07:51 [編集]


Re: 勉強会参加者です。ありがとうございました。

o2 さま

この度は、勉強会にご参加頂きまして有り難うございました。
糖質制限食をより良く実践できる方法を、
これからも、丁寧に考えて発信して参りたいと思っております。
今後とも宜しくお願い致します!

tamami oyanagi | URL | 2014/06/26 (Thu) 07:55 [編集]


Re: タイトルなし

Kay さま
血糖値が高いのに、痩せがある方は、
良質な油脂からのカロリー摂取の方が、
糖質からのカロリー摂取よりは安心だと考えています。
血糖値が高いのに、痩せがあるのに、運動をするなら、
運動前に、カロリーとして糖質を摂取してみて、
運動後、血糖自己測定器で血糖を測定し、
コントロールしていくという手もありかもしれません。

海外から戻られて吉祥寺とは!!
なんだか嬉しいです!!

吉祥寺で、
わたくしが行く糖質オフで美味しいお店、
記事にしますので、
今度帰国されたときにお役立て頂けましたら幸いです。


> もともと(産まれてこのからずっと)とてもやせていて、血糖値が高いことが発覚したことから、色々ネットで情報を探すようになり、先生のブログに行きついたのです。サイトの数だけたくさんの情報があり、今海外で生活していて、なかなか「本当の」対処法に出会えず焦っているところです。ここ半年、糖質を「ゆるく」制限していることしかやっていないのですが、今回のお話を読んで、痩せのある人は、むやみにこういった制限をしない方がいいのでしょうか、と思いました。人それぞれ体は違うので、むずかしいですね。話は全く違いますが、東京に行ってまず最初に向かうのは、吉祥寺なんです、わたし。なので、先生のお話にたまに出てくる吉祥寺、とてもうれしく拝見しています。

tamami oyanagi | URL | 2014/06/26 (Thu) 08:00 [編集]


 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)