管理栄養士のローカーボ・キッチン

糖質制限の理由

ご質問を頂きました。

> そして、いまさらですが、質問です。
> 白米を食べなくてもいい理由というのがいまひとつわからず、頑張って糖質を制限していますが、ときどき不安になります。みんなが食べているのに、今まで食べていたのに、国民食?なのに、食べなくていい確固たる理由がまだわからずにいます!

そういえば、
あまり考えずに糖質制限があたりまえだと思って実践していましたが、
そうですね、
糖尿病ではないわたくしの場合、
確固たる理由があるとしたら、

「食後高血糖を起こすほどの糖質摂取は、
多くの点で健康に有害であることが分かっているから」
です。

わたしの家族の場合、
彼は糖尿病なので
「血糖値を上げる唯一の栄養素=糖質を制限すれば、
副作用のある薬やインスリンに頼り過ぎず、
合併症を防げるから」
となります。

それでも、1週間に1回くらい、
糖質食べているようです。
先日の血液検査データで発覚しました。

だいたい、糖質を食べているときは、
空腹時血糖値、
HbA1c、
中性脂肪、
γGPT、GPTあたりが高くなってきます。
そして、
カルシウムが低くなってきます。
食後血糖値が起きているんだなということが読み取れます。

脂肪酸4分画は、素晴らしかったです。
魚をしっかり食べていることと、
オリーブ油以外の植物油脂はほとんど使わず、
基本、油脂は、
肉を、魚を、ごまやくるみやアーモンドなど種実を、
大豆製品を、
食べて摂っていることが好影響しているのかなと考察しています。
脂肪酸4分画の話は、また、後日。

それでも、糖質は、食べたいから、
そのときは、食べるているそうです。
(知らなかったー)

と、それはさておき、、、

糖質が血糖値を上げることをわかっていても、
自分が糖尿病でも、
平均寿命までの残り数十年、
多きときで週に1回、
糖質を摂取しても、
大勢に影響ないだろう、
というのが彼の考え方のようです。

わたしも、それで良いと考えています。

400万年の人類の進化の歴史からみて、
ヒトの消化管機能は、
糖質を摂取するように進化していないことや、
食後血糖値が多くの点で健康に有害であることは、
さまざまな専門書でも指摘されているところですが、
人間には、
科学では捉えられない、
情緒があることも認識しなければならないと考えています。

確固たる理由によって、
白米を、
食べないときもあるけれど、
食べるときもある、
というスタンスでいますが、
答えになっていますでしょうか。
スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

おはようございます

白米に関しては生活習慣というか文化というか、日本人が日本語を話すのが当たり前とされているように、コメを食するのが当たり前という不文律がありますね
糖質でかつ精製されている状態の穀物なので、血糖値上昇に大きく影響を与えると考えます
これはパンもうどんも同じですね

白米は元々常食しない歴史が長い(1939年まで雑穀米が主流←wikipediaより)のに、いつの間にかそういう食文化が伝統と思われているところにアヤシイものが見えますが、白米ってけっこう神格化されてるので科学的見地から語られないことが多いと感じています

なので、たまに食べたってアレルギーでもなければすぐ命にかかわることもそうないだろうけれど、生成された糖質はなんであれ血糖値には影響を与えることは事実として知っておいたうえで食べるものかと思います

元上司が「心で食べる」と言っていました
食べることは栄養摂取だけでない大きな意味を持つ営みだということです
たまにお寿司をつまんだって、それはそれでいいと思います

caorita@悪夢の夏休み | URL | 2014/07/22 (Tue) 09:40 [編集]


ありがとうございます!

先生、わざわざ書いて下さり、ありがとうございました!これで、これからもやっていけそうです!いつか、先生の講演会にうかがう日を夢みて。

Kay | URL | 2014/07/22 (Tue) 23:44 [編集]


コーヒーを飲む人に

ちょっと気になる情報です

私も、一日コーヒーを3杯は飲むのですが・・・

アメリカのカフェイン精製粉末は、問題ありそうです。

- 消費者に直接売られているカフェイン精製粉末は嘔吐、下痢、昏迷、失見当識、頻拍、発作、死亡等の重篤有害事象をもたらす恐れがあって危険なので使うべきでないとFDAが言っています。

わんわんこと長谷川清久 | URL | 2014/07/23 (Wed) 05:29 [編集]


Re: タイトルなし

caorita@悪夢の夏休み さま
夏休み、ですね、、、。
銀シャリ、と言われるくらいですものね、、。

> 元上司が「心で食べる」と言っていました
> 食べることは栄養摂取だけでない大きな意味を持つ営みだということです
> たまにお寿司をつまんだって、それはそれでいいと思います
同感です。

tamami oyanagi | URL | 2014/07/23 (Wed) 12:11 [編集]


Re: ありがとうございます!

Kay さま
いえいえ、これからも宜しくお願い致します。
ご帰国の際はお気をつけて!

tamami oyanagi | URL | 2014/07/23 (Wed) 12:12 [編集]


Re: コーヒーを飲む人に

わんわんこと長谷川清久さま

何事も、
ある部分だけを抽出して精製したり、
都合の良く加工すると、
自然のバランスが崩れてしまうのかもしれませんね、、。

tamami oyanagi | URL | 2014/07/23 (Wed) 12:13 [編集]


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2014/07/24 (Thu) 16:08 [編集]


大豆について

さっそくのご回答ありがとうございました。
確かに植物油に含まれている量に比べればとるに足りない量でしょうし、あまり気にしなくても大丈夫かもしれないですね。(それに大豆製品を使えば献立の幅も広がりますし。)

それと、別件なのですが、体の中で作られるAGE(血管の中などにに溢れ返った糖がたんぱく質に結合してできるもの)と調理中に発生するAGE(味噌や醤油に入っているものも含む)は同じように体に悪影響を与えるものなのでしょうか?
後者については食物に含まれるAGEが体の中でどのように代謝されるのかによって変わってくると思うのですが、
(①アミノ酸同士のペプチド結合も、アミノ酸と糖の結合も体の中で分解される場合→調理中に発生するAGEは気にしなくてもいいことになる
②アミノ酸同士のペプチド結合は分解されるがアミノ酸と糖の結合は分解できず、かつ糖と結合したままのアミノ酸も体を作るたんぱく質の材料として使われてしまう場合→食物に含まれるAGEも体の中で作られるAGEと同じように有害ということになる
③)アミノ酸同士のペプチド結合は分解されるがアミノ酸と糖の結合は分解できず、かつ糖と結合したままのアミノ酸は体を作るたんぱく質の材料として使われない場合→食べたたんぱく質の一部は無駄になるが、AGEとしての有価性は無い)
この辺りって実際問題どうなっているのでしょうか?
細かい話かもしれませんが、個人的に気になる部分なので暇な時にでもご回答頂ければ幸いです。

hashi | URL | 2014/07/24 (Thu) 20:21 [編集]


機能性低血糖のため、糖質制限をして1年になります。いつも先生のブログを拝見させて頂いてます。

先日、胃カメラ検査でピロリ菌が見つかり、1度目の除菌を試みましたが、失敗してしまいました。
2度目の除菌を行うに当たり、民間療法で効果があると言われているLG21とマヌカハニーの摂取も行いたいと考えているのですが、共に糖質量が高いため、気になっています。
糖質量が高いものを摂取する場合、摂取後の運動をすれば、血糖値の上昇を抑えることができますか?

にんにん | URL | 2014/07/28 (Mon) 12:24 [編集]


Re: 大豆について

hashさま
AGEに関しましては、あまりよくわかりません、、。
が、
a)糖質を摂取して血糖値を上げる結果の、体内で作られるものと、
b)味噌やしょうゆができる過程で生成されるものと、
c)調味料や食材を使って調理の過程で生成されるものと、
違いがあるのではないかと考えています。

人類400万年の歴史の中で、
abcともに、その機会は稀なので、
不自然なことであると思いますが、
現代社会での、
実践というフレームで物事を考えるときには、
bcの実践は非常に困難であり、
わたくしの中では、
物事には限界がある、
という考えの中の、ひとつです。

tamami oyanagi | URL | 2014/07/29 (Tue) 07:10 [編集]


Re: タイトルなし

にんにん さま
コメント、有り難うございます。
ピロリ除菌に関しまして、
民間療法はよく分かりませんが、
糖質を摂取するなら、
その後の運動は、
血糖値の上昇時間を短縮し、
速度を遅くするとは一般的には言われていますので良いかと思います。

超粘膜を厚く丈夫にしておくことは、
糖の吸収にも影響します。
ビタミンAと亜鉛が、粘膜の栄養に役立ちます。
動物性たんぱく質ですね。
うなぎがおすすめです!
まずは除菌ですね!!

tamami oyanagi | URL | 2014/07/29 (Tue) 07:22 [編集]


アドバイスありがとうございます。

粘膜にはビタミンAと亜鉛がいいのは知りませんでした。

積極的にこれらも摂取して、除菌を成功させたいと思います。

ありがとうございました。

にんにん | URL | 2014/07/30 (Wed) 09:38 [編集]


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2014/07/30 (Wed) 12:00 [編集]


先生、お忙しいところすみません!

この、白米を食べなくてもいい理由を、「白米でしかまかなえない栄養素」はありますか?という質問に替えてお伺いしてもよろしいですか?何度も申し訳ありません!

Kay | URL | 2014/08/01 (Fri) 03:37 [編集]


Re: タイトルなし

にんにん さま
除菌、成功しますように!お祈り申し上げます!!

tamami oyanagi | URL | 2014/08/06 (Wed) 13:15 [編集]


Re: 最近、混乱しています

BJ さま

> 久し振りにブログ拝見しました。相変わらずメディアでは、糖質制限への反論や、中途半端で興味本位の情報の垂れ流しですね。
ですね、、。
先日も、日テレ(電通さん!?)で、
100人の医師、管理栄養士などに
糖質制限、賛成か反対か、
という番組をやっていたようですが、
結果、反対が少し多かったようですね。
その100人、
誰が、どんな基準で選んだのかでも
結果は大きく違ってくるような、、。
少なくとも、
私は賛成派の管理栄養士ですが、
お声がけはありませんでした。

わたしは、食と栄養に関するいろんな理論は、
すべて、
基本は、
人類400万年、ヒトは何を、どのように食べてきたか、
を軸足にしてものを考え、判断するようにしています。
すると、玄米菜食でないことはたしか。
たんぱく質が必須栄養素であることはたしか。です。
しかし、人間には、科学では捉えられない情緒や、
思想なども、
食の世界に入ってきてしまうため、
そこは、各々の判断かなと、考えます。
難しいですね。
栄養は科学ですが、
食には
文化や思想や情緒や、
資本主義社会では、
営利、
もつきものです。

tamami oyanagi | URL | 2014/08/06 (Wed) 13:22 [編集]


Re: タイトルなし

Kay さま
お返事、遅くなりまして、失礼!!

> この、白米を食べなくてもいい理由を、「白米でしかまかなえない栄養素」はありますか?という質問に替えてお伺いしてもよろしいですか?何度も申し訳ありません!
ん〜〜。ないかな。
白米に含まれる栄養の特徴は、水分以外は、ほとんど糖質です。
糖質を摂ればいい、となると、
白米でなくても、
小麦粉でも、芋でも、砂糖でもいい、ということになって、
白米でしか摂れない栄養素はない、ということになりますね。

ただ、
どうせ糖質を摂るなら、
農薬つきの輸入小麦より、
国産の白米の方がましかもしれないし、

白米より、
ビタミンCも摂れる旬の時期の芋類を蒸かすだけでも良いかもしれないし、

白米より、
ビタミンEもβカロテンもとれるかぼちゃを蒸かすだけでも良いかもしれないし、

ということになりますでしょうか。

tamami oyanagi | URL | 2014/08/06 (Wed) 13:27 [編集]


ありがとうございました!これでまた専念できます、糖質制限!

Kay | URL | 2014/08/06 (Wed) 23:23 [編集]


Re: タイトルなし

Kay さま
楽しく続けて行きましょうね!

tamami oyanagi | URL | 2014/08/13 (Wed) 09:56 [編集]


 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)