管理栄養士のローカーボ・キッチン

3型糖尿病

認知症のニュースを、よく見聞きします。

認知症を患う方が行方不明になったり、
今朝は、
認知症を患う方が線路内を歩いていて、
電車にはねられてしまった、
というニュースもありました。

先日のオーソモレキュラー,jp講演会で、
白澤先生からのお話の中で、
アルツハイマー型認知症は、
3型糖尿病と呼ばれるとのことでした。

毎食、糖質を摂り、
毎食、血糖値を上げ、
毎食、インスリンを追加分泌する生活を何十年も続ける結果、
脳内においても、
インスリン抵抗性が発生し、
糖質にたんぱく質がくっついた、
アミロイドβというシミのようなものが蓄積し、
これが、アルツハイマー病に
深く関わっていると言われています。

時々、患者さんから、
糖質をたくさん食べているのに、
太っていない人や
糖尿病ではない人がいるが、
どうしてか、
というご質問を受ける事があります。

個々人の体質によって、
体脂肪をたくさん蓄えてしまう肥満の方、
膵臓のβ細胞が疲弊してしまう糖尿病の方、
以外にも、
脳に影響がでやすいアルツハイマーの方、
そして欧米型のがんになりやすい方など、
どこかに影響がいくのかもしれません。

毎食、糖質を摂取して、
毎食、食後血糖値をおこし、
毎食、インスリンを追加分泌することは、
いかに、不自然か、
ということが考察できます。

やはり、
栄養は、
子どもの頃から食べていたから、
とか、
美味しい、
経済的、
ラク
などという情緒の前に、
ヒトは何を、どう食べて進化してきたのか、
という
科学が柱になければなりません。

子どもたちの食育が、あいかわらず、流行です。
子どもたちに、
お米をつくらせたり、
お味噌をつくらせたり、
食品メーカーと一緒になって、
食育の専門の先生方が、
子どもたちに盛んに文化を学習させていますが、
わたくしは、
今こそ、本当の栄養の科学を、
きちんと、子どもたちに伝えることが大事だと感じます。
その前に、
事実を見たくない、
受け入れたくない大人を、
どうにかしないといけないのかもしれませんが。

知った上で食べるのと、
知らないまま食べさせられるのとでは、
大違いです。

人類は糖質を食べるように、
消化管機能は適応していないこと。

毎食、血糖値を上げ、インスリンを追加分泌することは、
さまざまな点で健康に有害であること。

このような栄養学の教科書に書いてある事実を、
知っていれば、
肥満する前に、
あるいは糖尿病やアルツハイマーを患う前に、
糖質の摂取量をコントロールできた方もいると思います。

どうせ、主食を抜くなんて、無理だろう。
糖質の割合は○%にしないと、続かないだろう。
このような専門家の解釈は要らないと考えます。
科学者は、解釈をはさまず、
まず事実だけを提示して欲しいと思います。

その上で、
どのくらい、何を食べるのか、
病気の方であれば、
医師や管理栄養士と相談しながら、
個々人が選択していくものだと考えます。
スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2014/09/09 (Tue) 13:26 [編集]


講演会

先日ミクニで先生の講演を拝聴させていただきました。
とても興味深く分かりやすく説明して下さり、有意義な一時を過ごせました。
時間に制限があり、まだまだ聞きたい事が沢山ありましたが、手始めに先生の著書を拝見したいと思います。
小学生の子供もいますので、食には気を付けていきたいと強く感じました。
ありがとうございました。

ぼり | URL | 2014/09/09 (Tue) 14:43 [編集]


Re: 鹿島殿(兵庫県高砂市)

唐澤伸二様
ご無沙汰しております。あちらの会は、わたくしは主催側にはおらず、その時々、依頼があったときに講師としてご一緒させて頂いております。年間通じて、どのような会にするのか、どなたを講師に依頼されるかなどは主催者の意向によるものと思われます。とくに何かあるということではないですよ。わたくしのセミナー情報に関しまして、ブログでもご紹介しますね。わたくしも、また、お会いできましたらうれしいです。

tamami oyanagi | URL | 2014/09/10 (Wed) 06:21 [編集]


Re: 講演会

ぼり さま
> 先日ミクニで先生の講演を拝聴させていただきました。
そうでしたか!有り難うございます!

> 小学生の子供もいますので、食には気を付けていきたいと強く感じました。
そうですね。
ブログでも、子どもの食事に関して、記事にしますね!
今後とも宜しくお願い申し上げます。

tamami oyanagi | URL | 2014/09/10 (Wed) 06:23 [編集]


 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)