管理栄養士のローカーボ・キッチン

訂正

前回の記事にあります、
ワインに含まれる添加物は、
亜硝酸ナトリウムではなく、
亜硫酸ナトリウムでした。

なので、
ワイン(亜硫酸ナトリウム)&お魚(アミン)による
ニトロソアミンの心配はなく、
ハム、ベーコンなど肉の加工品に比較的、使われる添加物、
亜硝酸ナトリウムは、
アミノ酸と反応して
ニトロソアミンという
発がん性物質ができるとして嫌われています。

でした。

ワイン好きの皆様、一安心です。

ご指摘頂きました皆様、
有り難うございました。

できるだけ、添加物の摂取を控えていくことは、
続けていきたいと思います。
スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2014/10/16 (Thu) 10:01 [編集]


Re: 亜硫酸ナトリウム

亜硫酸塩(酸化防止剤)について、
ワインに詳しい知人に伺ってみましたところ、
気化中は毒ですが液体中は問題なく、
また、毎日飲んでも健康被害は気にすることはない、とのことでした。
山田健さんの
『今日からちょっとワイン通』(2009年)
という本の中に、
わかりやすく書いていたはずとのことで、
チェックしてみたいと思っています。
ご参考までに取り急ぎ!

tamami oyanagi | URL | 2014/10/18 (Sat) 16:55 [編集]


 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)