管理栄養士のローカーボ・キッチン

甘味料

連休、皆様、いかがお過ごしですか。
わたくしは、金曜日〜土曜日、
兵庫県、丹波市にある
里皮フ科クリニック
里院長にお招き頂き、
糖質制限食の勉強会で講師を努めて参りました。

写真は、
勉強会に参加してくださった
地元のお菓子屋さんが作って下さった、
糖質オフのケーキ。

丹波:ケーキ

その他にも、
丹波の黒豆や、
地元のお野菜や食材を使ったお料理の数々、
そして鹿肉などをご馳走頂き、
どれもこれも本当に美味しく、
丹波から、おいしい糖質制限食を!
という皆さんの想いも心強く感じました。

写真は、
勉強会の後、
里先生のご実家で、
参加者のみなさんと一緒に
打ち上げパーティのお料理。
参加者のみなさんが、
地元野菜やハム、チーズなどなど、
たくさん持ち寄って下さいました。

丹波:打ち上げ

そして、こちらは、
帰りの新大阪液駅で買ったお土産。
「ビリケン銀行百万円メモ帳」
「たこ焼き鉛筆」

大阪お土産

この他にも、
新大阪駅の土産売り場、
爆笑必至ですよ。

北海道の銘菓
「白い恋人」そっくりの
「面白い恋人」
しかも、味は、
みたらし味!

そして、一見、
風邪薬っぽい外箱。

「シアワセニナ〜ル」
「ホレヤスクナ〜ル」
「オモシロクナ〜ル」
の3種類がありまして、
「シアワセニナ〜ル」
は、
アンラッキーなあなたに!
とのこと。

そして
ナンカA配合。
です。

効能は
ピンチのときでも「不幸中の幸い」になる
いちいち幸せな気分になる
などなど。

ちなみに
中身は、ラムネ菓子です。

他にも面白いもの盛りだくさんで、
ひとり、
お土産売り場で、
にやにやしておりました。

そして
駅構内の串揚げだるまで、
串揚げとハイボールを楽しんで東京に戻りました。

さて、さて、前置きが長くなりましたが、
本題です。

甘味料について、
ご質問がございました。

『ラフィノース』と言うオリゴ糖の一種があるそうです。
さっそく取り寄せてみました。
「北海道産 ビートオリゴ糖」

オリゴ糖


サラサラしっとり粒子がとても細かく、
甘さは控えめですが、
エリスリトールなどの糖アルコールの甘味とは違って、
普通のお砂糖のような甘味です。

日本甜菜糖株式会社のHPによると、

「ラフィノースは、
ビート(砂糖大根)から分離精製して得られる天然のオリゴ糖」
だそうです。

「ラフィノースは甘味度は砂糖を100とした場合、
20%強です。砂糖に極めて近い上品な甘味を有しています。」

そして、
「ラフィノースは、
胃や小腸で分解されませんので、エネルギーになりにくい糖です。」

とのこと。

さらに、
「ラフィノースは、他のオリゴ糖にみられる酵素を利用した製造法ではなく、
ビート糖蜜から分離・精製して得られる純粋な天然の物質です。
公的試験機関による急性毒性試験・変異原生試験の結果、
安全であることが確認されています。」

とは!
使えそうですね。

とくに、
エリスリトールの、
冷たい甘味が苦手という方は、
試してみるのも良いかもしれません。

また、
オリゴ糖は
腸内細菌の代表的な善玉菌・ビフィズス菌の増殖因子でもあります。

市販の甘味料の場合、
糖アルコールのエリスリトールに、
ラカンカ顆粒をプラスした
「ラカントS」(サラヤ)は、
血糖値をまったく上げない
100%ナチュラル甘味料です。

その他の市販品は、
糖アルコールのエリスリトールに、
人工甘味料(アスパルテーム、アセスルファムカリウム、
スクラロース、ネオテーム、サッカリン)
が添加されています。

糖質0やカロリー0
とうたったビールやチョコや炭酸飲料やゼリーなどにも、
人工甘味料(アスパルテーム、アセスルファムカリウム、
スクラロース、ネオテーム、サッカリン)
が添加されます。

人工甘味料は、
先日、
科学雑誌「ネイチャー」にもその危険性が指摘されました。

大丈夫だと、いう日本の医師もおられます。

どう判断するかは、
個々人によるかと思います。

わたくしは、人工の甘味料はいらないと考えています。
なぜなら、
「ラカントS」がありますし、
「ラカントS」が苦手な方は、
このようなビートオリゴ糖など
天然の血糖値を上げにくい甘味料を上手に使う事で、
とくにお菓子作りなど、
糖アルコールだと成功しにくいお料理にも
活用しやすいかと思います。

ちなみに、
糖質0ビールで、
人工甘味料を使用していないのは、
調べている限り、
現在までのところ
「アサヒスタイルフリー」
だけのようです。
スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2014/11/04 (Tue) 04:00 [編集]


ありがとうございます

早速記事にして頂きましてありがとうございます。

糖尿病の場合は、ラフィノースを摂取するとやはり血糖値に影響がでますでしょうか?
やはりいろいろな意味において安心なのはラカントですね。

一読者 | URL | 2014/11/06 (Thu) 11:05 [編集]


Re: ワインのお供

joyjoy さま
妙案ではないのですが、、
私だったら、
食べます!
私も大好きですが1〜2枚もあれば充分なので、食べますね。
その他は完全主食抜きでハンドリングするのはいかがでしょう。

tamami oyanagi | URL | 2014/11/11 (Tue) 06:47 [編集]


Re: ありがとうございます

一読者 さま
> 糖尿病の場合は、ラフィノースを摂取するとやはり血糖値に影響がでますでしょうか?
んーこれは糖尿病の方に、ラフィノースだけを75gくらい摂食して頂いて、
30分、1時間、2時間、3時間と血糖値を測定してみないことには何とも言えませんね、、。

> やはりいろいろな意味において安心なのはラカントですね。
そうですね。
人工甘味料は0で、血糖はまったく上がらず、カロリーも0な
市販の甘味料は、「ラカントS」だけということになりますね。

tamami oyanagi | URL | 2014/11/11 (Tue) 06:50 [編集]


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2014/11/11 (Tue) 17:44 [編集]


Re: タイトルなし

joyjoyさま
ご褒美の美味しいものはとても大事だと思います。
こちらこそ、いつも有り難うございます!
これからもどうぞ宜しくお願い致します。

tamami oyanagi | URL | 2014/11/13 (Thu) 07:54 [編集]


 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)