管理栄養士のローカーボ・キッチン

糖質の過剰摂取と機能性血糖症


先週、日曜日講演会に出席するため、
土曜日から高松へ行っておりました。

写真は、土曜日の前夜祭で頂いた
骨付き鶏

一鶴


「一鶴」で頂きました。
http://www.ikkaku.co.jp

本店は丸亀市にあるそうですが、
高松市内のお店に総勢11名で、
1時間ほど並んで入れました。

親鶏とひな鶏と選べます。
わたしは、なんと両方、食べました。
お腹いっぱいに。
そして、わたしは、断然、親鶏派です!
もう固くしまった食感がたまりません。

香川では骨付き鶏は、他の居酒屋さんなどでも
定番のメニューで、
スーパーでは骨付き鶏用の
家庭用スパイスなども売られているそうです。


で、写真は、、、

霧の高松空港

濃霧の高松空港。

月曜日、朝から、東京でクリニック勤務なので、
日曜日のうちに、
最終のJAL便で帰京のはずが、、、、
なんと、
高松空港上空を旋回していた飛行機が濃霧で着陸できず、
羽田に帰ってしまいましたーーー!!

これはやばい!と
すぐに、空港すぐのホテルを予約し、
すぐに、月曜日朝一のANA便が空いていたので変更。

月曜日は、無事、飛行機飛んで、
羽田につき、
その足で、クリニックへ、、、。

そして、夜、
骨付き鶏の感動が冷めず、
地元吉祥寺で、
焼き鶏を食べに行きました。
が、もちろん、全然、違います、、。

骨付き鶏を食べるために、
高松に行きたいほど、
ハマってしまっております、、。

さてさて、長くなりましたが、
高松での講演会は、
2014年11月9日(日) 13:00~16:00
サンポートホール高松 3F大ホール
「女性の未来は食事で変わる!
~ストレス、ダイエット、妊娠・・・
栄養は必ず女性を変える~」

【講演テーマ・講師】
「女性の脳」からストレスを消す食事
溝口 徹 先生 新宿溝口クリニック 院長

キレイにやせたい人はサラダより焼肉を食べなさい
定 真理子 先生 新宿溝口クリニック チーフ栄養カウンセラー

に続き、大柳は
明日からできる糖質制限食の実践

と題してお話させて頂きました。

会場は700名を超える参加者の皆さんでした。

今年で3回目となる、
栄養に関する講演会を主催されている
香川県東かがわ市にある
桑島内科医院の
http://kuwajima.net

桑島靖子先生は、
不調の原因の多くは栄養欠損があること、
高タンパク質食、
そして糖質制限が大切であるというメッセージを、
先生のブログなどでも、
広く発信されておられます。

そして、
講演会の中でも取り上げられた疾患に、
糖質過多と栄養不足が招く、
機能性低血糖症のおはなしがありました。

機能性低血糖症とは、
糖質摂取後の、血糖の乱高下するなど
血糖値の調整異常の結果、
急激な眠気、
不安、イライラ、
発汗、
手足のふるえ、
などなど、
心身にさまざまな不調があらわれます。

血糖があがっても、
まだインスリンが出て、
インスリンが効くから、
血糖値の乱高下がおきますが、
これが、
インスリンが出なくなる、
あるいは
インスリンが効かなくなったら、
血糖値が上がったまま下がらない、
つまり2型糖尿病の前段階とも言えます。

食後、
会議や授業中なのに、本気で寝てしまったり、
そわそわ落ち着かなくなったり、
手足がふるえたり、
それが、糖質を摂り過ぎることで、
血糖の調整異常によって引き起こされているとわからないと、
精神疾患にも間違われてしまうケースも少なくありません。

実際、精神科で、うつ病と診断され、
たくさんのお薬を飲んでも、
原因となっている
血糖値を上げる糖質を制限するという食事ができないかぎり、
治らないし、
どんどんお薬が増えていくことにもなりかねません。

そして、香川県は、
糖尿病や交通事故の件数もワーストに近いと
よく取り上げられますが、
これも、
うどん、おにぎり、天ぷらなど
糖質の過剰摂取と、
もしかしたら、その後の低血糖による眠気が
事故の原因に何か関係があるのではないかと考察がありました。

さらに、
香川県は、
小学生の暴力事件ワースト1なんだそうです!!

自閉症、多動、暴力、不登校といった
子どもののニュースをよくみるようになりました。
これも、
多くは栄養の問題と
機能性低血糖が関係しているとの話がありました。

「家族の勝手でしょ!
 写真274枚で見る食卓の喜劇」 (新潮文庫)

「「親の顔が見てみたい!」
調査―家族を変えた昭和の生活史」 (中公文庫)
には、
現代の、
ふつう?!の食卓の状況が
リアルに調査、報告されていますが、
まさに、
お菓子だけの朝食、
具のない素ラーメン、素パスタ、素やきそばなど、、、。
糖質ばっかりで、
大人もそうですが、
成長期の子どもたちの栄養(からだとこころ)が
心配になる光景ばかりです。

今こそ、子どもたちに、
食文化を教える食育ではなく、
あわせて
食の科学(栄養学)も教えないと、
大変なことになりますね。
まあ、教える側の栄養士が、
ごはんは日本人の主食、
カルシウムは牛乳、
野菜はヘルシー、
なんて、指導をするようなら、
どうにもなりませんが。
スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

講演会、大成功ですね!

> 会場は700名を超える参加者の皆さんでした。

これはスゴイです!!

四国でも、糖質制限の普及が加速しそうな予感!
先生、いつもありがとうございます。

ついでながら、ご著書の方も今後は「横書き・左綴じ」でお願いします。そのほうが、糖質制限の普及が、ドーン!と加速します。

さとし | URL | 2014/11/11 (Tue) 22:37 [編集]


東京では?

先生
いつもお疲れ様です。

12月6日の高松における、クリスマス糖質制限ランチ談話会

私も飛んで参加したいくらいですが、もし東京で同様の集いがあれは、ぜひともやはり近場がいいな!と、思い。
ご予定あれば、教えて下さいね。


joyjoy | URL | 2014/11/12 (Wed) 04:34 [編集]


講演会 お疲れ様でした

3回目となる講演会、今回初めて参加させていただきました。
大柳先生のブログは拝見させていただいているので、講演をまじかで聴くことができてとても有意義でした。
お話は、わかりやすく、興味深いお話もたくさんあり、時間が過ぎるのがとても早かったです。

ご著書へのサイン会は、本が売り切れていて残念ながら参加できませんでした。

現在糖質制限をゆるーく続けており、先生のお弁当の写真はとても参考になります。

香川は雨が降ると、よく欠航になります。
これに懲りずにまたぜひいらしてください。

次回もぜひ参加したいと思います。
お疲れ様でした。

しんみー | URL | 2014/11/12 (Wed) 23:56 [編集]


Re: 講演会、大成功ですね!

さとしさま

> 四国でも、糖質制限の普及が加速しそうな予感!
まさに!
桑島靖子先生ほか、
講演会の後の打ち上げには、
四国のDr.も数名、参加頂きました。
普及するといいですね!

> ついでながら、ご著書の方も今後は「横書き・左綴じ」でお願いします。そのほうが、糖質制限の普及が、ドーン!と加速します。
編集者に伝えます!

tamami oyanagi | URL | 2014/11/13 (Thu) 07:56 [編集]


Re: 東京では?

joyjoyさま

> 12月6日の高松における、クリスマス糖質制限ランチ談話会
そうなんです。高松なんですねー。
東京でも企画があればいつでもお引き受けするのですが、
もし実現の折にはすぐにブログでご報告しますね。

tamami oyanagi | URL | 2014/11/13 (Thu) 07:58 [編集]


Re: 講演会 お疲れ様でした

しんみーさま
講演会に参加頂きまして、有り難うございます!
次回は是非、お声がけ下さい。
わたくしもご挨拶したいです。
来月、6日は、
桑島靖子先生とミケイラでクリスマスランチの談話会です。
また高松行けるので、嬉しいです。
一鶴には、今回は行けそうにありませんが。

tamami oyanagi | URL | 2014/11/13 (Thu) 08:01 [編集]


 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)