管理栄養士のローカーボ・キッチン

ココナッツオイルでチョコレート

バレンタインデーも近いということで、
先日、
秋田でのランチセミナーで、
同じテーブルでお食事をさせて頂いた方から、
ココナッツオイルとココアパウダーで、
チョコレートが出来るとお話をお聞きし、
やってみました。

ココナッツ

ココナッツオイルと
ココナッツチップ。

ココナッツチップを入れて食感を出そうかと考えました。


耐熱容器(レンジ調理容器)に、
(試しに、ということもあり)
30gのココナッツオイルを入れ、
500W1分弱。

ココナッツオイルが溶けたところに、
ココアパウダー(無糖)を大さじ半分強ほど、
そして、
ラカントS(液体)を、
好みの甘味になるまで、
入れながら合わせます。

こんな感じに。

チョコココナッツオイル

最後に、塩を軽く、ひとつまみ。

これも、
秋田の方に教えて頂いたコツ。
味が締まるんだそうです。

本当に、
甘味をぐっと引き立ち、
味が、ぐっと締まります!

そして最後に、
ココナッツチップを散しました。

チョコココナッツトッピング

この容器のまま、蓋をして冷蔵庫へ。
30分もすると、固まります。


底を湯煎で軽くあたためてひっくり返し、
お皿に盛りつけるとこんな感じ。
チョコココナッツ完成

直径20センチほどの容器に
30gのココナッツオイルで、
厚さ7mmほどの丸い、薄い、ココナッツチョコが完成です。

ハート型の容器などに入れても良さそうです。
チョコハート型

いちごパウダーやけしの実や、
ナッツを細かく砕いたものなど、
トッピングしても可愛いと思います。


以前、
ボウルにココナッツオイルと、
ココアパウダと、
ラカントS(液体)をどばどばっと入れて、
湯煎にかけたら、
オイルと、ココア+ラカントSが混ざったものが分離してしまいました。

ラカントS(液体)の入れ過ぎだったのか、
原因は、よく分かりませんが、
レンジや湯煎などで、
まず、オイルだけ溶かして、
様子を見ながら、
ココアとラカントS(液体)を入れる方が失敗ないかと思います。

健康的な手作りチョコで、
週末、素敵なバレンタインをお過ごし下さいませ〜。
スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)