管理栄養士のローカーボ・キッチン

からだもこころも、食べたものでできている

先週末、
某アスリート集団に、
栄養のお話をしてきました。

そのときにも紹介させて頂いたのが、
ダルビッシュ有の名言。

「今日の身体は、
 昨日までの食べものできている」

ダルビッシュは、
強いボディをつくるために、
生化学や生理学など多くの本を読破し、
栄養の大切さを実感し、
食事内容に心がけ、
プロテインやビタミンなどのサプリメントも併用されています。

スポーツ界でも、
気合い

根性
だけでなく
科学
の大切さを実感するアスリートが増えているようです。

肥満がない、
筋肉や腱、骨など
強いボディをつくりたいアスリートなので、
糖質も適宜、大事です。
有効なエネルギー源となります。

しかし、
一流のアスリートは、
糖質だけではなく、
野菜だけではなく、
食事を抜くような減量法でもなく、
たんぱく質や良質な脂質、ビタミン、ミネラルなど
肉や魚介、卵などからの栄養摂取の大切さも知っています。

勝ちたいと願うアスリートであれば、
一生懸命、練習はしているはずです。

しかし、
あと1センチ、
あと1秒、
その差を分けるのは栄養ではないかと考えています。

怪我や故障、
その回復の早さや遅さ、
大事な本番前の風邪やインフルエンザ罹患など、
これらも、
気合いではどうにもできません。

ヒトは、
たんぱく質や脂質、ビタミン、ミネラルなどの
栄養素によって、
皮膚も、
免疫力も、
脳細胞も、
心の状態も作られるという事実があります。

糖質は、エネルギーになるもの。
農薬や遺伝子組み換えの弊害が指摘されている小麦粉や小麦製品で摂るよりも、
ごはんが安心でしょうか。
かぼちゃや、新じゃがいもをふかす、
なども、
ベータカロテンやビタミンCが確保できておすすめです。

加えて、毎食、
身体をつくる栄養、
たんぱく質と脂質を、
良質な食材から、
シンプルに、取り入れましょう。

そこに、
栄養素の吸収と免疫の要である
腸内環境を整えるために
食物繊維もたっぷり添えて。

今日食べたもので、
未来の身体をつくることができます!
スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2015/03/02 (Mon) 23:40 [編集]


Re: 糖質制限ダイエットと酵素ドリンク

智子さま
記事でお答えしますね。

tamami oyanagi | URL | 2015/03/03 (Tue) 06:01 [編集]


 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)