管理栄養士のローカーボ・キッチン

酵素食品と糖質量

酵素ブームが引き続き、
酵素ドリンクや食品を多く目にします。

酵素のはたらきについては、

酵素はそもそもたんぱく質であり、
たんぱく質はアミノ酸に分解され吸収されるので、
酵素として摂取しても意味がない、

とか、

酵素は胃酸によって、
また
たんぱく質分解酵素によって分解され
活性を失ってしまうので意味がない、

などとも言われています。

酵素食品によっては、
半消化された果物や野菜などを商品に使用することによって、
体内での消化酵素を使う量を少なくでき、
その分、
体内の代謝酵素を温存でき、
代謝アップ=ダイエットに効果的、
という理屈のようです。

加熱による酵素の死滅についても、
耐熱性をもっている酵素もあるそうで、
また、
熱処理で活性を失った酵素にも栄養素がある
という説明もあります。

酵素食品が
ダイエットや健康に有効かどうかは、
それぞれの判断によると思いますが、

基本、酵素は、自分の体内でつくるので、
まずは、その材料となる、
たんぱく質(肉、魚介、卵、大豆製品)を、
暴食しない程度に、
サラダ油やトランス脂肪酸、
酸化油脂(市販の揚げ物などの総菜類)など
不自然な油脂をまとわせない食べ方で、
消化良く、いただき、
そこに、
新鮮な野菜や、
糖質の少ない果物を適宜、添え、
納豆や味噌などの発酵食品も取り入れることで、
体内の代謝酵素を温存させるというのも手です。

また、
ダイエットや
糖尿病の方の血糖コントロールなど、
糖質制限中の方で、
市販の酵素食品を使用する場合は、
栄養成分の
1食あたりの糖質量(炭水化物−食物繊維)をチェックするのが無難でしょうか。
もし、甘味料や人工甘味料などを使っているものがあったら、
糖質量は1食、20gを超えるなど、
高いものになってしまうかもしれません。

ちなみに、
1食あたり、
市販の酵素食品の糖質量が、
例えば10gだったとしたら、
生のいちごだと、
品種にもよると思いますが、
5〜6個は食べられます。
スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

ありがとうございました。

智子 | URL | 2015/03/03 (Tue) 08:02 [編集]


油脂の酸化について

こんにちは。
油脂の酸化についてお尋ねしたいのですが。

植物油の加熱による酸化、例えば荏胡麻なら仮に加熱する場合でも80度くらいまでと言った酸化と温度に関係する情報は見つかるのですが、酸化しにくいと言われる動物性油脂の加熱による酸化はどの位の温度までならば大丈夫なのかご存知でしょうか。

時折圧力鍋(調理温度が128度まで上がる圧力鍋です)で豚を調理するのですが、その際分離した油脂を冷蔵庫で保存して使用してます。また鶏皮をフライパンでカリカリに焼いて出た脂も冷蔵庫保存して後日使う時も。保存直後は特に酸化臭のような嫌なにおいはしないのですが、ふと疑問に思いネット検索してみましたが思うような情報がみつかりませんでした。

どうぞよろしくお願い致します。

※ちょっと前の話しになりますが、ご紹介されていたクリスマスケーキを我が家も取り寄せ、美味しく頂きました。原材料も安心出来るもので本当に有り難かったです。私自身は甘いものは本当に久しぶりでしたので、かなり甘く感じ、ビタータイプもあればいいなぁと感じました。今後、クリスマス時期以外にも誕生日等でオーダー出来るようになると大変嬉しいです。

一読者 | URL | 2015/03/05 (Thu) 02:10 [編集]


Re: 油脂の酸化について

一読者 さま
お返事遅くなりまして失礼。
わたしも調べてみたのですが、
動物性油脂の酸化温度、まだ見つけられていません。
引き続き、探してみますね。
でも、
むかしは、とんかつも中華料理も
そういえば、ラードでやっていましたからね。
高温ですよね。
少なくとも、植物油よりは安全かと思います。

クリスマスケーキ、有り難うございます!
こちらのサイトから、
デコレーションはないですが、
同じ味が購入できます!
生チョコも、絶品ですよ!
http://www.orthomolecular.jp/shop/shop1/html/

tamami oyanagi | URL | 2015/03/08 (Sun) 10:49 [編集]


ありがとうございます

お忙しいところお調べ頂きましてありがとうございます!

最近低糖質商品が随分増えてきましたが、原材料に不安を感じる物(人工甘味料等々)を使用した商品の方が圧倒的に多いと感じます。
その辺りを踏まえるとなかなか商品化は難しいのかもしれませんが、少しづつ取扱商品を増やして頂ければ有り難いと思います。
新商品が増えましたら是非アナウンスを宜しくお願い致します!

一読者 | URL | 2015/03/08 (Sun) 16:01 [編集]


 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)