管理栄養士のローカーボ・キッチン

災害時の買い置き食材

東日本大震災から4年が経ちました。
あの日、あの時、
東京・神谷町のビルで仕事中で
後にも先にも経験した事のない、
立っていられないほど大きな揺れと、
恐怖と、
そして、その後、
テレビに流れた被災地の映像を見たときのショックは、
今、思い出しても、胸がドキドキするほどでした。

その夜は
帰宅難民になり、
深夜、井の頭線が動き出したので、
神谷町から渋谷まで歩き、
夜中に自宅に帰宅できました。

翌日は、
スーパーへ食材を買い出しに行きましたが、
すごい混雑で、
カップ麺、
レンジごはん、
パンなどの売り場は、
ほぼ商品がなくなっていました。

しかし、幸い、
糖質オフをしていた我が家にとっては、
魚の缶詰も、
煮干しも、
かつお節も、
焼き海苔も、
オリーブ油も、
ミックスナッツも、
残っていたので、
まとめて購入したことを覚えています。

以前、
有事に備えて、
買い置きしておくと心強い食材をご紹介しましたが、
本日は、再度、その記事を掲載します。




糖質量に比例して、
血糖値が急上昇する糖尿病の方にとっては、
低糖質食品の買い置きがあると心強いです。

有事のときだからこそ、
単に糖質が低いものだけでなく、
栄養学的にも
ビタミン、ミネラル、エネルギーの確保ができる
買い置き食品があると心強いです。

まず、
たんぱく質と脂質の確保が重要です。

たんぱく質系食品からは
ビタミンB群、ミネラルも確保できるからです。
(ビタミン、ミネラルは野菜ではないですよ)

脂質はエネルギー確保に役立ちます。

ビタミンCのサプリメントなども
新鮮な野菜が手に入らないときには
心強いかもしれませんね。

さて、まず、
油脂、調味料としては
■油脂系食品
オリーブオイル、
マヨネーズ、
粉チーズ、
練り胡麻、
いりごま、
ミックスナッツなど。

持ち運ぶこともできる食材たちだと思います。


次に、たんぱく質系食品。

■缶詰
鯖、鮭の中骨、さんまなどの水煮缶
オイルサーディンなど。
最近は、
たこやいかやムール貝、牡蠣がオイル漬けされた
タパス系の缶詰も、
スーパーなどでみかけるようになりました。

■乾物
かつお節
食べる煮干し、
天日干しするめ
天日干し鮭のとば

■真空パック系
地鶏の炭火焼き
充填豆腐
125ml程度の小さなパックの日持ちする豆乳ドリンクなど。

■海草類
焼き海苔、とろろこんぶなど


有事の際だけでなく、
日頃のおかずやおやつやおつまみにも使えるものなので、
買い置きしておけたら、安心かと思います。
スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

取材について

いつもブログ拝見させていただいております。
雑誌の取材をさせていただきたく、お問い合わせ先がわからず、コメントをしていしまいました。
お問い合わせ先を教えていただくことは可能でしょうか

よろしくお願いいたします。
編集者 佐藤

佐藤 | URL | 2015/03/16 (Mon) 13:08 [編集]


Re: 取材について

非公開で、電話やメールアドレスなど、ご連絡先をお知らせ下さい。そちらにご連絡します。

大柳です | URL | 2015/03/16 (Mon) 13:56 [編集]


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2015/03/16 (Mon) 14:55 [編集]


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2015/03/16 (Mon) 17:12 [編集]


Re: タイトルなし

はる さま
コメント有り難うございます。
どこかで糖質があったのですかね。
是非、継続して下さいね。

tamami oyanagi | URL | 2015/03/17 (Tue) 16:07 [編集]


 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)