管理栄養士のローカーボ・キッチン

猫も糖質制限

昨日、一昨日と、冬に逆戻りのような寒さです。
いったん暖かくなって、
暖房を使わないでいたので、
寒さが戻っても、
着込めばいいやと、
暖房をつけずに仕事をしていると、

寒いにゃん、
だんぼーつけてにゃん、
つけてくれないなら
ひざの上であたたまりたいにゃん、
と、
我が家の愛猫、ナターシャ、
通称なたやんが
ひざにのぼってきて、
仕事をさせてくれません。

こんな感じです。
邪魔するなたやん

我が家では、
なたやんも糖質制限です。

キャットフードの世界でも、
グレインフリー=穀物不使用
が話題です。

そもそも猫は肉食動物ですからね。

しかし、

「市販されているキャットフードやドッグフードのほとんどは原材料に穀物を含んでいます
例えばトウモロコシ・大麦・小麦といった穀物がコスト削減のために使用されておりますが、
猫にとって穀物は消化器官に負担をかけ、皮膚のトラブル・アレルギーといった症状も
引き起こす可能性のある食材なのです。」
http://穀物フリー.seesaa.net/article/400936066.html
http://cat.cerapicaso.com

人間と同じですね。

穀物がコスト削減のために使われる傾向は、
「ヒューマン・ニュートリション第10版」(医歯薬出版株式会社)
でも考察されています。

人類の主食が穀物ではないことを指摘しつつ、
なぜ、それでも穀物が利用されるのかの考察として、
「デンプンを多く摂取するように指導しているのは
相対的に脂肪摂取量を減らすためであり、
デンプンが安価で手に入りやすい代替エネルギー源であるからである」

とあります。

経済も大事ですが、
それでも、
生物の消化管機能からあまりに外れすぎた栄養摂取は、
栄養摂取の本来の目的、健康維持の逆効果となります。

昔、子どもの頃買っていた猫は、
ごはんにふりかけ、みそ汁とか、
そんなんでしたけどね。
知らぬが仏。なのか。
知ってしまうと、
できるだけ良い方向へと、
どうにかしたくなります。

かわいいなたやん
スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2015/04/14 (Tue) 11:49 [編集]


キャットフ-ド

そうなんです!ほとんどのドライフ-ドは一番最初に穀物が書いてあります。裏を見て、内容を確認して、フ-ドを選んでいると…それなりの価格のものを買う事になります。
我家の老猫は7月に24歳になるので、腎臓に負担の掛からないフ-ドを選んでいます。選択肢は限られますが、少しでも健康でいて欲しいと思うので、変な物は食べさせられません。

白石BJ | URL | 2015/04/15 (Wed) 01:02 [編集]


先生、今
日テレで「人類700万年前物語」という番組を垣間見ました。
やはり人類の食は肉と木の実、草(野菜)の順であり、穀物が登場したのは、およそ今から9000年前あたりからだとのこと。
先生のブログはじめ、書籍他からは認識していたことですが、
メジャーなテレビ番組で事実を目の当たりにしたことは、とても有意義なものでした。
それにしても、ナターシャちゃん、
とても美人さんですね(o^-^o)

まねりこ | URL | 2015/04/16 (Thu) 01:13 [編集]


Re: キャットフ-ド

白石BJさま

> 我家の老猫は7月に24歳になるので、腎臓に負担の掛からないフ-ドを選んでいます。
すごい!長生き猫ちゃんですね!
やはり栄養とその質は、大事ですね。

tamami oyanagi | URL | 2015/04/16 (Thu) 06:31 [編集]


Re: タイトルなし

まねりこさま

> 先生、今
> 日テレで「人類700万年前物語」という番組を垣間見ました。
> やはり人類の食は肉と木の実、草(野菜)の順であり、穀物が登場したのは、およそ今から9000年前あたりからだとのこと。
マスコミが正しい事実を伝えるのは、
本来の姿なのでしょうが、
スポンサーや広告代理店や諸々
大きな力(大人の事情)によって物事が動き易い現状の中、
貴重な番組だったようですね。
※なたやん、みかけによらず、実はひょうきんな動きが多く、
笑えます。シャッターチャンス狙います。

tamami oyanagi | URL | 2015/04/16 (Thu) 06:41 [編集]


猫と暮らしており、猫の糖質制限にも非常に興味を持っています。
グレインフリーは穀物フリーであって、芋やら豆やらがたっぷり入ってるものも多いですよね。糖質制限になっているかどうかは、原材料の上の方にそういうものが載ってないか、もしくは掲載されない炭水化物量を引き算で出すかした方がよいですよね。
昔のねこまんま時代は放し飼い時代でもありましたから、体の欲するものを自ら捕まえて食べていたのかもしれません。

のん | URL | 2015/04/16 (Thu) 08:04 [編集]


Re: タイトルなし

のんさま
コメント、ありがとうございます。
芋や豆が入ったものもありますね。
含有量の割合をみると少ないようです。
食物繊維の摂取などの目的があるのかわかりませんが、
それでも普通のキャットフードよりは安心でしょうかね。
グレインフリーは食べない猫ちゃんもいるようですが、
のんさんの猫ちゃんは大丈夫でしたか?
わが家のなたやんは、グレインフリーも含め、
いまだかつて食べないキャットはありませんでしたので
助かっています。

tamami oyanagi | URL | 2015/04/21 (Tue) 17:39 [編集]


 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)