管理栄養士のローカーボ・キッチン

発酵食品

IMG_1450.jpg

2015年7月10日
特大号
「クロワッサン」(マガジンハウス)

発酵の力を活かす、
新しい味わい。

の中で、
「わたしのとっておきの発酵商品」
を紹介するページで、この度、大柳は、
「赤ど漬」(あかどづけ)を紹介させていただきました。

熊本県・阿蘇地方にしかない
里芋の茎(芋がら)でつくられる
乳酸発酵のお漬物です。

独特の酸味と
シャキシャキした食感が後引く美味しさです。

食べやすい長さに切って、
(塩分が強いときには5分ほど水につけて塩抜きをオススメします)
そのまま
お酒のおつまみや、
箸休めに、
冷奴にトッピングするなどしていただいています。

そのほか、
先ほど届いた本誌をみていると、
みそやしょうゆ、糠漬け、ヨーグルトなどなど、
発酵食品のおいしい活用法が満載。

美味しさや旨みはもちろん、
発酵食品は、
栄養の吸収や免疫など、
健康の要ともいえる腸の強い味方でもあります。

おかずたっぷりの糖質制限食だからこそ、
発酵食品もおいしく食卓に取り入れていきたいですね。
スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

先生、昆布酢、毎日いろんな料理に使い回わせてとっても良いです~!
苦手でつらい朝の早起きがすこーしですが、楽になった気します。
発酵食品の赤土漬け、はじめてききました。芋がらなんですね。なつかしいです。
私はといえば 朝食の鉄板 納豆に糠漬けですねー。あと キムチも 譲れません。
ヨーグルトは若い頃無糖のものを身体に良いから、と無理して摂取していましたが、
最近はああ、わたしブルガリア人じゃなくて日本人なのだから、と身体が喜ぶ前記のもので摂取するようになってきました。
チーズは お酒のおつまみにちょうど良いので好きですが。
国産国消も身体には大事かな、とちょと思いました。
あと高菜漬けも万能調味料ですね!

まねりこ | URL | 2015/06/28 (Sun) 00:57 [編集]


Re: タイトルなし

まねりこさま
> 先生、昆布酢、毎日いろんな料理に使い回わせてとっても良いです~!
よかったです!!
わたしもあれからお酢の消費量が格段アップしています!
発酵パワーも味方につけられますね!

tamami oyanagi | URL | 2015/06/30 (Tue) 08:27 [編集]


 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)