管理栄養士のローカーボ・キッチン

オーソモレキュラー.jpモールのご案内

投薬に頼りすぎない根本治療を目指す治療法に
オーソモレキュラー療法があります。

日本では
「栄養療法」「分子栄養学」「分子整合栄養医学」とも称され、
栄養素-適切な食事やサプリメント・点滴、糖質コントロール-を用いて、
わたしたちの身体を構成する約60兆個の細胞のはたらきを向上させて、様々な病気を治す療法です。

わたくしが勤務する
ひめのともみクリニックでも、
患者さんの病態やニーズにあわせて、
栄養療法が取り入れられています。

「医学を学んだ方ほど栄養療法やサプリメントは異端というイメージを持っているようです。大きな誤解です。栄養医学でも、西洋医学(つまり科学)で知ることが出来た体の仕組みや病気の原因を基本にして問題を解決しようとしています。使っている原理は同じ、違うのはアプローチの仕方です。

木の根元に病原菌が巣くっているとします。枯れてきた葉っぱや枝を刈り取っても木全体の力は弱り、また新しい場所の枝葉が枯れていきます。人間も同じです。人という一つの大きな代謝システムをイメージしてください。奥の根っこの方に何か不調があったとします。血圧が上がるとか、湿疹が出来たとか、髪の毛が抜けるとか、最近お腹が出てきたとか、血液検査では血糖値やコレステロールが高いとか・・・。これらの異常は表面に出てきた症状であって、一時的に薬で改善しても奥にある問題は解決していません。

栄養療法は根本的な原因を改善することを目的としています。」


ひめのともみクリニック
内科医
西澤真生先生ブログよりの抜粋です。


オーソモレキュラー療法の日本での普及を目指して、
社団法人オーソモレキュラー,jp
http://www.orthomolecular.jp
が設立され、1年が経ちました。

そして昨日、
東京有楽町ホールで1周年の記念講演会が開催されました。
雨の休日にもかかわらず、
600名を超える参加者でした。


講師は
新宿溝口クリニック
溝口徹先生

ひめのともみクリニック 
姫野友美先生

そして特別ゲストとして
服部栄養専門学校
服部幸應 先生をお迎えし、
服部先生からは
食育とダイエットのお話をいただきました。

3名の先生方のおはなしの内容は、
追ってご紹介します。

塩分のとり方も大事ですよ。

昨日、
急遽、わたくしも、
監修をつとめる
オーソモレキュラー,jpモールで販売している商品の紹介などを
壇上でさせていただきました。


オーソモレキュラー,jpでは生菓子を主に販売しておりましたが、
この度、
サラヤさんの甘味料とへるしごはん商品を
お求め安い価格でご用意しました。

持ち運びと補食に最適な
糖質制限フィナンシェも単体で登場。

詰め合わせの菓子は、
お土産など贈答にも喜んでいただいています。

お求めはこちらから
http://www.orthomolecular.jp/shop/shop1/html/
スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

昨日、講演会に参加しました。大柳先生にお会いすることができ、サインもいただけて感激です。私は2年前の出産を機に非常に体調が悪くなり、低血糖症とわかり、1年半前から糖質制限の食事をしています。何を食べたらよいのか、息子の食育のことなど悩んできましたが、大柳先生のレシピ本やブログを拝見させていただき、希望がもてるようになり、今の私の毎日の道しるべにさせていただいています。ありがとうございます。

垣澤陽子 | URL | 2015/08/31 (Mon) 22:04 [編集]


Re: タイトルなし

垣澤陽子 さま
講演会ではこちらこそ有り難うございました!
また機会がありましたら是非、ご挨拶させてください。
お子様と安心して続けられるよう、
糖質制限食の実践に関する記事を、
これからも書いていきたいと思います!

tamami oyanagi | URL | 2015/09/01 (Tue) 09:08 [編集]


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2015/09/09 (Wed) 17:17 [編集]


 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)