管理栄養士のローカーボ・キッチン

春野菜と糖質量

暖かくなったと思ったら、
冷たい雨が降ったりと、
春と冬を行ったり来たりしながら、
それでも近所の井の頭恩賜公園の梅の花も美しく咲き、
春に近づいています。

スーパーでも、
春野菜を目にするようになりました。

春から初夏にかけて旬をむかえる
野菜の糖質量(100gあたり)をみてみると、

アスパラガス:2.1g
うど:2.9g
スナップエンドウ:7.4g
キャベツ:3.4g
たけのこ(ゆで):2.2g
たまねぎ:4.6g
菜の花:2.3g
ふき:1.7g

と、
たけのこ以外、
一食で一度に100gも食べないものばかりなので、
50g食べたとしても、
たいした糖質量ではありませんね。

とくに
春キャベツはやわらかく、みずみずしく、
たとえば、
ちぎって、そのまま
熟成みそをディップするだけなど、
まな板も、包丁も、鍋やフライパンも出さずに
食べることができるため、
料理をしない方にも
買い置きをおすすめします。

みそのほか、
ゆかりというしそのふりかけと和えたり、
塩昆布と和えたり、
ポン酢でさっぱりとなど
味付けをかけると飽きずに楽しめるのではないでしょうか。

包丁を出せるなら、
「春キャベツのお好み焼き風」もおすすめです。

春キャベツを千切りして、
お皿にこんもり盛り付けておきます。

豚肉赤身の薄切り肉や
えび、イカゲソ、ほたてなどの海鮮など、
お好みの具を
塩茹でし、
ザルにあげ、
軽く水気を切ったら熱々のうちに
盛り付けておいたキャベツにトッピング。
すぐにラップをしておきます。

フライパンに、
卵2個で
薄焼き卵風に炒めながら成形するか、
目玉焼きをつくり、
さらに、
キャベツにトッピング。

しょうゆ、ウスターソース、本みりんなどを
合わせておいたたれをかけ、
お好みで、
マヨネーズ、桜エビ、粉がつお、青のりもトッピングすると、
キャベツが
具材や卵の熱でしんなりして、
程よいシャキシャキ感が残った
お好み焼き風の味わいを楽しめる1品の完成です。

うどはきんぴらや、水にさらしてシャキシャキサラダに。
菜の花はおひたしやおかか和え、ごま和えに。
アスパラガスには半熟目玉焼きを添えて。
などなど。
旬のある野菜は、
マンネリしがちな糖質オフの
いつもの献立に変化をつけてくれる
おいしいアイテムとも言えますね。
スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

いつも楽しい話題をありがとうございます。

春は山菜や野草の新芽も手に入り楽しみですね。

秋から冬はブロッコリーが美味しかったので、毎日添えていたのですが、これからは春キャベツがやわらかくていいですね。

ところで、野菜の糖質ですが、食品成分表では糖質が多く見えても、オリゴ糖とかイヌリンなどあまり気にしなくていいものもあるようですね。この辺の話題をいつか取り上げていただけるとありがたいです。

SHUKAN | URL | 2016/03/10 (Thu) 20:26 [編集]


Re: タイトルなし

SHUKAN さま
コメント、有り難うございます。

> ところで、野菜の糖質ですが、食品成分表では糖質が多く見えても、オリゴ糖とかイヌリンなどあまり気にしなくていいものもあるようですね。この辺の話題をいつか取り上げていただけるとありがたいです。
食品成分表が5年ぶりに改定され、
今回からは、炭水化物成分表も新しく作成され、
糖質が、
ブドウ糖、果糖、ショ糖、トレハロース、糖アルコールと、
こまかくみられるようになっています。
ぜひ、記事にしてみたいと思います!

tamami oyanagi | URL | 2016/03/11 (Fri) 07:00 [編集]


 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)