管理栄養士のローカーボ・キッチン

抗酸化と腸内環境

糖質制限理論を知り、実践し、10年が経ちました。
この広がりとともに、
今、少しずつ見えてきたことがあります。
それは、
健康を栄養で管理するためには、
糖質(何か)を制限することだけが目的ではなく、
もうひとつの視点が欠かせないということです。


わたしたちの日常には、
糖質摂取=食後高血糖だけでなく、
食品添加物、排気ガス、薬剤など、
さまざまな物理的ストレスがあり、
これらは、
現代社会を生きて行くうえでは
避けがたい生体異物とも言えます。

食品添加物や環境化学物質、
薬剤などは外因性の生体異物と言えます。
一方、
毎食、食後高血糖を引き起こすほどの精製された糖質摂取が、
人体にとってあきらかに不自然であることは、
人類の進化のメカニズムからみても、生理学の単なる事実であるならば、
糖質摂取による食後高血糖と
それによるインスリン分泌、糖化(代謝産物)は、
内因性の生体異物と言えるのではないでしょうか。

糖質摂取による、
血糖上昇、インスリン分泌など代謝による代謝産物を
生体異物と認識するかどうかは別として、
食品添加物や環境化学物質などの
生体異物を体に入れたくない!という意識は、
比較的、多くの方が持たれているのではないかと考えます。

糖質制限食を自ら実践されている方は、
糖質摂取による、
血糖上昇、インスリン分泌など代謝による代謝産物を
生体異物と認識し、
その上で実践したいと自ら考えた方なのかもしれません。


このような生体異物を認識し、
できるだけそれを避けたいと考え、実践するタイプの方は、
外因性の生体異物に関しては、
例えば、
できるだけ食品添加物がない食材を選んだり、
投薬に頼りすぎない治療法を選んだり、
排気ガスのできるだけない環境へと引っ越しする方もいるかもしれません。

しかし、
現代社会を生きて行く上で、
糖質摂取も含め、
生体異物を限りなくゼロに近づける生活ができる方は、
稀ではないかと考えます。

ならば、
良くないものを体に入れない!
という考え方に加え、
良くないものは体から出そう!
という考え方もあると、
100年足らずの人生、
(糖質制限が必要になる年頃からだと50年足らず?の人生)
もう少し楽に、文化的に、
人生を健康的に楽しめるんじゃないかと、
最近、考えています。

長寿村と言われる地域の方々の食事は、
食べているものがいいのか。
食べていないものがよかったのか。

主食を毎食摂っている糖尿病の方でも、
合併症もなく、
80歳を過ぎても比較的、元気に暮らしておられる方と
そうでない方は何が違うのか。

化学物質のかたまりのようなタバコも、
長い期間、吸っていても、
やはり、
80歳を過ぎても比較的、
元気に暮らしておられる方は何が違うのか。

単純な何かひとつの要因だけでそのような結果になっているのではなく、
個々人の遺伝子をふくめ、
いろんな要因が複雑にからんでいる結果であるとは思いますが、
実は、
我が家の糖尿人の家族も、
やはり、糖尿病でしたが、
糖質制限などするはずもなく、
主食も甘いものも日常茶飯事、
投薬を続け、
タバコが好きで若い頃から毎日、吸い続け、
家族麻雀では頭脳明晰ぶりを発揮し、
たまたま起こった事故でなくなるまでの
90歳まで、元気に過ごしていました。


良くないものをからだに入れない!
に加え、
良くないものをからだからなくせる!
このパワーが、実は大切なのではないかと考えています。

良くないものをからだに入れないためには、
腸内粘膜と腸内細菌叢が大事です。
そして
良くないものをからだからなくせるためには、
抗酸化力が大事です。

次回、このはなしをまとめます。
スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

まさに私も糖質制限を実行している中で考え続けていること、考えさせられていることです!
先生の理路整然と要点をきちんとまとめられた文章を読み、改めて自分自身が糖尿病の遺伝子を抱えながら今後、糖質制限に何をプラスしていかなければいけないのかを掘り下げて考慮しなければいけないと思いました。
私より血糖値が高い友人が糖質制限などせず、さっさと処方された薬を飲みながら食べたいものを食べたいだけ食してる姿を見るに付け糖質制限で何とか血糖値を下げたものの依然正常値より高い我が身を何度呪ったことかわかりません。
でも、それも引っ括めて今ある自分の身体を大切にして出来ることをやっていくしかないんですよね。
次回のお話も楽しみにしています!

太太 | URL | 2016/04/22 (Fri) 09:51 [編集]


台湾の栄養表示

御無沙汰しております。
唐突ですが、栄養表示についてご教示頂けないでしょうか。台湾の名物菓子のパイナップルケーキです。栄養表示nutrition-factsについてです。炭水化物の定義に関してなのです。台湾製品なので、日本製品での表示とは相違があるのかもしれません。菓子箱の表示では、
タン(石ヘンに炭)水化合物Carbohydrate:29g
・糖Sugars:16g・膳食繊維:2g
と記載されているのです。
小生理解では前者=後二者合計であるのですが
数値的には合いません。台湾基準は算出式が異なるのでしょうか?
いくつに分割して食べようかという際に戸惑っている次第です。恐縮ですが教示方宜しくお願い申し上げます。

唐澤伸二 | URL | 2016/04/24 (Sun) 22:10 [編集]


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2016/04/24 (Sun) 22:16 [編集]


Re: 台湾の栄養表示

唐澤伸二さま
ずいぶん時間が経ってしまって恐縮です、、。
パイナップルケーキ、台湾名物ですよね。

台湾の食品栄養表示項目は
カロリー
タンパク質、脂肪、飽和脂肪、トランス脂肪、炭水化物、糖、ナトリウム含量 (炭水化物には食物繊維を含む)
その他、
栄養強調表示にある栄養素の含有量
メーカーが自主表示したいその他の栄養素含有量
だそうです。

糖とは
単糖と二糖の総和を糖として原則としてグラムで表示するのが決まりのようです。
https://www.jetro.go.jp/world/qa/04A-010122.html

炭水化物から食物繊維と単糖と二糖を差し引いた分が
計算として合わないということになっているのだと考えられます。
糖アルコールやでんぷん、オリゴ糖などの多糖類ではないかと思います。
いずれにしても、量で調整しながら楽しむのはいかがでしょうね。

tamami oyanagi | URL | 2016/05/13 (Fri) 06:55 [編集]


Re: タイトルなし

太太 さま
コメント有難うございます。
これからも糖質制限の実践に関して、
総合的に栄養を考えて情報発信に努めます!

tamami oyanagi | URL | 2016/05/13 (Fri) 07:00 [編集]


 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)