管理栄養士のローカーボ・キッチン

トレキングと糖質

IMG_1777.jpg

先週末、ヨガ&トレッキングのツアーに1人で参加しました。
場所は、山梨県。
四尾連湖畔の山荘に宿泊し、
到着した昼は、
美しい湖をみながら、
木々の葉のこすれる音や鳥の鳴き声を聞きながら、
外ヨガを体験しました。

四尾連湖は、
静寂の湖とも言われるほど、
標高850mに位置する、周囲1.2kmの山上湖で、
もともとは富士山信仰の信者も訪れる、神聖な場所だそうです。
湖は、こんな感じです。

IMG_1778.jpg

そして翌朝は、
6時30分から、
ガイドさんと参加者10名ほどの方々と一緒に、
蛭ヶ岳へトレッキングです。
IMG_1786.jpg

トレッキング前に出される食事は、
バナナ、ゼリー飲料、パンでした。
登山の食事=糖質の常識は、まだまだ健在のようです。
痩せのある、あるいは肥満のない方にとっては、
何時間も山登りをする前ですから、
糖質も、
手っ取り早いエネルギー源としては有効ですが、
体脂肪をエネルギーにするほうが、
血糖(エネルギー)の高低がない分、
安定して登れるとも言えるのですが、
とりあえず、
パンやバナナやゼリーは食べずに、
前日に甲府駅の成城石井で購入しておいた
持ち麦入りのひじきと枝豆のおにぎりを1個食べて、
ビタミンBコンプレックス、ビタミンCなどのサプリメントを飲んで
出発しました。

IMG_1787.jpg

登山届も出して。

IMG_1788.jpg


途中の景色はこんな感じです。

IMG_1792.jpg

IMG_1796.jpg


そして8時過ぎに頂上に到着。

IMG_1797.jpg

お天気が良く富士山がきれいに見えました。

山頂では、
山荘の方が作ってくださった
朝食のお弁当をいただきました。
おにぎり2個、オレンジ、豆の甘煮、ふきの煮物など。

お弁当にはみそ玉
(ふのりやとろろこんぶを入れて丸めてラップに包まれたみそ)
も入っていて、
紙コップに入れて、
ガイドさんやスタッフの方が沸かしてくれたお湯で溶かして
熱々のみそ汁も山頂でいただきました。

参加者は10名ほどいたのですが、
みなさんから、
チョコレートやグミなどもいただきました。

久しぶりにこんなに糖質を食べて、
しばらくすると、
体が熱くなるような、違和感です。
ちょうど下山の時間になったので、
すぐに歩き始め、違和感はなくなりました。

次回、
ツアーではなく
個人でトレッキングに行くときは、
糖質は、せいぜい、
小さなおにぎり1個程度にして、
筋肉痛予防のためにBCAA(アミノ酸サプリメント)を飲んでおき、
ブラックコーヒーとココナッツオイル、
お湯とみそ玉
携帯用のアマニ油やくるみ、
ゆで卵、魚の缶詰などを持参したいと考えています。

山頂で飲むコーヒー、
そして
山頂で食べるゆで卵、美味しそうです。
子どもの頃、
縁側で、陽だまりの中で食べたゆで卵を思い出します。

登山でも基本、エネルギーは体脂肪を使えます。
即効性のあるエネルギー=糖質は、
食後高血糖と、
血糖の上がり下がりの波が起こること、
そしてインスリンを出すというリスクがつきものです。

下山したのは11:30過ぎ。
合計5時間ほどのトレッキングでした。

1時間ほどの休憩以外は、
ただひたすら、
足を滑らせないよう、
崖に落ちないよう、
一歩一歩と足をすすめるだけですが、
いろんなことを考えたり、
何も考えなかったり、
汗ばんでくると、
ちょうど、いい具合に
気持ちいい風が吹いて汗を冷ましてくれたり、
美しい山野草や鳥の鳴き声に癒されながら、
(春蝉も鳴いていましたよ!)
清々しいひとときを過ごせました。

ヨガに加えて、
トレッキングにもハマりそうで、
来月はどこに行こうかと思案中です。

からだを鍛えて筋肉の衰えを防ぐことと、
アルコールや添加物など化学物質の摂取を控えて
肝臓をきれいにしておくことは、
糖新生をスムーズに行い、エネルギー産生の上でも、
健康を目的とする糖質制限の継続に役立つと考えます。
スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)